(54)【考案の名称】見開き書

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、簡単な構成で誰でも迅速に見開きしやすくした見開き書に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
新聞や書物。ノート等の見開き書は図3に示すように一般にその天、地、小口を揃えて折り畳んで或いは製本されている。
この見開き書を読むときは、天、地、小口の全てが揃っているためどこから開こうが一枚ずつ一枚ずつを手でズラして離しながら手捲りしている。
この手捲りの際は手の指に唾液や水滴を付けるか、指サックをつけてめくり易くしている。或いは、一枚一枚が揃って所定間隔になるようにして手延べをすることもある。
いずれの方法にしても不衛生で、正確性に乏しくまた時間がかかるものであり、場合によっては大切な書物を汚損してしまうことが多い。
この他に各ページにタグを付けておく方法もあるが加工費用が嵩みまた傷み易い。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
本考案は、前記したような不衛生で、正確性に乏しくまた時間がかかるものでなく、しかも大切な書物を汚損することもなく簡単に迅速に手捲り閲覧を可能にした見開き書を提供する。

【効果】

【0006】
本考案は、前記構成により、衛生的で、正確性にページ捲りを迅速に可能にし、しかも加工は簡単であり使用中は大切な書物を汚損することもなく手捲り閲覧を可能にした見開き書である。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】本考案の実施例1の斜視図である。
【図2】本考案の実施例2の斜視図である。
【図3】本考案の実施例3の斜視図である。
【図4】本考案の実施例4の斜視図である。
【図5】一般に定義されている書物の各部名称を記載した参考書である。

【0008】
考案を実施するための形態を図1〜図3に示す実施例により詳細に説明する。
【0009】
図1に示す本考案の実施例1は、その見開き部になる天100に斜め切りページ101と102の切り口101Kと102Kを交互に設けて見開きしやすくした見開き書物である。
この例は天100の斜め切りページ101は切り口101Kを小口400側を高くし、斜め切りページ102の切り口102Kをのど側を高くした例であり、高くしてある部分切り口101K、102Kをつまみ開くタイプである。
【0010】
図2に示す本考案の実施例2は、新聞又は書物等の見開き書において、その見開き部になる天と小口400の間の三角部200に斜め切りページ201の切り口201Kと未切りページ202を交互に設けて見開きしやすくした見開き書物である。
この例は斜め切りページ201の切り口201Kが未切りページ202の角部200に乗っているから角部200に指を当てて斜め切りページ201の切り口201Kからめくり、未切りページ202を捲る場合は切り口201Kが裏に位置して未切りページ202の角部200が浮いているのでそこからめくるタイプである。
【0011】
図3本考案の実施例3は、新聞又は書物等の見開き書において、その見開き部になる天100と小口400の間の三角部300に斜め切りページ301と302の切り口301Kと302Kを交互に設けて見開きしやすくした見開き書物である。
この例は図1に示す例と同じ考え方で斜め切りページ301の切り口301Kを天側に浅く切り、斜め切りページ302の切り口302Kを小口側に深く切り、交互に重ねて切り口301Kは反天側をつまみ、切り口302Kは、反小口側をつまんで見開くタイプである。
【0012】
図4本考案の実施例4は、A4版の新聞又は書物等の見開き書において、初期は(1)に示すA3版の用紙の中央線部Cを斜めに切り、斜め切りページ501と502に分割し、斜め切りページ502を矢印Yに示すように裏返しにして斜め切りページ501に重ねて(2)に示すように小口側に切り口501Kと502Kを交互に揃える。これを繰り返して(3)に示すように並べて製本するのである。
これで前例の実施例1と同様に小口側の斜め切りページ501は切り口501Kの上側を突き出し、斜め切りページ502の切り口102Kの下側を突き出し例であり、突き出している部分をつまみ開くタイプである。
【0013】
このように各例は、簡単な切り欠き加工で済み、安価で安全に且つ迅速に見開くことを可能にして前記の目的作用効果を甘受することができた。
前記斜め切りページは以上の例の書の他に、地に又は地と小口の間の三角部に等に同様な状態で設けることは自明であり、本考案の実施の範囲内であることは当然である。
【産業上の利用可能性】
【0014】
本考案は、前述の効果及び実施例に記載の通り優れた作用効果を呈して一般社会人及び勿論図書業界、雑誌業界及び新聞業界への寄与と発展に貢献すること多大なものがある。
【0015】
100:天
101、102:斜め切りページ
101K:切り口
102K:切り口
200:天100と小口400の間の三角部
201:斜め切りページ
202:未切りページ
201K:切り口
200:未切りページ202の角部
300:天と小口の間の三角部
301、302:斜め切りページ
301K:切り口
302K:切り口
501、502:斜め切りページ
501K:切り口
502K:切り口
400:小口

(57)【要約】

【課題】不衛生で、正確性に乏しくまた時間がかかるものでなく、しかも大切な書物を汚損することもなく簡単に迅速に手捲り閲覧を可能にした見開き書を提供する。【解決手段】新聞又は書物、ノート等の見開き書において、見開き部になる天又は地又は小口に、斜め切りページを切り口方向を異らせて交互に設け、又は斜め切りページを一枚おきに交互に設けて見開きしやすくした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):