(54)【考案の名称】パテベラ

(73)【実用新案権者】株式会社源邑光北野刃物製作所

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、壁面等の工事の際、欠損部、溝、目地等を埋めるパテを撫でつけるためのパテベラで従来の幅広のパテベラより、狭い箇所の作業に適すように幅の小さいパテ板を握持部の両先端に設けたパテベラに関するものである。
【背景の技術】
【0002】
内装の細かい施工では幅広のパテベラでは使い勝手が悪く、そのため数本の幅の小さいパテベラを用意する作業者が大半である。
【0003】
【特許文献】実用新案登録第3151825号公報

【考案を解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、上記の従来技術によると、内装の細かい施工では幅広のパテベラでは使い勝手が悪く、そのため数本の幅の小さいパテベラを用意する作業者も居るが、幅の異なる小さいパテベラを数本も作業現場に持ち込む事は手間であり、更には紛失の恐れもあった。
【0005】
従って、狭い箇所の作業に適すように幅の異なる小さいパテ板を握持部の両先端に設けたパテベラを提供して欠点を解決しようとするものである。

【効果】

【0007】
上述の様に、内装の狭い箇所の作業に適すように数本の幅の小さいパテベラを用意する作業者も居る
【0008】
しかも内装の狭い施工では、幅の異なる小さいパテベラを数本も作業現場に持ち込む事は手間であり、更には紛失の恐れもあったが、本考案のパテベラは、握持部の両端部に各々の形状が異なるパテ板を固着し、パテ板の一方は平面で見て幅広状で他方は幅狭状とすることにより、一本のパテベラで狭い施工現場にも対処でき、かさばらず、そして紛失の恐れも少ない。
【0009】
さらに、従来の数本の幅の小さいパテベラは、作業中に適したパテベラを選別する手間がかかるが、本考案のパテベラは即時に選別できるので作業効率が良い。

(57)【要約】

【課題】狭い箇所の作業に適すように幅の小さいパテ板を設けたパテベラを提供する。【解決手段】略長方形の握持部1とパテ板2,3で構成されたパテベラに於いて、握持部1の両端部に各々の形状が異なるパテ板2,3を固着し、パテ板2,3の一方は平面で見て幅広状で他方は幅狭状に形成したものである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):