(54)【考案の名称】試合競技の表示装置

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はテニス、バトミントン、卓球等の試合競技において、試合の組み合わせと順序を表示すると共に、或はボールカウント及びゲームカウントを表示して試合を円滑に進めることが出来る表示装置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
試合の組み合わせと順序を表示する表示用ユニットについては、特開2011−56233が公知である。これは、テニスボール入れケースに、組み合わせ表が外から見える様に丸めて挿入し、手を離すと用紙は自然にケース内側に貼り付き、更にその用紙の内側にプラスチックフイルムを円筒状に丸めて内筒を挿入し用紙をケース内側との間に挟み込むように貼り付かせ、ケース外側に回転できるカーソルを取り付け、カーソルの適所に一か所組み合わせ該当枠を設け、この様に用意されたケースの中にテニスボールと袋に入れたくじ棒を収容する事を特徴とするものになっている。
【0003】

【効果】

【0006】
本考案においては、円柱形状物の円周外周部に組み合わせ表などを張り付けて用いるため、円柱形状物の材質、並びに透明、不透明、形状が円筒、円柱体に係らず用いることが出来る。そして、組み合わせと順序は、組み合わせ用カーソルの表示部が示す位置で、現在行われている試合競技及び次の試合競技が表示されるので、組み合わせ該当枠で他の組み合わせ表示が隠れる事が無く、先の組み合わせ、順序を一目で知ることが出来る。
また、円柱形状物が金属製のテニスボール缶の場合、カーソルの材質が少なくとも一部が磁性の有る素材である場合、円柱形状物と程よく固着している為に、不意な衝撃や動作等でもカーソルがずれずに正確に表示することが出来、テニス、バトミントン、卓球等の試合競技を円滑に進める事に寄与する事が出来る。さらに、ボールカウント及びゲームカウントが表示出来るので、試合競技中にラリーが長く続いてもボールカウントやゲームカウントを失念することなく試合競技を円滑に進める事が出来る。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】本考案の試合競技の組み合わせと順序を表示する実施例を示す図である。
【図2】本考案のボールカウントとゲームカウントを表示する実施例を示す図である。
【図3】本考案の試合競技の組み合わせと順序及びボールカウントとゲームカウントを表示する実施例を示す図である。
【図4】本考案のボールカウントとゲームカウントを表示する実施例を示す図である。
【図5】本考案の試合競技の組み合わせと順序及びボールカウントとゲームカウントを表示する実施例を示す図である。

