(54)【考案の名称】印刷情報媒体

(73)【実用新案権者】メディア・インテグレーション・システムズ株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、長尺な帯状の紙片を山折りと谷折りを交互に繰り返して折り重ねて形成する携帯可能な印刷情報媒体に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、印刷情報媒体としては、印刷された複数枚の紙片を重ねて冊子状にしたものが一般的に用いられている。しかし、冊子状にするには紙片を綴じなければならず、製造コストが高くなる。
【0003】
そのため、印刷が施された1枚の紙片を折り曲げて重ねることによって作製する印刷情報媒体が知られている(例えば、特許文献1乃至3を参照)。
【0004】
上記の折り畳み式の印刷情報媒体は、折り畳みの見開き毎に表示する情報のテーマを変えることで、情報を体系的に整理して表示することができることから、低コストなばかりかコンパクトで携帯用にも優れた印刷情報媒体である。また、利用者にとっても、知りたいテーマの見開きを開けば容易に知りたい情報にアクセスすることができるため利便性が高い。
【0005】

【効果】

【0011】
本考案による印刷情報媒体によれば、印刷で表示している情報を補完する情報を利用者の情報端末機に配信する場合の媒体となるマーカーを印刷しておくことで、必要な人だけ情報端末機に補完する情報を入手できるようにしている。よって、印刷で表示する情報を抑えることで紙片を小さくすることができ、携帯に便利な印刷情報媒体が提供される。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本考案に係る印刷情報媒体の説明図を示す。
【図2】図1の印刷情報媒体の紙片の表面と裏面の構成図をそれぞれ示す。
【図3】図1の印刷情報媒体を折り畳んだ状態の側面図を示す。
【図4】図1の印刷情報媒体の使用例の説明図を示す。
【図5】図4の印刷情報媒体においてインデックス表示部の一つを開いた状態の説明図を示す。
【図6】印刷情報媒体に印刷されているマーカーを媒体にした情報配信システムの概略的な説明図を示す。

