(54)【考案の名称】折り畳み傘

(73)【実用新案権者】浙江天合雨具▲設▼▲計▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は折り畳み傘の技術分野に属し、特に、美しくて構造の安定した折り畳み傘に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来の折りたたみ雨傘または折りたたみ日傘は、その伸縮可能な傘中棒がサポート作用を果たしている。普通の傘中棒は円柱型構造が採用され、円柱型の上棒体、中棒体と下棒体で構成され、上棒体が細く、下棒体が太く、雨水が各棒体に入り易く、傘中棒が極めて腐食され易く、耐用寿命が短縮されてしまう。また、円柱形の上棒体、中棒体と下棒体からなる傘中棒は構造が安定せず、揺れ易い。従来の折りたたみ雨傘または折りたたみ日傘はしまわれると、円柱形を呈しており、新しい味わいに欠け、審美疲労を起こしている。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
本考案の目的は、従来技術の問題を解決するため、外観が斬新で、美しくて構造の安定した折り畳み傘を提供することである。

(57)【要約】

【課題】美しくて構造が安定し、外観が斬新である折り畳み傘を提供する。【解決手段】傘中棒1、傘ハンドル2、傘生地3、傘骨、傘上ろくろ4と可動ろくろ5を含み、上棒体101、中棒体102と下棒体103で伸縮可能な傘中棒を形成し、傘ハンドルの断面形状は三角形で、可動ろくろはろくろ本体を含み、ろくろ本体の断面形状は三角形であり、ろくろ本体の三つの側面にそれぞれろくろ周り部が設置され、ろくろ本体の上端にストッパーパイプが設置され、傘上ろくろはろくろ本体を含み、ろくろ本体の断面形状は三角形で、ろくろ本体の下端に三角接続柱が設置され、ろくろ本体の上端に固定用ボルトが設置され、ろくろ本体の三つの側面にろくろ周り部が設置され、傘上ろくろのろくろ周り部と可動ろくろのろくろ周り部に傘骨が接続され、傘上ろくろの固定用ボルトに傘生地を固定する三角形傘キャップが取り付けられる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):