【0008】
図1にテニスのダブルスの試合競技を例に、本考案に係る試合競技の組み合わせと順序の表示装置の実施例を示す。
参加人員が対戦相手、ペア、試合競技回数、休憩の回数、休憩の間隔などが偏ることなく試合競技出来るように、参加人数に応じた組み合わせになる様に、マス目で組み合わせ表(1)を作成する。
次に、円柱形状物(8)の円周外周部(9)の上に組み合わせ表(1)を張り付ける。なお、雨や汚れや摩耗から組み合わせ表(1)の耐久性向上並びにカーソルの滑らかな滑りを得る為に、組み合わせ表(1)の上から透明フイルムを張り付けても良い。その上から、組み合わせ用カーソル(5)が、円周外周部(9)を回転出来るように巻き付ける。試合競技の組み合わせと順序は、組み合わせ用カーソル(5)を回転し、その表示部(4)が示す組み合わせ表(1)の位置で、現在の試合と次の試合が表示される。
【0009】
図2にテニスの試合競技を例に、本考案に係るボールカウントとゲームカウントの表示装置の実施例を示す。
ボールカウントの0、15、30、40、Aをマス目状に記した、ボールカウント表(2)を2個作成する。
ゲームカウントの0〜8をマス目状に記した、ゲームカウント表(3)を2個作成する。
次に、円柱形状物(8)の円周外周部(9)の左端から、指示カーソル(7)、ボールカウント表(2)、指示カーソル(7)、ゲームカウント表(3)、ゲームカウント表(3)、指示カーソル(7)、ボールカウント表(2)、指示カーソル(7)の順に並ぶように仮配置する。そして、ボールカウント表(2)、ゲームカウント表(3)を夫々所定の位置に張り付ける。なお、雨や汚れや摩耗からボールカウント表(2)、ゲームカウント表(3)の耐久性向上並びにカーソルの滑らかな滑りを得る為に、ボールカウント表(2)、ゲームカウント表(3)の上から透明フイルムを張り付けても良い。その上から指示カーソル(7)が円周外周部(9)を回転出来るように巻き付ける。
左側コートのボールカウントは、円周外周部(9)の左側のボールカウント表(2)の左側の指示カーソル(7)を回転し、その指示部(6)が示す右側のボールカウント表(2)の位置で示される。
対戦相手の右側コートのボールカウントは、円周外周部(9)の右側のボールカウント表(2)の右側の指示カーソル(7)を回転し、その指示部(6)が示す左側のボールカウント表(2)の位置で示される。
左側コートのゲームカウントは、円周外周部(9)のゲームカウント表(3)の左側の指示カーソル(7)を回転し、その指示部(6)が示す右側のゲームカウント表(3)の位置で示される。
対戦相手の右側コートのゲームカウントは、円周外周部(9)のゲームカウント表(3)の右側の指示カーソル(7)を回転し、その指示部(6)が示す左側のゲームカウント表(3)の位置で示される。
【0010】
図3にテニスのダブルスの試合競技を例に、本考案に係る試合競技の組み合わせと順序及びボールカウント及びゲームカウントの表示装置の実施例を示す。
参加人員が対戦相手、ペア、試合競技回数、休憩の回数、休憩の間隔などが偏ることなく試合競技出来るように、参加人数に応じた組み合わせになる様に、マス目で組み合わせ表(1)を作成する。
ボールカウントの0、15、30、40、Aをマス目状に記した、ボールカウント表(2)を2個作成する。
ゲームカウントの0〜8をマス目状に記した、ゲームカウント表(3)を2個作成する。
組み合わせ用カーソル(5)に、現在の試合と次の試合が分かるように、色や図及び或は文字で、マス目状に作成して表示部(4)を作成する。このマス目の高さは、組み合わせ表(1)のマス目の高さと同じにする。指示部(6)を、色や図及び或は文字で作成した、指示カーソル(7)を作成する。
次に、円柱形状物(8)の円周外周部(9)の左端から、指示カーソル(7)、ボールカウント表(2)、指示カーソル(7)、ゲームカウント表(3)、組み合わせ表(1)、ゲームカウント表(3)、指示カーソル(7)、ボールカウント表(2)、指示カーソル(7)の順に並ぶように仮配置する。そして、ボールカウント表(2)、ゲームカウント表(3)、組み合わせ表(1)を夫々所定の位置に張り付ける。
なお、雨や汚れや摩耗からボールカウント表(2)、ゲームカウント表(3)、組み合わせ表(1)の耐久性向上並びにカーソルの滑らかな滑りを得る為に、ボールカウント表(2)、ゲームカウント表(3)、組み合わせ表(1)の上から透明フイルムを張り付けても良い。
その上から、指示カーソル(7)が所定の位置で円周外周部(9)を回転出来るように巻き付ける。組み合わせ表(1)の上から、組み合わせ用カーソル(5)が円周外周部(9)を回転出来るように巻き付ける。
試合競技の組み合わせと順序は、組み合わせ用カーソル(5)を回転し、その表示部(4)が示す組み合わせ表(1)の位置で現在の試合と次の試合が表示される。
左側コートのボールカウントは、円周外周部(9)の左側のボールカウント表(2)の左側の指示カーソル(7)を回転し、その指示部(6)が示す右側のボールカウント表(2)の位置で示される。
対戦相手の右側コートのボールカウントは、円周外周部(9)の右側のボールカウント表(2)の右側の指示カーソル(7)を回転し、その指示部(6)が示す左側のボールカウント表(2)の位置で示される。
