(54)【考案の名称】コンクリート敷き均しプレート盤

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
コンクリート打設後の仕上げに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来は、職人技で器具均一に均しコンクリートの床を美観にする工程が手間を、かけ人力と体力で完成度を必用としていた.
【0003】

【効果】

【0006】
コンクリートの面接部分を凝固や亀裂を防ぎ表層を綺麗に仕上げ密度の水分部分をトロ部分が交互に混じり合い効率化をスピーディーにより表面とコンクリートの内部と外部分と、おに、及ぼす影響は、関連してコテと同じ左右スライドしながらコンクリートの床を押さえるのと、同じ効果を得られ凸状は中心方向に浴って回転運動と左右反転させる事により湾曲状がテリを内外排出調整できる。手間と時間を省き時間のロスを短縮し合理性を追求した。
【0007】
円盤状のプレート盤1,2に振動と回転運動によりコンクリートの表面を凝固する前に速やかな仕上げ状況に入れる状態を創りコンクリートの床表面トロ状が上層膜で研磨しながら表層にして形成する。
【0008】
図1は、全体図と動力との連結部品で、モーター6から回転する主軸5で1を回転させる。プレート盤1の断面図の裏面に湾曲した膨らみ箇所である凸状2を構成する事によりコテの左右スライドした仕上がりが形成できコンクリートの表面の床を滑らかにし構成する事により仕事を向上させる。連結部品は、ソケット3,4ジョイント箇所により成り立ってコンクリート仕上げ盤である。
図2プレート盤1の表層で湾曲2した緩やかな構造で左右どちらでも回転方向により表面のトロ部分を排除又は、逆回転方向にする事により平滑研磨する事により微調整ができる。
部分拡大図は、プレート盤裏面層1切断面図均等に3等分した区分箇所に凸状の突起2を形成されたプレート盤が回転運動によりコテと同じ効果により、コンクリートの表層を凝固する事前に一層目均し二層(2回目)と続きコンクリートの床を滑らかにする。凸状突起部分
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】全体図
【図2】円盤の表面図及びプレート盤切断図

【0010】
1円盤プレート
2凸状の突起段丘
3連結軸ビス
4首折ソケット
5主軸 SDKジャク
6モーター

(57)【要約】

【課題】コンクリート打設と、その後の作業工程を一気に短縮し、無駄がなく、狭い場所や、やり難い箇所もコテ作業を容易に施し、範囲時間内でコンクリートの表層を平滑にするコンクリート敷き均しプレート盤を提供する。【解決手段】モーター6から回転する主軸5で円板状のプレート盤1を回転させる。プレート盤1の断面の裏面に湾曲した膨らみ箇所である凸状段丘2を構成する事により、コテの左右スライドした仕上がりが形成でき、コンクリートの表面の床を滑らかにし、仕事を向上させる。連結部品は、連結軸ビス3、首折ソケット4で構成される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):