(54)【考案の名称】日捲りカウントカレンダー

(73)【実用新案権者】株式会社はちみつクリエイト

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、設定した目標日までの日数をカウントダウン表示できる、または継続日をカウントアップ表示できるカウントカレンダー、特に日捲り方式にて日数をカウントダウン表示/カウントアップ表示できる日捲りカウントカレンダーに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、任意に設定した目標日や資格試験等の予め定められた受験日までの日数を日々数えたりカウントダウンすること、また勉強の継続日をカウントアップすることについては、パソコンのソフトウェアやスマートフォンのアプリケーション・ソフトを含めて種々のカウント方法が提案されている。
【0003】
下記特許文献1には、出産予定日までの残り日数を今日現在の日付と連動させてカウントダウン方式にて表示させるようにしたカウントダウン式出産カレンダーが開示されている。このものにあっては、出産予定日までの残り日数を現在の日付と連動させカウントダウン式に1枚ずつ表示した多数枚の日数表示カードと、残り日数を外部から認識できるように日数表示カードを収納した本体部、および本体部を相対的に回動させた状態で支持可能であって本体部に閉蓋可能な蓋部を備えたケースとから構成したことを特徴としたものである。
【0004】
また、下記特許文献2には目標の日(行事)に向かって、1枚ずつ数字を減らし切り取っていく日捲り方式のカウントダウンカレンダーが開示されている。このものにあっては、厚紙の正面に逆算した数字を書いた紙を重ねて綴じて、最後の紙を当日とし、逆算して数えた所の数字(日)からスタートして使用することを特徴としたものである。
【0005】
さらに、下記特許文献3には、2回の受験に使用可能な受験用日捲りカレンダーが開示されている。このものにあっては、台座の表面に365枚以上の日捲り用枚葉紙束を取り付けた日捲りカレンダーにあって、使用者が受験する第1目標試験名A、2目標試験名Bの択一的な記入用空白欄を台座の表面に設ける一方、実際の日付から第1目標試験名Aの受験日までカウントダウンした残りの日数と、その第1目標試験名Aの受験日からこれよりも後日となる第2目標試験名Bの受験日までカウントダウンした残りの追加日数とを、枚葉紙束の1枚ずつ日捲り順序に応じて印刷したことを特徴としたものである。
【0006】

【効果】

【0015】
本考案によれば、誰でも容易にカウントダウンまたはカウントアップを行えるとともにメモ等の自由記載も可能とし、しかも繰り返しの利用が可能なので、便利で使い勝手がよい実用的に有用な効果を奏するものである。
また、本考案によれば、極めてシンプルでコンパクトな構造で実現できるので、生産面は勿論、経済面に於いても優れるという効果を奏するものである。

(57)【要約】

【課題】目標日に向かってのカウントダウンを容易に行えるとともに繰り返しの利用が可能で、シンプルでコンパクトな構造のカウントカレンダーを提供する。【解決手段】日捲りカウントカレンダー10は、0〜9の内いずれか一つの一桁の数字が記され且つ夫々異なる数字が記された10枚のカード100と、この10枚のカード100を降順または昇順に捲れるように束ねて1セットとし、少なくとも3セットをその上部にて各セットが独立して回転自在となるよう並列に設けた日数カウンター部120と、この日数カウンター部120の下方部位に任意に設けられ、書字および字消し可能な自由記入領域部140とから構成される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):