(54)【考案の名称】リュック傘

(73)【実用新案権者】厦門新弘洋傘有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は生活用品の技術分野に属し、具体的にはリュック傘に関する。

【従来の技術】

【0002】
傘は日差しや雨を避けるための生活用品であるが、従来の傘は広げたときに傘面が円形又は正多角形に類似した形状となる。そのため、傘面の面積に限界があり、雨天には学生らが背負うカバンが雨に濡れやすい。カバンの材質が防水材料でない場合には中の本が湿るため、学生らの勉強に支障をきたす。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
上記の背景技術で提示した課題を解決するために、本考案は、雨天にユーザが傘をさす際に傘面面積の限界から背負ったカバンを雨による濡れから効果的に遮れないとの従来技術における技術的課題を解決し、ユーザの背後スペースを十分に覆うことで、雨によるカバンの濡れを効果的に回避するリュック傘を提供する。

【効果】

【0009】
従来技術と比較して、本考案は以下の有益な効果を有する。
【0010】
本考案は、第1傘骨の長さが第2傘骨の長さよりも大きくなるよう、第1傘骨の基端に第1傘骨の基端骨を接続することで第2傘面を突出させている。突出した第2傘面により使用者の背後の空間を十分に覆うことが可能なため、カバンの濡れが効果的に回避される。第1傘骨の折り畳みに伴って、第1傘骨のワイヤーが第1傘骨の基端骨を反転させつつ回収し、第2傘面を折り畳む。第1傘骨の折り畳み後の長さは第2傘骨の折り畳み後の長さとほぼ同等となるため、折り畳み後の傘を効果的に最適長さに制御可能であり、折り畳み及び携帯が容易となる。また、構造全体がシンプルで見た目が美しく、且つ、実施しやすいことから実用性に極めて優れる。
【0011】
図面は本考案の更なる理解のために用いられる。また、図面は明細書の一部を構成し、本考案の実施例とともに本考案を解釈するために用いられるが、本考案を限定するものではない。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】図1は、本考案のリュック傘の構造を示す図である。
【図2】図2は、本考案におけるリュック傘の傘骨と中棒の接続を示す図である。
【図3】図3は、本考案のリュック傘の平面図である。
【図4】図4は、本考案のリュック傘の実施例を示す図である。

【0013】
以下に、本考案の実施例における図面を組み合わせて、本考案の実施例における技術方案につき明瞭簡潔に述べる。なお、ここで記載する実施例は本考案の一部実施例にすぎず、すべての実施例でないことはいうまでもない。本考案の実施例に基づいて、当業者が創造的労働を要することなく取得するその他すべての実施例は、いずれも本考案による保護の範囲に属する。
【0014】
図1〜4を参照して、本考案は以下の技術方案を提供する。即ち、リュック傘であって、傘面、傘骨、中棒5及び傘柄6を含む。傘面は、第1傘面3と第2傘面4を含む。傘骨は2本の第1傘骨1と5本の第2傘骨2を含む。傘面は傘骨を被覆する。傘骨は中棒5の上端の上ろくろ51と下ろくろ52に接続され、傘柄6は中棒5の下端に接続される。第1傘骨1の基端には第1傘骨の基端骨12が接続されており、且つ、第1傘骨1には第1傘骨の基端骨12に接続される第1傘骨ワイヤー11が設けられている。
【0015】
具体的には、第1傘骨1の長さは第2傘骨2の長さよりも大きい。第1傘骨の基端骨12は第2傘面4で被覆されており、第2傘面4の両端は第1傘骨1に隣接する2本の第2傘骨2の先端を被覆している。傘を開くと、第1傘骨1が第1傘骨の基端骨12を伴って広がり、第2傘面4を展開する。第2傘面4は使用者の背後のスペースを十分に覆うことが可能なため、カバンの濡れが効果的に回避される。
【0016】
具体的に、傘を折り畳む際には、第1傘骨1の折り畳みに伴って、第1傘骨のワイヤー11が第1傘骨の基端骨12を反転させつつ回収し、第2傘面4を折り畳む。第1傘骨1の折り畳み後の長さは第2傘骨2の折り畳み後の長さとほぼ同等となるため、折り畳み後の傘を効果的に最適長さに制御可能であり、折り畳み及び携帯が容易となる。
【0017】
具体的に、第1傘面3と第2傘面4は一体成型により設計される。
【0018】
本考案の動作原理及び使用フローは次の通りである。
【0019】
本考案は使用時において、傘を広げる場合、広げられた第1傘骨1の長さが第2傘骨2の長さよりも大きくなる。第1傘骨1は第1傘骨の基端骨12を伴って広がり、第2傘面4を展開することで、第2傘面4が使用者の背後のスペースを十分に覆うことが可能となる。これにより、カバンの濡れが効果的に回避される。一方、傘を折り畳む際には、第1傘骨1の折り畳みに伴って、第1傘骨のワイヤー11が第1傘骨の基端骨12を反転させつつ回収し、第2傘面4を一緒に折り畳む。このとき、第1傘骨1の折り畳み後の長さが第2傘骨2の折り畳み後の長さとほぼ同等となるため、折り畳み後の傘を効果的に最適長さに制御可能であり、折り畳み及び携帯が容易となる。
【0020】
最後に、以上は本考案の好ましい実施例にすぎず、本考案を制限するものではない。上記の実施例を参照して本考案につき詳細に説明したが、当業者であれば、上記の各実施例に記載した技術方案の変更や、一部技術的特徴の等価の置き換えも可能である。本考案の精神及び原則の範囲内で実施されるあらゆる変更、等価の置き換え、改良等はいずれも本考案による保護の範囲に含まれる。

(57)【要約】

【課題】生活用品の技術分野に属するリュック傘を提供する。【解決手段】リュック傘は、傘面、傘骨、中棒及び傘柄6を含み、傘面は第1傘面3と第2傘面4を含む。傘骨は2本の第1傘骨1と5本の第2傘骨2を含む。傘面は傘骨を被覆する。傘骨は中棒5の上端の上ろくろと下ろくろに接続され、傘柄は中棒の下端に接続される。第1傘骨の基端には第1傘骨の基端骨が接続されており、且つ、第1傘骨には第1傘骨の基端骨に接続される第1傘骨ワイヤーが設けられていて、第1傘骨の長さが第2傘骨の長さよりも大きくなるよう設計することで、第2傘面を突出させている。突出した第2傘面により使用者の背後のスペースを十分に覆うことが可能なため、カバンの濡れが効果的に回避され、第1傘骨の折り畳み後の長さは第2傘骨の折り畳み後の長さとほぼ同等となるため、折り畳み後の傘を効果的に最適長さに制御可能であり、折り畳み及び携帯が容易となる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):