(54)【考案の名称】基板の分断装置

(73)【実用新案権者】株式会社シライテック

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、有機EL基板を製品サイズに分断する装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来からの液晶基板(パネル)は、二枚のガラス基板を貼り合わせて形成してある。
このような液晶基板を製品サイズに分断(分割)するにはA面のガラス板にカッタにより切断線をスクライブし、またB面のガラス板にカッタにより切断線をスクライブする。
【0003】
上記のスクライブした切断線は、それぞれ順次折割処理されるようになっている(例えば、特許文献1参照)。
【0004】

【効果】

【0009】
以上のように、この考案の基板の分断装置によれば、供給された基板の直上に第1走行体を後退停止したのち、昇降手段により第1ステージを降下させて、この第1ステージの下面に基板を荷受けし、かつ吸引保持したのち、前方に第1ステージと共に基板を走行させる。
【0010】
このとき、第2走行体の並列カッタによって基板の下側ガラスをスクライブし、このスクライブは、第1ステージの往復走行と、旋回手段による第1ステージの90°旋回にともない下側ガラスに矩形の切断線をスクライブする(異形の切断線もスクライブすることができる)。
【0011】
このスクライブずみ基板の保持第1テーブルが前進停止すると、この直下に後退停止している第2テーブルの上に昇降手段により第1テーブルを降下させて、第2テーブル上に基板を荷受けすると共に、吸引保持する。
【0012】
その後に、第2ステージを前方に基板と共に走行させ、この走行途中に第4走行体の並列レーザによって基板の上側フィルムを切断し、この切断は、第2ステージの往復走行と、旋回手段による第2ステージの90°旋回にともない上側フィルムを矩形に切断する(異形の切断線も入れることができる)。
【0013】
このため、一本のライン上でガラスのスクライブと、フィルムの切断とが極めて能率よく、かつスムーズに行うことができると共に、上下に第1ステージ、第2ステージを配置することで、基板を無反転でガラスのスクライブとフィルムの切断ができる特有の効果がある。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】この考案の実施形態を示す側面図である。
【図2】同上の要部を示す平面図である。
【図3】同一部切欠拡大正面図である。
【図4】カッタによるスクライブの部分を示す拡大側面図である。
【図5】レーザによる切断部分を示す拡大側面図である。
【図6】基板を矩形に分断する一部切欠平面図である。
【図7】基板を異形に分断する一部切欠平面図である。