【0013】
以下、本考案の実施の形態について、図面を参照しながら詳細に説明する。
【0014】
図1は、本考案の一実施形態をインデックス付きの印刷情報媒体1の概要を示す全体概略図である。また、図2は、その折畳みを開いた状態を平面から示す模式図、図3は、その折畳んだ状態を側面から示す模式図である。
【0015】
これらの図に示すように、インデックス付き印刷情報媒体1は、帯状の長尺な紙片2をその長手方向と直交する方向に折り目を形成しながら山折りと谷折りを長手方向に沿って交互に繰り返して折り重ねることで形成される。紙片2は、長手方向に表紙部3及び表紙部3に続いて連続して設けられる複数の情報表示部4を備えており、各々の情報表示部4は、情報表示本体部4aと、当該情報表示本体部4aに印刷されて表示している情報のテーマ(インデックス)を表示するインデックス表示部4bとで構成している。
【0016】
そして、紙片2の裏面にも同じ配置で表紙部3と、情報表示本体部4a及びインデックス表示部4bからなる複数の情報表示部4とを設けて、裏側の表紙部3・各情報表示本体部4a・各インデックス表示部4bは、表側のこれらと長手方向での寸法を同一にしている。この場合、表面と裏面とでは表紙部3とこれに続く各情報表示部4の配列が長手方向で逆となっている。図2の裏面は、表面を図示の矢印で示すように右端からめくって裏返しにして、紙片2の表面では左端の短辺Aが裏面では右端となる状態で示されている。
【0017】
このような紙片2を、表紙部3とこれに続いて最初に設けられた情報表示部4との境目で山折り、次に当該情報表示部4における短手方向での中間線5で谷折り、当該情報表示部4のインデックス表示部4bと当該インデックス表示部4bに隣接する次の情報表示部4の情報表示本体部4aとの境目で山折り、続けて当該情報表示部4aの中間線5で谷折りすることを繰り返し、つづら折りに折り畳むことで、インデックス付き印刷情報媒体1は形成される。本例での印刷情報媒体2は、表裏それぞれに表紙部3及び情報表示部4を設けたことで、第1表示部10と第2表示部20の二通りを備える。
【0018】
図4は、インデックス付き印刷情報媒体1の使用例を示し、インデックス付き印刷情報媒体1は折り畳まれた状態では、表紙部3と各インデックス表示部4bとが外から見えて、各情報表示本体部4aは折り畳まれることで隠れている。表紙部3は、この印刷情報媒体1が提供する情報の大きなテーマが印刷されて、各インデックス表示部4bにはサブテーマがインデックスとして印刷されている。図示のインデックス付き印刷情報媒体1は、第1表示部10に「セーフティドライブ」をテーマとする情報を提供するもので、各インデックス表示部4bには、運転中の各場面における安全ドライブに関するサブテーマが印刷されている。
【0019】
そして、所望のサブテーマが印刷されているインデックス表示部4bを指で押さえて、印刷情報媒体1を開くと、図5に示すように、中間線5で谷折りされているこのインデックス表示部4bに対応する情報表示本体部4aが開かれて現れる。図示の例では、印刷情報媒体1を「非常電話とは」のサブテーマが印刷されているインデックス表示部4bで開くと現れる見開きの情報表示本体部4aには、非常電話を説明する記述や写真・イラスト等が印刷されており、利用者はその内容を読み取ることができる。
【0020】
このように、各インデックス表示部4bには、運転中の各場面における安全ドライブに関するサブテーマが印刷されて、各情報表示本体部4aには対応しているインデックス表示部4bに印刷されているサブテーマの内容についての情報が印刷されている。
【0021】
そして、第2表示部20にも、図示しないが、「セーフティドライブ」をテーマとして、第1表示部10に続き安全ドライブに関する他のサブテーマがインデックス表示部4bに印刷されて、これに対応する各情報表示本体部4aには、このサブテーマの内容についての情報が印刷されている。しかし、第2表示部20には、第1表示部10とは全く別のテーマでの情報を提供するようにしてもよい。
【0022】
各情報表示本体部4aには、このような印刷情報に加えて、スマートフォン等の情報端末機がそのカメラ機能で読み取ることができるマーカー6が印刷されている。情報端末機7は、図6に示すように、マーカー6を認識することで情報表示本体部4aには印刷されていない新たな情報をクラウドサーバー8から取得することができる。
【0023】
クラウドサーバー8には、マーカー6にする図形とこのマーカー6に対応して配信する情報のコンテンツ9が予め登録されている。この場合のコンテンツ9は、文字情報はもとより動画、静止画、音声、3DCGによる静止画や動画であり、例えば、「非常電話とは」のサブテーマに関するコンテンツ9としては、非常電話の掛け方を実際に動画で示すと効果的である。
【0024】
情報表示本体部4aを見た利用者は、印刷されている情報以外にもっと詳しく知りたい利用者は、情報端末機7によって情報表示本体部4aに印刷されているマーカー6を読み取る。そして、マーカー4が通信回線10を通してクラウドサーバー8に送信されると、クラウドサーバー8は画像認識技術により、当該マーカー6に対応するコンテンツ9を当該情報端末機7に配信することで、利用者は情報端末機7を通して新たな情報を入手できる。
【0025】
情報端末機7がマーカー2を読み取ることでコンテンツ9を配信するこのような技術は、いわゆるVR(仮想現実:Virtual Reality)、AR(拡張現実:Augmented Reality)、MR(複合現実:Mixed Reality)を応用して実現される。情報端末機7にコンテンツ9を表示する場合、情報端末機7が撮影している印刷情報媒体1の紙面上の情報に重ねてコンテンツ9を表示させてもよいし或いは紙面とは全く別に表示させてもよい。
【0026】
本例でのマーカー6は図形で構成されているが、絵や写真、イラスト或いはQRコード(登録商標)に類似した白黒のマークであってもよい。例えば、図示の情報表示本体部4aには、非常電話を使用している場面を視覚的に表すイラスト12が描かれているが、これをマーカーとしてクラウドサーバー8に登録されてもよい。このイラスト12に対応して配信されるコンテンツ9を非常電話の掛け方に関する情報であれば、利用者はイラスト12を読み取れば、非常電話のかけ方についての詳しい情報が得られることが直感できてわかりやすい。このときのコンテンツ9としては、例えば、非常電話の掛け方の動画などである。
【0027】
さらに、このイラスト12のように、情報表示本体部4aに印刷されている情報の本文内容に関連して表示するイラストや写真等の画像をマーカーに利用すれば、印刷されている本文内容と関係のない図形のマークを配置するのと比べて違和感なく編集でき、印刷物としての体裁がよくなる。
【0028】
また、マーカー6は、異なる図形・写真・イラスト等を別の情報表示本体部4aにも印刷して、このマーカー6と共にこのマーカー6に対応して配信するコンテンツ9をクラウドサーバー8に登録することもできる。すなわち、サブテーマ毎にその情報表示本体部4aに印刷されている情報を補完する情報を、利用者は情報端末機7を通してクラウドサーバー8から取得することができる。勿論、マーカー6は、表紙部3に印刷されてもよい。
【0029】
情報端末機7がコンテンツ9を取得可能にするには、所定のアプリケーションプログラムをインストールする必要があるが、このようなアプリケーションプログラムの配信サービスを行うサイトに案内するQRコード(登録商標)を印刷情報媒体1に印刷しておくとよい。
【0030】
以上、本考案の実施形態について説明したが、本考案は上記実施形態に限定されるものではなく、本考案の趣旨に基づき種々の変形が可能であり、これらを本考案の範囲から排除するものではない。
【0031】
1 印刷情報媒体
2 帯状の紙片
3 表紙部
4 情報表示部
4a 情報表示本体部
4b インデックス表示部
5 中間線
6 マーカー
7 情報端末機
12 イラスト(マーカー)

(57)【要約】

【課題】印刷している情報量を抑えることで紙片を小さくして携帯性の良い印刷情報媒体を提供する。【解決手段】帯状の紙片2は長手方向に表紙部3及び表紙部3に続き連続して設けられる複数の情報表示部4を備え、情報表示部4は情報表示本体部4aと当該情報表示本体部4aとインデックス表示部4bとで構成される。印刷情報媒体は表紙部3と表紙部3に続いて最初に設けられた情報表示部4との境目で山折り、次に当該情報表示部4における短手方向での中間線5で谷折り、当該情報表示部4のインデックス表示部4bと当該インデックス表示部4bに隣接する次の情報表示部4の情報表示本体部4aとの境目での山折り、続いて当該情報表示部4における短手方向での中間線5で谷折を繰り返して形成される。表紙部3又は情報表示本体部4には、情報端末機がカメラで読み取ることで映像、音楽などのコンテンツを入手可能にするマーカーが印刷されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):