(54)【考案の名称】マルチ誘導コイルのRFIDシステム

(73)【実用新案権者】九齊科技股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、マルチ誘導コイルのRFIDシステムに関する。

【従来の技術】

【0002】
無線認識(Radio Frequency Identification、RFID)システムは、無線通信データ伝送技術であり、無線信号を通じて特定目標を識別すると共に関連のデータを読み書きする。RFIDシステムと特定目標の間には機械的又は光学的な接触を確立する必要はなく、そのシステムは主にタグ(Tag)、リーダ(Reader)及びプロセッサから成る。
タグは、集積回路とアンテナとを含み、各種識別情報を保存し、アンテナを通じて無線信号でデータをリーダに伝送する。タグ自体に電池の搭載があるかどうかによって受動型、半受動型及び能動型タグに分かれる。リーダは、送信機(Transmitter)と受信機(Receiver)とアンテナとを含み、送信機がアンテナを通じてプロセッサの信号を送信すると共に周辺のタグに交流電源を供給する。受信機はタグから伝送されてきた信号を受信すると共に信号をプロセッサに転送する。
【0003】
日常生活において、RFIDシステムは、追跡したい人、事、物(身分証明書、電子切符、物流管理、荷物分類、入退出管理システムを含む)に幅広く使用されている。しかしながら、現在単一RFIDシステムが単一エリアにおいて、同時に異なるタグを認識できず、異なるエリアでも単一システムで完成することもできず、1つのエリアに一組のRFIDシステムを設けなければならない。すなわち、1台のリーダに1台のコントローラを搭載する必要があるため、コストの浪費や、実際の活用において制限があった。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
上記課題を解決するために、鋭意研究を重ねた結果、以下の考案を完成するに至った。

(57)【要約】

【課題】マルチ誘導コイルのRFIDシステムを提供する。【解決手段】複数のRF読み取りモジュール20とメインコントローラ30とを含む。複数のRF読み取りモジュールは、送信共振モード及びアイドルモードにおいて操作することに適している。各RF読み取りモジュールは、送信共振モードにある時、検出信号を送信すると共に応答信号に基づいて共振信号を生成し、アイドルモードにある時、応答信号に基づいて誘導信号を生成する誘導コイルと、誘導コイルに電気的に接続され、誘導コイルに応答するための共振回路と、共振回路に接続され、導通の時、RF読み取りモジュールを送信共振モードに切り替えて制御し、遮断の時、RF読み取りモジュールをアイドルモードに切り替えて制御するスイッチング回路とを含む。メインコントローラは、誘導コイル及びスイッチング回路に電気的に接続され、スイッチング回路の導通又は遮断を制御し、また誘導コイルを制御して検出信号を送信させるために用いられる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):