【0015】
次に、この考案の実施の形態を添付図面に基づいて説明する。
図1から図5に示すように、前後方向のガイド手段Aにより走行ガイドすると共に、第1走行手段Bにより第1走行体Cが往復走行するようになっている。
【0016】
上記の第1走行体Cを往復走行させるガイド手段A及び第1走行手段Bは、図1に示すように、両端が前後方向に向く水平材1と、この水平材1の両側縁全長に設けたレール2とで構成され、第1走行体Cの上縁両側縁のスライダ3をレール2にスライド自在に係合して、第1走行体Cが前後方向にスライドするようになっているが、限定されず、その他の構成を採用することもある。
【0017】
そして、第1走行体Cの走行第1走行手段Bは、図示の場合、水平材1の両端に両端を軸承した雄ネジ4を可逆駆動するモーター5と、第1走行体Cに取り付けて雄ネジ4にねじ込んだ雌ネジ6とで構成され、モーター5の運転により第1走行体Cが往復走行するようにしたが、限定されず、例えばリニアモーターを用いて第1走行体Cを往復走行させることもある。
【0018】
また、第1走行体Cの下面側には、モーターなどの旋回手段7により90°旋回し、シリンダなどの昇降手段8により昇降すると共に、下面に基板Xを保持する吸引保持機能9を有する第1ステージDが設けてある。
【0019】
上記の第1ステージDは、図示の場合、扁平な中空ボックス10を用い、この中空ボックス10内を吸引することで、中空ボックス10の底壁に設けてある吸引保持機能9としての無数の小孔により中空ボックス10の底壁の下面に基板Xを吸引保持するようになっている。
【0020】
なお、有機EL基板Xは、図6、図7に示すように、下側にガラス板Yを、このガラス板Yの上側に多層のフィルムZを積層して構成されている。
【0021】
上記のように構成すると、図1に示すように、コンベヤ11により搬入された基板Xが停止すると、昇降手段8により第1ステージDが降下し、次いで中空ボックス10を(中空ボックス10内へ接続してある吸引ホースを介し)吸引することで、第1ステージDの中空ボックス10の下面に吸引保持されて、基板Xを荷受けすることができる。
【0022】
さらに、第1ステージDの走行路の下側には、第1ステージDに吸引保持された基板Xを構成するガラス板Yの下面をスクライブするカッタEが設けてある。
【0023】
このカッタEは、図1、2、4に示すように、第1ステージDの進退方向を横切る座材12上の両側(左右方向)にガイド手段A'としてレール13を設けて、このレール13にベース14の下面両側のスライダ15をスライド自在に係合すると共に、座材12上の両端に第2走行手段B'としての両端を軸承した雄ネジ16に第2走行体C'としてベース14の下面に設けてある雌ネジ17をねじ込み、雄ネジ16の一端に接続してあるモーター18を運転して、雄ネジ16を可逆駆動することで、左右方向に第2走行体C'のベース14が進退走行する。
【0024】
勿論、ベース14の進退の方式を上記した構成に限定されることなく、例えばリニアモーターで行うこともある。
【0025】
そして、ベース14の前方側縁に座台12に並行するレール19を設けて、このレール19にスクライブ数に応じた点在的な配置の各スライド台20のスライダ21をスライド自在に係合し、この各スライド台20に縦方向のレールと、このレールにスライド自在に係合したスライダとからなる縦ガイド22により上下方向に昇降手段23としての例えばシリンダにより昇降するベース24上にホイール状のカッタEが設けてある。
【0026】
すると、第1ステージDの前方への走行にともない基板Xのガラス板Yの下面にカッタEにより矩形一方向の切断線60がスクライブされる。
【0027】
当然、旋回手段7により第1ステージDを90°旋回させたのち、第1ステージDを走行させることで、前の矩形一方向の切断線60に(直角に)交差する矩形他方向の切断線60をカッタEによりスクライブして、図6に示すような製品サイズに分断するための矩形の切断線60をスクライブすることができる。
【0028】
勿論、この切断線60の区画内に、数値制御による第1ステージD及びカッタEを走行することで、図7に示すように異形の切断線61をスクライブすることができる。
【0029】
なお、各カッタEを有するベース24の並列位置は、スクライブする矩形切断線60に応じて並列位置が調整(変更)できるようになっている。
【0030】
上記の調整は、カッタEを有する各スライド台20を人手でスライドして位置を割り振りする以外に、ボールネジをドライブし、或いはリニアモーターで所定の位置にスライドさせる(例えば、図4のレール19とスライダ21との間にリニアモーターを設ける)方式や、例えば前記の特許文献1(特許第3969992号公報)の段落[0028]に記載の方式を採用する。
【0031】
図4に示すように、ベース24上に設けてあるカメラPによって、基板Xに設けてある印を読み取ってこの読み取りにともない旋回手段7で第1ステージDを旋回させてアライメントする。
【0032】
また、第1ステージDの前進停止位置の直下と前方との間で前後方向のガイド手段A''により走行ガイドされると共に、第3走行手段B''により往復走行する第3走行体C''が設けてある。
