(54)【考案の名称】携帯端末用ケース型充電モジュール

(73)【実用新案権者】コリア エレクトロニクス テクノロジー カンパニーリミテッド

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、携帯端末の充電のための充電モジュールに係り、さらに詳しくは、ケース単独用途に使用することもできるだけなく、このようなケースに携帯端末を装着した状態で補助バッテリーの追加装着による充電が可能であり、特に補助バッテリーの分離の際に携帯端末の背面デザインが十分見られるようにしながらも、安定的な保護が行われるようにした、新たな形態による携帯端末用ケース型充電モジュールに関する。

【従来の技術】

【0002】
一般に、スマートフォンなどの携帯端末は、単純な通話の機能にのみ限定されず、大型の液晶を提供して様々な画像やグラフィックを表示することができるようにすることにより、多様に活用できるようにした携帯用通話端末である。
【0003】
このような携帯端末は、前述したような大型の液晶を用いた画像やグラフィックの提供によりバッテリー消費が大きいしかなく、これにより、最近では前述したバッテリー消費を最小化し、或いは補助バッテリーによって携帯中に充電するなどの様々な技術が開発されている。
【0004】
ところが、前記補助バッテリーによって携帯中に携帯端末を充電する技術の場合、前記補助バッテリーと携帯端末が互いに別個に構成されることにより、別途の充電ケーブルがさらに提供されなければならないうえ、互いに分離された補助バッテリーと携帯端末を同時に把持することが不便であるという欠点があった。
【0005】
よって、最近では、本出願人によって出願されたように、携帯電話ケースに補助バッテリーを一体化させて使用することができるようにした技術が提供された。これに関連しては、韓国特許第10−1441677号及び韓国公開特許第10−2017−0058842号に提示されているとおりである。
【0006】
しかし、これらの従来技術は、事実上、携帯端末の背面を完全に覆う構造で構成されるので、前記携帯端末の背面デザインが見えないため、一部のユーザーの不満が引き起こされた。
【0007】
すなわち、最近、携帯端末の背面は、当該携帯端末の特徴を最もよく露出させるデザインで構成されているが、このような携帯端末の背面全体を補助バッテリー或いはケースが遮ることにより、事実上、背面デザインの非露出による不満が存在したのである。
【0008】
もちろん、ケースを透明材質で形成する方法もあったが、この場合、補助バッテリーとの結合が安定的に行われないうえ、携帯端末の色による対応がなされていない物足りなさが存在し、また、透明材質のケースは強度が弱いため、携帯端末の曲げ変形に対する保護を行うことができないという欠点があった。
【0009】

【効果】

【0022】
上述したように、本考案の携帯端末用ケース型充電モジュールは、バッテリーアセンブリをケースアセンブリから分離する場合、携帯端末の背面デザインが十分外部に見られるため、ユーザーの満足度が向上する。
【0023】
また、本考案の携帯端末用ケース型充電モジュールのケースアセンブリは、携帯端末を外部衝撃から保護する部位、スクラッチから保護する部位、及び曲げ変形から保護する部位が一体化されて提供され、各第1磁力部材及びコネクタ端子部は、バックカバーを緩衝バンパー及びメインケースに結合する作業のみで一緒に組み立てられるので、全体的な組み立て作業が容易である。
【0024】
特に、本考案の携帯端末用ケース型充電モジュールは、ケースアセンブリとバッテリーアセンブリの定位置案内のための各第1位置案内突起、及び第2位置案内突起が単純な一字形の構造ではなく、各コーナー支え部及びコネクタ支え部の周囲に沿ってラウンドされるように形成される曲線構造をなすようにすることにより、全方向への位置ずれが防止される。
【図面の簡単な説明】
【0025】
【図1】本考案の実施例に係る携帯端末用ケース型充電モジュールを説明するために互いに異なる方向からみた状態を示す結合斜視図である。
【図2】本考案の実施例に係る携帯端末用ケース型充電モジュールを説明するために互いに異なる方向からみた状態を示す結合斜視図である。
【図3】本考案の実施例に係る携帯端末用ケース型充電モジュールを説明するために示す背面図である。
【図4】本考案の実施例に係る携帯端末用ケース型充電モジュールを説明するために示す正面図である。
【図5】本考案の実施例に係る携帯端末用ケース型充電モジュールを説明するために示す側面図である。
【図6】本考案の実施例に係る携帯端末用ケース型充電モジュール中のケース端子部の設置構造を説明するために示す要部拡大断面図である。
【図7】本考案の実施例に係る携帯端末用ケース型充電モジュールのケースアセンブリとバッテリーアセンブリを分解して示す分解図である。
【図8】本考案の実施例に係る携帯端末用ケース型充電モジュールのケースアセンブリを説明するために示す分解図である。
【図9】図8の「A」部の拡大図である。
【図10】図8の「B」部の拡大図である。
【図11】本考案の実施例に係る携帯端末用ケース型充電モジュールのケースアセンブリを図8とは反対の方向からみた分解図である。
【図12】図11の「C」部の拡大図である。
【図13】図11の「D」部の拡大図である。
【図14】本考案の実施例に係る携帯端末用ケース型充電モジュールのバッテリーアセンブリに対する前面構造を説明するために示す斜視図である。

