(54)【考案の名称】物品搬送機

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】株式会社マルトミレンタ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、階段において使用される物品搬送機に関する。

【従来の技術】

【0002】
古いビルやマンション等はエレベータを備えていない場合が多く、引っ越し等に際して階段における物品搬送作業に大きな手間がかかり、またその作業には多大な危険が伴う。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
この考案は、階段における物品搬送が容易に、かつ、安全に行われるようにすることを目的とする。

【効果】

【0008】
この考案の物品搬送機を使用することで、階段における物品の搬送が、容易、かつ、安全に行えるようになる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】 この考案の物品搬送機の前面側斜視図
【図2】 この考案の物品搬送機の背面側斜視図
【図3】 この考案の物品搬送機の折り畳み時の側面図
【図4】 この考案の物品搬送機の要部説明図
【図5】 この考案の物品搬送機の要部説明図
【図6】 この考案の物品搬送機の要部説明図

【考案の実施形態】
【0010】
図1はこの考案の物品搬送機の前面側斜視図、図2は同背面側斜視図である。物品搬送機1は、方形枠状で垂直方向に配置され下部の両端にキャスター3を備えるベース体2と、ベース体2の上部に設けられるアーチ状の階段移動用操作部5と、ベース体2の下部に前方に突出するように軸支されて設けられ下面の前側の両端にキャスター7を備える物品載置台9と、下部がベース体2の後下部に軸支されて取り付けられ上部が後方に傾斜して設けられる一対の移動用ベルト体11と、移動用ベルト体11の駆動用の電動モータ13及びその電源となる電池60とを備えて構成されている。
【0011】
上記物品搬送機1はキャスター3とキャスター7が接地する状態において水平移動されて、平面における物品の搬送が行われる。階段における搬送は、階段移動用操作部5を上側として移動用ベルト体11が階段の各段の角縁に沿う状態とされ、電動モータ13が作動されることで、移動用ベルト体11が各段の角縁に噛む状態で作動変位し、これにより物品搬送機1が階段に沿って上昇移動、下降移動して行われる。
【0012】
図3は物品搬送機1の非使用時の状態を示す。物品載置台9と移動用ベルト体11と持ち手部19とがベース体2に重ね状態に折り畳まれ、移動用操作部5が縮状態とされることで、全体がコンパクトな形態とされ、非使用時における取扱いが容易になされるとともに、その収納スペースも小さくできるようにしている。
【0013】
物品載置台9は、図4に示すように、その下面の後端の両端に連結ブロック14にバネにより後方に付勢されて取り付けられた連結固定ピン15を備え、その連結固定ピン15のそれぞれは基端側で操作ロッド17により互いに連結されている。操作ロッド17が前方(矢印A方向)に引かれて連結固定ピン15のそれぞれがベース体1の基部19から離脱することで、物品載置台9はベース体2側(矢印B方向)に折り畳まれる。
【0014】
ベース体2の両側の縦桟16上部には、図5に示すように、水平移動される際に使用される持ち手部19のそれぞれが取り付け部材21により後方に突出するように設けられている。持ち手部19は縦桟16に固着される取り付け部材21にバネ力により上方に回動付勢されて水平を保つ状態に取り付けられ、レバー23が押し下げられ内部のロックが外されることで下方(矢印C方向)に回動して折り畳み状態とされ、さらに上方に回動復帰されることで自動的にロックされて水平状態となる。
【0015】
取付け部材21それぞれの内側面には作動レバー27が回動可能に取り付けられ、相対する取付け部材21の作動レバー27の下端のそれぞれが操作バー29により連結されている。作動レバー27は上端が前方向(矢印D)に回動する方向にバネにより付勢されて取り付けられ、その上端部材26に取付け部材21内から突出するロックピン31が取り付けられている。ロックピン31がバネの付勢によりベース体2の縦桟16内に位置する移動用操作部5のパイプ35の2か所の高さに設けられたロック穴37に嵌入し、これにより、移動用操作部5は伸縮する2か所の位置で固定される。操作レバー29が押し込まれて(矢印E方向)作動レバー27が回動することでロックピン31がロック穴37から離脱し、移動用操作部5の伸縮操作が可能となる
【0016】
図2に示すように、一対の移動用ベルト体11は、上下位置で固定ロッド41により互いに連結固定され、その相対する内面それぞれの下部から途中高さ位置にはガイド溝43が設けられ、それぞれのガイド溝43内に両端が係止されてガイドロッド45が設けられている。ガイドロッド45の端部近傍それぞれとベース体2の縦桟39側面それぞれに軸支されてリンク材47のそれぞれが取り付けられている。図6に示すように、一方の移動用ベルト体11側のリンク材47の下端には係止突起46を備える係止片48が設けられている。
【0017】
一方の移動用ベルト体11内下部にはエアシリンダー51が設けられ、そのエアシリンダー51の上部から突出する作動片の端部にガイドロッド45の一端が連結されている。また、下部の固定ロッド41の一方の移動用ベルト体11に近い側には係止部材56が取り付けられている。係止部材56は水平部55と垂直部57とからなり、その折れ曲がり部が軸支されてバネ付勢(矢印F方向)されて設けられており、垂直部57には係止穴59が設けられている。
【0018】
図3に示す移動用ベルト体11が折り畳まれた状態においては、図6に示すように、係止片48の係止突起46が係止部材47の係止穴59に嵌入係止しており、この状態において移動用ベルト体11の折り畳み状態が維持されている。係止部材56の水平部55をバネ力に抗して下方に押し込むことで垂直部57が内側に変位し、これにより係止穴59から係止突起46が外れると移動用ベルト体11は上部が自重により傾斜変位して図1、図2に示す状態となり、その状態がガイドロッド45とリンク材47とにより固定維持される。上記の移動用ベルト体11の傾斜変位はガイドロッド45の一端がエアシリンダー51の作動片の端部に連結されていることで緩やかに行われる。図2に示す状態においてガイドロッド45を踏み込む(矢印G方向)ことで移動用ベルト体11は閉じられ、係止穴59に係止突起46が自動的に嵌入係止する。
【0019】
モータ13は一対の移動用ベルト体11間の下部に取り付けられ、その駆動軸と移動用ベルト体11内の下部側プーリーとがギヤ連結されて移動用ベルト体11は作動される。60は駆動用の電池であり、ベース体2の垂直部の下端に前方に突出して設けられた取付け桟61の下面に取り付けられている。重量のある電池60がこの位置に設けられたことで、物品搬送機1は移動用ベルト体11が傾斜する図1、図2の状態において後方に倒れることなく安定して設置される。
【0020】
1 物品搬送機
2 ベース体
3 キャスター
5 階段移動用操作部
7 キャスター
9 物品載置台
11 移動用ベルト体
13 電動モータ(駆動部)
60 電池(駆動部)

(57)【要約】

【課題】階段における物品搬送が容易に、かつ、安全に行われるようにする物品搬送機を提供する。【解決手段】垂直方向に配置され下部にキャスター3を備えるベース体2と、ベース体2の上部に設けられる移動用操作部5と、ベース体2の下部に前方に突出するように設けられ下面にキャスター7を備える物品載置台9と、下部がベース体2の後下部に取り付けられ上部が後方に傾斜して設けられる移動用ベルト体11と、移動用ベルト体11の駆動部とを備える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):