(54)【考案の名称】書類管理具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

本考案は、書類を管理する機能を備えた書類管理具に関する。
【0001】

【従来の技術】

【0002】
従来、書類を保管する書類収納袋が提案されている(特許文献1)。前記書類収納袋は、各袋体の外面にカレンダーを設けている。このように、袋体の外面には設定期間に対応したカレンダーが設けられることにより、書類収納袋の有用性をさらに高める工夫がなされている。そして、シート材の上端部には、袋体を袋体配置部に配置した場合、カレンダーが外部に露呈するように切り欠き部が設けられている。
【0003】
【0004】

【効果】

【0008】
以上説明したように、本考案によれは、カレンダーの下縁から突き出た台紙の端縁に収納部を設けているため、カレンダーを捲った際に、同一の前記収納袋で複数の月の書類を保管することができ、複数の月に渡って整理する書類の場合に、月毎に整理した書類を複数の月に渡って再度整理し直す処理が不要となり、カレンダーの月数と書類の整理とを整合させることができるという独自の効果を奏するものである。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】本考案の実施形態に係る書類整理具を示す図であって、収納部に書類を差し込まない状態を示す斜視図である。
【図2】図1に示す収納部に書類を差し込んだ状態を示す縦断面図である。
【図3】本考案の実施形態における収納部の他の例を示す図である。

【0010】
以下、本考案の実施形態を図に基ついて詳細に説明する。
【0011】
本考案の実施形態に係る書類管理具は図1及び図2示すように、書類をカレンダーに整合させて管理するものであり、カレンダー1と、前記カレンダー1を保持する台紙2と、書類を管理する収納部3と、を有している。
【0012】
カレンダー1は、日付・曜日などを表形式などで表示し、これらの日付・曜日などを容昜に確認し得るものであり、図1にはカレンダー1は、表示されていた月が替わるとともにめくっていく(切り取っていく)構成の月めくりカレンダーを図示している。なお、カレンダー1は、月めくりカレンダーに限られるものではなく、1日1頁で構成され年月日が書かれた分厚い冊子を1日ごとに1枚ずつめくっていく(切り取っていく)日めくりカレンダーであってもよい。さらには、壁掛けカレンダーや卓上カレンダーであってもよい。
【0013】
さらに、収納部3は、カレンダー1の下縁から突き出た台紙2に設けている。台紙2に収納部3を設ける構成について説明する。
【0014】
図1及び図2に示す実施形態では、台紙2の端縁2aを折り返して台紙2との間に書類4を差し込む袋状の収納部3を構成している。
【0015】
図3に示す実施形態では、書類4を差し込む袋状をなす収納部3を予め形成し、その収納部3の端縁3aに接着剤や糊などの接合材5を塗布しておき、この接合材5を台紙2の端縁2aに貼り付けて収納部3を台紙2に設けている。
【0016】
また、図1に示す実施形態では、カレンダー1を確認する正面側、すなわちカレンダー1と同一面側の収納部3の面に広告欄6を有している。
【0017】
図1は、収納部3に書類4を差し込まない状態を示しているが、図1に示す本考案に係る書類管理具は、月毎の書類4がある場合に、図2示すように、例えば1月のカレンダー1に対応した書類4を逐次収納部3に保管する。そして、1月のカレンダー1から2月のカレンダー1に切り替わった際、収納部3に保管した書類4がすべて1月のカレンダー1に関連するものであるときには、その書類4を収納部3から抜き取って収納部3を2月のカレンダー1のために空きにする。また、収納部3に保管した書類4が3ヶ月単位で整理する書類、或いは1年体で整理する書類である場合には、カレンダー1のみを捲るだけで収納部3に前月に続けて今月分の書類4を重ねて保管する。
【0018】
以上のように本考案の実施形態によれば、カレンダー1の下縁から突き出た台紙の端縁に収納部を設けているため、カレンダーを捲った際に、同一の前記収納袋で複数の月の書類を保管することができ、複数の月に渡って整理する書類の場合に、月毎に整理した書類を複数の月に渡って再度整理し直す処理が不要となり、カレンダーの月数と書類の整理とを整合させることができるという独自の効果を奏するものである。
【0019】
さらに、本考案の実施形態によれば、前記収納袋は、前記折り返した対向する少なくとも1辺を接合して前記袋状をなす構造であれば、構造を簡素化することができる。
【0020】
さらに、本考案の実施形態によれば、折り返して現れる収納部の正面側に広告欄を有しているため、書類整理具を宣伝に用いることができる。さらに、収納部の広告欄は、カレンダーと同一面側であるため、カレンダーを日々確認する際、ユーザーの目が収納部の広告欄に行くことになり、宣伝効果は極めて大である。
【0021】
この考案は、その本質的特性から逸脱することなく数多くの形式のものとして具体化することができる。よつて、上述した実施形態は専ら説明上のものであり、本考案を制限するものではないことは言うまでもない。
【0022】
1 カレンダー
2 台紙
2a 台紙の端縁
3 収納部
4 書類
5 広告欄

(57)【要約】

【課題】カレンダーの月数と書類の整理とを整合させるのに最適な書類管理具を提供する。【解決手段】書類を管理する書類管理具であって、カレンダー1と、カレンダーを保持する台紙2と、書類を保管する収納部3と、を有し、収納部は、カレンダーから突き出た台紙の下縁をカレンダー側に折り返してカレンダー側を開口した袋状に構成され、台紙との間に複数の月に渡って整理する書類を差し込み、且つカレンダーを捲った際に複数の月の書類を保管して、カレンダーの月数と書類の整理とを整合させる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):