【0026】
以下、本考案の携帯端末用ケース型充電モジュールの好適な実施例を図1乃至図14を参照して説明する。
【0027】
図1及び図2は本考案の実施例に係る携帯端末用ケース型充電モジュールを説明するために互いに異なる方向からみた状態を示す結合斜視図、図3は本考案の実施例に係る携帯端末用ケース型充電モジュールを説明するために示す背面図、図4は本考案の実施例に係る携帯端末用ケース型充電モジュールを説明するために示す正面図、図5は本考案の実施例に係る携帯端末用ケース型充電モジュールを説明するために示す側面図である。
【0028】
これらの図に示されているように、本考案の実施例に係る携帯端末用ケース型充電モジュールは、大きくケースアセンブリ100及びバッテリーアセンブリ200から構成され、特に、前記ケースアセンブリ100は、携帯端末10の背面デザインを十分露出させながらもバッテリーアセンブリ200との結合が安定的に行われるように構成されることを特徴とする。
【0029】
これを各構成別にさらに詳細に説明する。
【0030】
まず、前記ケースアセンブリ100は、携帯端末10を外部環境から保護するように提供される部位である。
【0031】
前記ケースアセンブリ100は、メインケース110及びバックカバーで構成され、携帯端末10の縁及び背面を包み込む。
【0032】
前記ケースアセンブリ100を構成するメインケース110は、携帯端末10の縁を包み込むように提供される部位であり、携帯端末10の曲げ変形を防止することができるようにポリカーボネート或いは金属材質で形成される。
【0033】
このようなメインケース110は、上側部位をなす上部フレーム111と、両側部位をなす二つの側部フレーム112と、下側部位をなす下部フレーム113とから構成され、前記各フレーム111、112、113同士が連結される4つのコーナーはラウンドされるように形成される。
【0034】
ここで、前記メインケース110の下側内面(下部フレームの内面)には、コネクタ支え部114が拡張形成され、前記コネクタ支え部114には、ポゴピンが貫通する複数の接続孔115が設けられる。このとき、前記コネクタ支え部114の両側部位は、上部に行くほど漸次内向きに傾くように形成され、前記コネクタ支え部114の両側と前記メインケース110の二つの側部フレーム112との間は互いに離隔するように構成される。
【0035】
前記メインケース110の両側内面(二つの側部フレームの内面)には、バッテリーアセンブリ200の前面のうち、上側の二つのコーナー部位を支えるための二つのコーナー支え部116が前記バッテリーアセンブリ200の前面を遮る方向に向かって拡張形成される。特に、前記二つのコーナー支え部116は、後述のバッテリーアセンブリ200の前面のうち、上側の二つのコーナーと対向する位置にそれぞれ形成されるようにして、前記バッテリーアセンブリ200をケースアセンブリ100に結合する場合、前記バッテリーアセンブリ200が前記コネクタ支え部114及び二つのコーナー支え部116によってメインケース110に安定的に支えられた状態を維持することができるようにしたのである。
【0036】
また、前記メインケース110の内部には、緩衝バンパー130がさらに備えられることが好ましい。前記緩衝バンパー130は、メインケース110が衝撃を受けるとき、この衝撃を緩衝して携帯端末10が前記衝撃から保護されるように提供される部位であり、緩衝可能なゴム材質(例えば、ウレタン)で形成される。
【0037】
前記緩衝バンパー130の前面のうち、内側縁部位には安着溝131が設けられる。前記安着溝131は、後述のバックカバー120が安着する部位として提供される。
【0038】
一方、前記メインケース110をなす上側内面(上部フレームの内面)には、携帯端末10の上部を支える上部支え部117が拡張形成され、これにより、前記携帯端末10の背面は全部位にわたって安定的に支えられる。
【0039】
前記ケースアセンブリ100をなすバックカバーは、携帯端末10の背面を保護する部位であり、特に、前記携帯端末10の背面デザインが外部に露出できるように透視可能な材質(例えば、アクリル)で形成される。
【0040】
このようなバックカバー120は前記メインケース110の前面内側に装着されながら、前記メインケース110の開放された内側部位を遮るように形成され、好ましくは、前記緩衝バンパー130の安着溝131に圧入させることにより、前記緩衝バンパー130の弾性復元力によって前記緩衝バンパー130に嵌め込まれた状態に維持できるようにする。
【0041】
さらに、前記バックカバー120の背面には、メインケース110のコネクタ支え部114及び二つのコーナー支え部116が凹入装着される装着溝121、122がそれぞれ設けられる。