【0033】
上記のガイド手段Aは、第1走行体Cのガイド手段Aと同様につき、上記の第3走行体C''の第3走行手段B''は、第1走行体Cの第1走行手段Bと同様につき詳細な構成の説明を省略する。
【0034】
さらに、第3走行体C''の上面側に旋回手段7としてのモーターの運転により90°旋回すると共に、上面に第1ステージDの基板Xを荷受け保持する吸引保持機能を有する第2ステージHが設けてある。
【0035】
上記の第2ステージHは、第1ステージDと同様の内部を吸引する中空ボックス10が用いられ、この第2ステージHの吸引保持機能9は、中空ボックス10の下面に無数の小孔を設けて形成する。
【0036】
すると、カッタEでスクライブされた基板Xを第1ステージDで搬出したのち、その下に待機している第2ステージHの上に昇降手段8の降下作用により基板Xを荷渡しすると共に、吸引保持機能により第2ステージH上に基板Aを保持する。
【0037】
また、第2ステージHの走行路の上側には、左右方向のガイド手段A''により走行ガイドすると共に、第4走行手段B'''により往復走行する第4走行体C'''が設けてある。
【0038】
上記の第4走行体C'''のガイド手段A''による走行方式、第4走行体C'''の第4走行手段B'''による走行方式は、カッタE側と同様につき詳細な説明を省略する。
【0039】
そして、第4走行体C'''には、基板Xの上方からフィルムZを上からの照射にともない(X方向、Y方向、そして異形方向に)切断するレーザKを設けておく。
【0040】
このレーザKの配置、すなわち、並列ベース24に据え付ける構成、並列ベース24の位置変更できる構成、昇降手段23によるレーザKの昇降、レーザKの位置調整のためのベース24を左右方向にスライドさせる方式(図5に示す)は、前述のカッタEと同様(図4参照)につき詳細な説明を省略する。
【0041】
すると、カッタEでスクライブされた基板Xを昇降手段8により第1ステージDを降下させて第2ステージH上に荷受けすると共に、吸引保持機能9により第2ステージH上に基板Xを保持したのち、第2ステージHを前方に走行させる。
【0042】
このとき、第3走行手段B''によりベース14と共にレーザKを走行させて、フィルムZをレーザKにより上方から照射して切断する。
【0043】
勿論、レーザKによる切断は、カッタEによる方式と同様に、すなわち、ベース、カッタEの左右方向の走行、旋回手段7による第2ステージHの90°旋回で矩形に切断する以外に、前述と同様に数値制御によるレーザKを移動させながら異形にフィルムZを切断することもできる。
【0044】
なお、第4走行体C'''側にカメラPを搭載して、カメラPにより基板Xのアライメントマークを読み取り、読み取りにともない第2ステージHを旋回してアライメントする。
【0045】
また、カッタEで異形切断線をスクライブする際、カッタを異形切断線のスクライブ方向に首振りするよう、首振り回動させる。
図中63はレーザKによるフィルムZに設けた切断線である。
【0046】
なお、この考案の実施例では、フィルムを上側に、下側にガラス板の基板を処理するようにしたが、上側にガラス板を、下側にフィルムの存在する基板を処理することもあり(このとき、上側のカッタと下側のレーザを逆に配置する)、また、ガラス板をレーザで切断処理することができるので、カッタに代えてレーザを用いることもできる。
【0047】
A、A'、A'' ガイド手段
B 第1走行手段
B' 第2走行手段
B'' 第3走行手段
C 第1走行手段
C' 第2走行手段
C'' 第3走行手段
C''' 第4走行手段
D 第1ステージ
E カッタ
H 第2ステージ
K レーザ
X 基板
Y ガラス板
Z フィルム
1 水平材
2 レール
3 スライダ
4 雄ネジ
5 モーター
6 雌ネジ
7 旋回手段
8 昇降手段
9 吸引保持機能
10 中空ボックス
11 コンベヤ
12 座材
13 レール
14 ベース
15 スライダ
16 雄ネジ
17 雌ネジ
18 モーター
19 レール
20 スライド台
21 スライダ
22 縦ガイド
23 昇降手段
24 ベース
60 切断線
61 異形切断線

(57)【要約】

【課題】有機EL基板をカッタとレーザで効率よく切断する装置を提供する。【解決手段】往復走行する第1走行体Cと、第1走行体Cの下面側で昇降・旋回自在で下面で基板Xを保持する第1ステージDと、第1ステージDの走行路の下側で左右方向に往復走行する第2走行体C'と、第2走行体C'に設けた昇降自在で基板Xの下側ガラス板をスクライブするカッタEと、第1ステージDの前進停止位置の前方で前後方向に往復走行する第3走行体C''と、第3走行体C''の上面側に旋回自在で上面に第1ステージDの基板Xを荷受け保持する第2ステージHと、第2ステージHの走行路の上側に左右方向に往復走行する第4走行体C'''と、第4走行体C'''に昇降自在で基板Xの上側フィルムを上面側から切断するレーザKとからなる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):