左側コートのゲームカウントは、円周外周部(9)のゲームカウント表(3)の左側の指示カーソル(7)を回転し、その指示部(6)が示す右側のゲームカウント表(3)の位置で示される。
対戦相手の右側コートのゲームカウントは、円周外周部(9)のゲームカウント表(3)の右側の指示カーソル(7)を回転し、その指示部(6)が示す左側のゲームカウント表(3)の位置で示される。
【0011】
図4にテニスの試合競技を例に、本考案に係るボールカウントとゲームントの表示装置の他の実施例を示す。
円柱形状物(8)の円周外周部(9)の左端から、指示部(6)、ボールカウント表カーソル(10)、ゲームカウント表カーソル(11)、ゲームカウント表カーソル(11)、ボールカウント表カーソル(10)、指示部(6)の順に並ぶように仮配置する。そして、指示部(6)を夫々所定の位置に張り付ける。なお、雨や汚れから指示部(6)の耐久性向上を得る為に、指示部(6)の上から透明フイルムを張り付けても良い。
その次に、ボールカウント表カーソル(10)、ゲームカウント表カーソル(11)を円周外周部(9)を回転出来るように巻き付ける。
左側コートのボールカウントは、円周外周部(9)の左側のボールカウント表カーソル(10)を回転し、その指示部(6)が示す位置で示される。
対戦相手の右側コートのボールカウントは、円周外周部(9)の右側のボールカウント表カーソル(10)を回転し、その指示部(6)が示す位置で示される。
左側コートのゲームカウントは、円周外周部(9)の左側ゲームカウント表カーソル(11)を回転し、その指示部(6)が示す位置で示される。
対戦相手の右側コートのゲームカウントは、円周外周部(9)の右側のゲームカウント表カーソル(11)を回転し、その指示部(6)が示す位置で示される。
【0012】
図5にテニスのダブルスの試合競技を例に、本考案に係る試合競技の組み合わせと順序及びボールカウント及びゲームカウントの表示装置の他の実施例を示す。
参加人員が、対戦相手、ペア、試合競技回数、休憩の回数、休憩の間隔などが偏ることなく試合競技出来るように、参加人数に応じた組み合わせになる様に、マス目で組み合わせ表(1)を作成する。
ボールカウントの0、15、30、40、Aをマス目状に記したボールカウント表カーソル(10)を2個作成する。
ゲームカウントの0〜8をマス目状に記したゲームカウント表カーソル(11)を2個作成する。
組み合わせ用カーソル(5)に、現在の試合と次の試合が分かるように色や図及び或は文字で、マス目状に作成して表示部(4)を作成する。このマス目の高さは、組み合わせ表(1)のマス目の高さと同じにする。指示部(6)を、色や図及び或は文字で作成する。
次に、円柱形状物(8)の円周外周部(9)の左端から、指示部(6)、ボールカウント表カーソル(10)、ゲームカウント表カーソル(11)、組み合わせ表(1)、ゲームカウント表カーソル(11)、ボールカウント表カーソル(10)、指示部(6)を仮配置する。
そして、指示部(6)、組み合わせ表(1)を、夫々所定の位置に張り付ける。なお、雨や汚れや摩耗から指示部(6)、組み合わせ表(1)の耐久性の向上並びにカーソルの滑らかな滑りを得る為に指示部(6)、組み合わせ表(1)の上から透明フィルムを張り付けても良い。その上から、ボールカウント表カーソル(10)、ゲームカウント表カーソル(11)が、所定の位置で円周外周部(9)を回転出来るように巻き付ける。組み合わせ表(1)の上から、組み合わせ用カーソル(5)が円周外周部(9)を回転出来るように巻き付ける。
試合競技の組み合わせと順序は、組み合わせ用カーソル(5)を回転し、その表示部(4)が示す組み合わせ表(1)の位置で現在の試合と次の試合が表示される。
左側コートのボールカウントは、円周外周部(9)の左側のボールカウント表カーソル(10)を回転し、その指示部(6)が示す右側のボールカウント表カーソル(10)の位置で示される。
対戦相手の右側コートのボールカウントは、円周外周部(9)の右側のボールカウント表カーソル(10)を回転し、その指示部(6)が示す左側のボールカウント表カーソル(10)の位置で示される。
左側コートのゲームカウントは、円周外周部(9)の左側のゲームカウント表カーソル(11)を回転し、その指示部(6)が示すゲームカウント表カーソル(11)の位置で示される。
対戦相手の右側コートのゲームカウントは、円周外周部(9)のゲームカウント表カーソル(11)を回転し、その指示部(6)が示すゲームカウント表カーソル(11)の位置で示される。
【0013】
1 組み合わせ表
2 ボールカウント表
3 ゲームカウント表
4 表示部
5 組み合わせ用カーソル
6 指示部
7 指示カーソル
8 円柱形状物
9 円周外周部
10 ボールカウント表カーソル
11 ゲームカウント表カーソル



(57)【要約】

【課題】テニス、バトミントン、卓球等の試合競技において、試合競技の組み合わせ、順序を表示すると共に、或はゲームカウント及びボールカウントを表示して、試合を円滑に進めることが出来る試合競技の表示装置を提供する。【解決手段】円柱形状物の円周外周部に、試合競技の組み合わせ表1とボールカウント表2とゲームカウント表3を張り付け、その上から組み合わせ用カーソル5と指示カーソル7が、円周外周部を回転出来るように巻き付け配置される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):