【0042】
また、前記バックカバー120には、複数の結合孔123が設けられるとともに、前記メインケース110には、前記各結合孔123に結合される結合突起118が設けられる。
【0043】
このとき、前記各結合孔123は、前記バックカバー120の各装着溝121、122に設けられ、前記結合突起118は、前記コネクタ支え部114の前面両側及び前記二つのコーナー支え部116の前面にそれぞれ設けられる。すなわち、前記バックカバー120は、前記緩衝バンパー130の弾性復元力のみで結合状態が維持されるようにしたのではなく、前記結合突起118による付加的な結合力によって結合状態がさらに安定的に維持されるようにしたのである。
【0044】
図6はケース端子部140の設置構造を説明するために示す断面図であり、図8は本考案の実施例に係る携帯端末用ケース型充電モジュールのケースアセンブリを説明するために示す分解図である。
【0045】
これによれば、ケースアセンブリ100の下端側内部には、携帯端末10と電気的に接続されるケース端子部140が備えられる。
【0046】
前記ケース端子部140は、携帯端末10に接続される接続コネクタ141と、前記接続コネクタ141とは回路基板142を介して電気的に接続されるように形成され、ポゴピンが挿入されるポゴピンコネクタ143とを含んでなる。すなわち、前記ケースアセンブリ100に設置される携帯端末10は、前記ケース端子部140を介してバッテリーアセンブリ200の電源供給を受けることができるように構成されるのである。
【0047】
このとき、前記ポゴピンコネクタ143は、コネクタ支え部114の前面に支えられた状態で設置される。
【0048】
また、前記接続コネクタ141とポゴピンコネクタ143との間を連結する回路基板142は、通常のプリント回路基板(PCB)からなってもよく、曲げ変形可能なフレキシブルPCBからなってもよい。
【0049】
次に、前記バッテリーアセンブリ200は、蓄電器を有する携帯用補助バッテリーである。
【0050】
このようなバッテリーアセンブリ200には、USBコネクタが接続される第1接続部250(図1参照)、及び充電ケーブルのコネクタが接続される第2接続部260(図2及び図12参照)がそれぞれ備えられる。
【0051】
特に、本考案の実施例では、前記バッテリーアセンブリ200が前記ケースアセンブリ100に選択的に結合され、前記ケースアセンブリ100に装着された状態の携帯端末10へ電源或いはその他の電気信号を提供することができるように構成されることを提示する。
【0052】
このようなバッテリーアセンブリ200は、前記ケースアセンブリ100の背面に着脱可能に設置されるとともに、前記ケースアセンブリ100のケース端子部140に電気的に接続されるバッテリー端子部210(図12参照)を含んで構成される。この時、前記バッテリー端子部210には、前記ケースアセンブリ100をなすケース端子部140のポゴピンコネクタ143に接続されるポゴピン211が提供される。
【0053】
一方、図8及び図11は本考案の実施例に係る携帯端末用ケース型充電モジュールのケースアセンブリを説明するために互いに異なる方向からみた状態を示す分解図であり、図9及び図10は図8の「A」部及び「B」部の拡大図であり、図12及び図13は図11の「C」部及び「D」部の拡大図であり、図14は本考案の実施例に係る携帯端末用ケース型充電モジュールのバッテリーアセンブリを説明するために示す斜視図である。
【0054】
これによれば、前記コネクタ支え部114の前面両側及び前記二つのコーナー支え部116の前面には、第1磁力部材310の一部を挿入するための第1挿入溝119がそれぞれ設けられ(図8乃至図10参照)、前記前記バックカバー120の背面に設けられた各装着溝121、122には、前記第1磁力部材310の残りの一部を挿入するための第2挿入溝124がそれぞれ設けられ(図11乃至図13参照)、前記バッテリーアセンブリ200には、前記第1磁力部材310との磁力結合のための第2磁力部材320(図14参照)が備えられる。
【0055】
すなわち、前述した第1磁力部材310及び第2磁力部材320によって前記ケースアセンブリ100に前記バッテリーアセンブリ200が容易に結合できるようにしたのである。
【0056】
この時、前記第1磁力部材310及び第2磁力部材320は、互いに反対極の磁石からなってもよく、前記第1磁力部材310及び第2磁力部材320のうち、いずれか一方の磁力部材のみが磁石からなるとともに、もう一方の磁力部材は磁石に付着する金属材質から構成されてもよい。
