(54)【考案の名称】マウスパッド

(73)【実用新案権者】圓凱科技實業股▲分▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はマウスパッドに関し、特に、商品情報を有するマウスパッドに関する。

【従来の技術】

【0002】
社会の発展に伴い、商品マーケティングの方法もたくさんあるが、多くの事業主がマーケティング方式にテクノロジーを組み合わせ、手間を軽減して効果を高めている。現代人は毎日の仕事や学習でコンピューターを使用するため、マウスに組み合わせて使用するマウスパッドはよく見受けられるコンピューター周辺設備であり、現在の業者に最もよく見られる商品マーケティング方法は、関連の商品情報をマウスパッド上にプリントし、使用者に直接見えるようにする方法である。しかしながら、このような方法は明らかに商業化された情報を間接的にマウスパッドに具備させるため、美観が損なわれ、使用したがる人が多くなく、相対して商品宣伝効果も低い。また、使用したとしてもマウスが長期的にマウスパッド上で摺動されることで生じる磨損により商品情報がはっきり見えなくなり、商品マーケティングの効果が低下する。
【0003】
以下の実施例において本考案の詳細な特徴および利点について詳細に説明する。その内容は当業者が本考案の技術内容を理解し、それに基づいて実施するに足り、かつ本明細書の開示する内容、特許請求の範囲および図面に基づき、当業者は本考案の関連の目的および利点を容易に理解できるであろう。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
本考案の主な目的は、基本用途を備えたマウスパッドに、近距離無線通信(NFC)タグの応用を通じて異なる商品情報を組み合わせ、商品マーケティングに用い、基本的なマウスパッドの機能に留まらず、マウスパッドの応用をより多元的にすることができる、マウスパッドを提供することにある。

(57)【要約】

【課題】基本的なマウスパッドの用途のほか、近距離無線通信(NFC)タグを運用して各種異なる商品情報を書込み、商品マーケティングに用いることができる、マウスパッドを提供する。【解決手段】マウスパッド1は、主に、マウスパッド本体と近距離無線通信(NFC)タグ12と、上層構造体を含み、そのうち、近距離無線通信(NFC)タグがマウスパッド本体表面に設置され、近距離無線通信(NFC)タグ表面上に上層構造体が設置され、近距離無線通信(NFC)タグを被覆し、近距離無線通信(NFC)タグに商品情報、商品ウェブアドレスまたは関連商品サービス情報を書き込むことができるため、使用者はスマート携帯端末中のNFC読取り機能を通じて近距離無線通信(NFC)タグを読取り、これによりスマート携帯端末に近距離無線通信(NFC)タグ中の商品情報を表示させ、かつ商品に適合する関連ウェブページに直接リンクすることができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):