【0057】
特に、前記各時力部材310、320が位置する部位は、ケースアセンブリ100とバッテリーアセンブリ200との間の各端子部140、210が接続される部位、及びバッテリーアセンブリ200の上端の二つのコーナー部位であるため、前記ケースアセンブリ100とバッテリーアセンブリ200との間の各端子部140、210同士の電気的接続が正確に行われるとともに、前記バッテリーアセンブリ200とケースアセンブリ100との結合が安定的に維持され得る。
【0058】
また、前記バックカバー120の背面には、コネクタ支え部114の上周縁部位に沿って第1位置案内突起125が突設され、前記バッテリーアセンブリ200の前面には、前記第1位置案内突起125の収容される第1位置案内溝220が凹設される。すなわち、前記第1位置案内突起125及び第1位置案内溝220によってバッテリーアセンブリ200がケースアセンブリ100に結合されるときに定位置に安着でき、これにより各端子部140、210同士の接続が正確に行われ得る。
【0059】
また、前記バックカバー120の背面に設けられた第2挿入溝124の周囲には第2位置案内突起126が突設され、前記バッテリーアセンブリ200の前面には前記第2位置案内突起126の収容される第2位置案内溝222が凹設される。すなわち、前記第2位置案内突起126及び第2位置案内溝222の構造によって前記バッテリーアセンブリ200の上端の二つのコーナーがケースアセンブリ100の各コーナー支え部116に正確に安着できることにより、各端子部140、210同士の接続がさらに正確に行われるとともに、バッテリーアセンブリ200とケースアセンブリ100との結合がさらに強固に行われ得る。
【0060】
この時、前記第1位置案内突起125及び第2位置案内突起126は、単純な直線型構造ではなく、各支え部114、116の周囲がなすラウンド部位に沿ってラウンドされるように形成することにより、単に上下または左右方向のうちのいずれか一方向にのみ位置がずれることを防止するのではなく、上下及び左右方向の全方向に位置がずれることを防止することができる。
【0061】
また、図7は本考案の実施例に係る携帯端末用ケース型充電モジュールのケースアセンブリとバッテリーアセンブリを分解して示す分解図である。
【0062】
図7に示されているように、前記バッテリーアセンブリ200の背面内側部位には結合溝230がさらに設けられ、前記結合溝230には滑り防止のための滑り止め部材240がさらに備えられる。
【0063】
すなわち、前記バッテリーアセンブリ200がケースアセンブリ100に結合された状態の場合、携帯端末10の保管の際に前記バッテリーアセンブリ200の背面を下向きにして置くことを考慮すると、前記滑り止め部材240によって、該当バッテリーアセンブリ200が滑ることを防止することができるようにしたのである。
【0064】
以下、前述した本考案の実施例に係る携帯端末用ケース型充電モジュール中のケースアセンブリ100の組立過程について説明する。
【0065】
まず、ケースアセンブリ100をなすメインケース110、緩衝バンパー130、バックカバー120及びケース端子部140をそれぞれ準備する。
【0066】
その状態で前記メインケース110の前方側内部に前記緩衝バンパー130を圧入結合する。この時、前記緩衝バンパー130は、ゴム材質からなることを考慮すると、前記メインケース110内に結合される場合には、その自体の復元力によって前記メインケース110の内面に正確に密着でき、また、強制的に脱去しない限り該当位置に維持される。
【0067】
前述した緩衝バンパー130の結合が完了すると、ケース端子部140の接続コネクタ141は、前記緩衝バンパー130の底面を貫通して露出するように結合し、ポゴピンコネクタ143は、前記コネクタ支え部114の背面に密着させる。
【0068】
その後、前記緩衝バンパー130の前面にバックカバー120を結合し、これにより、前記ポゴピンコネクタ143は前記バックカバー120とメインケース110との間に位置した状態で離脱することが防止される。
【0069】
特に、前記緩衝バンパー130にバックカバー120を結合すると、前記バックカバー120は、前記緩衝バンパー130の安着溝131に圧入され、前記バックカバー120の各装着溝121、122に設けられた結合孔123には、コネクタ支え部114の前面両側及び二つのコーナー支え部116の前面に設けられた結合突起118が結合される。
【0070】
この時、前記バックカバー120の各安着溝121、122には、メインケース110のコネクタ支え部114及び二つのコーナー支え部116が収容されるように装着されるため、前記バックカバー120を前記メインケース110に結合すると、前記バックカバー120の背面の高さが前記メインケース110の背面の高さと一致する。
【0071】
前述した過程によってケースアセンブリ100が完成される。このようなケースアセンブリ100内に携帯端末10を結合させることにより、前記携帯端末10は全ての縁及び背面が外部環境(衝撃や傷など)から保護される。
【0072】
特に、バックカバー120は、透視可能な材質からなるため、携帯端末10の背面デザインが露出できる。この時、メインケース110の二つのコーナー支え部116及びコネクタ支え部114は、前記バックカバー20の背面を支えることにより、前記バックカバー120が前記メインケース110の後方に撓む場合、メインケース110から分離される問題点は未然に防止される。
【0073】
一方、前述のように作られた携帯端末用ケース型充電モジュールをケースとして使用する途中で携帯端末10の充電を行おうとする場合には、前記携帯端末10をケースアセンブリ100に装着した状態そのままバッテリーアセンブリ200を結合させる。
【0074】
すなわち、バッテリーアセンブリ200を前記ケースアセンブリ100の背面に密着させることにより、前記バッテリーアセンブリ200のバッテリー端子部210に備えられた各ポゴピン211が、コネクタ支え部114に設けられた各接続孔115を貫通してポゴピンコネクタ143に接続される。
【0075】
また、前述のようにバッテリーアセンブリ200を前記ケースアセンブリ100の背面に密着させる場合、前記バッテリーアセンブリ200及びケースアセンブリ100の第1磁力部材310及び第2磁力部材320が互いに吸着しながら前記二つのアセンブリ100、200を強固に固定する。
【0076】
特に、ケースアセンブリ100のバックカバー120に設けられた第1位置案内突起125及び第2位置案内突起126は、バッテリーアセンブリ200の前面に設けられた第1位置案内溝221及び第2位置案内溝222に凹入されることにより、二つのアセンブリ100、200は定位置に結合でき、これにより、バッテリー端子部210のポゴピン211はポゴピンコネクタ143に正確に接続できる。
【0077】
結局、本考案の携帯端末用ケース型充電モジュールは、バッテリーアセンブリ200をケースアセンブリ100から分離する場合、携帯端末の背面デザインが十分外部に見られるため、ユーザーの満足度が向上する。
【0078】
また、本考案の携帯端末用ケース型充電モジュールのケースアセンブリは、携帯端末10を外部衝撃から保護する部位、スクラッチから保護する部位、及び曲げ変形から保護する部位が一体化されて提供され、各第1磁力部材310及びコネクタ端子部140は、バックカバー120を緩衝バンパー130及びメインケース110に結合する作業のみで一緒に組み立てられ得るので、全体的な組立作業が容易である。
【0079】
特に、本考案の携帯端末用ケース型充電モジュールは、ケースアセンブリ100とバッテリーアセンブリ200の定位置案内のための各第1位置案内突起125及び第2位置案内突起126が単純な一字型の構造ではなく、各コーナー支え部116及びコネクタ支え部114の周囲に沿ってラウンドされるように形成される曲線構造をなすようにすることにより、全方向への位置ずれが防止される。
【0080】
10…携帯端末、100…ケースアセンブリ、110…メインケース、111…上部フレーム、112…側部フレーム、113…下部フレーム、114…コネクタ支え部、115…接続孔、116…コーナー支え部、117…上部支え部、118…結合突起、119…第1挿入溝、120…バックカバー、121,122…装着溝、123…結合孔、124…第2挿入溝、125…第1位置案内突起、126…第2位置案内突起、130…緩衝バンパー、131…安着溝、140…ケース端子部、141…接続コネクタ、142…回路基板、143…ポゴピンコネクタ、200…バッテリーアセンブリ、210…バッテリー端子部、211…ポゴピン、221…第1位置案内溝、222…第2位置案内溝、230…結合溝、240…滑り止め部材、310…第1磁力部材、320…第2磁力部材。

(57)【要約】

【課題】携帯端末用ケース型充電モジュールを提供する。【解決手段】携帯端末用ケース型充電モジュールは、ケースアセンブリ100及びバッテリーアセンブリ200から構成され、特に、ケースアセンブリ100は、携帯端末の背面デザインを十分露出させながらもバッテリーアセンブリ200との結合が安定的に行われるように構成される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):