(54)【考案の名称】光学文字認識視覚に基づく認識システム

(73)【実用新案権者】ベイジン ジュンタイイノベーション テクノロジー カンパニー,リミティッド

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は電子制御技術分野に関するがそれに制限されなく、特に光学文字認識OCR視覚に基づく認識システムに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来の加工対象物の認識記録方式は、人工的にマークを付けて記録することであるが、大量の人工記録過程が存在するため、ミス率は高い。上記問題を解決するために、関連技術では加工対象物にバーコード又は二次元コードを貼り付け、それから職員はスキャナーで加工対象物の情報入力を行う。しかし、このような方式には依然として大量の人工操作が存在し、自動化程度が低く、情報入力の正確率を確保できない。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
以下は、本明細書に記載されるテーマに対する概要である。本概要は実用新案登録請求の範囲の保護範囲を限定するものではない。
【0004】
本考案はOCR視覚に基づく認識システムを提供し、自動化程度と情報入力の正確率を向上させることができる。

【効果】

【0017】
本考案によるOCR視覚に基づく認識システムでは、ポジションセンサがトリガーされるまで加工対象物を搬送し、前記ポジションセンサがトリガーされる場合、OCR視覚システムはアイデンティティコードが設置される加工対象物の画像を採集してコードを認識し、それにより、認識したアイデンティティコードを自動的にホストコンピュータシステムに送信することができ、ホストコンピュータシステムはアイデンティティコードを受信した後に、前記加工対象物の搬送を再開するように制御し、情報の自動化入力及び自動化生産を実現し、情報入力の正確率及び生産効率の向上に寄与する。
【0018】
本考案によるOCR視覚に基づく認識システムは、前記ホストコンピュータシステムに接続され、加工対象物にアイデンティティコードを刻印するように設定されるコード刻印装置を更に備えてもよい。ホストコンピュータシステムは、各々の加工対象物に唯一のアイデンティティコードを生成して、前記コード刻印装置に送信し、前記コード刻印装置は加工対象物に対応のアイデンティティコードを刻印し、それにより、加工対象物のアイデンティティコードの生成、認識及び入力は完全な自動化システムにおいて完成し、情報入力の正確率及び生産効率を向上させる。
【0019】
本考案によるOCR視覚に基づく認識システムでは、前記コード刻印装置は記録装置であってもよく、前記アイデンティティコードは加工対象物に記録される文字コードであってもよい。太陽エネルギー生産ライン等にとって、常に加工対象物の表面に誘電体膜又は金属膜等といった薄膜を蒸着する必要があるため、通常の二次元コードのラベルは被覆されて認識されることができないことに対して、本考案のアイデンティティコードは加工対象物に記録される文字コードであってもよく、文字コードに金属膜を蒸着しても、その文字コードを鮮明に認識できる。
【0020】
本考案によるOCR視覚に基づく認識システムでは、前記文字コードは自動化ラインの側辺に近い加工対象物の両側、又は加工対象物の2つの対角に位置できる。これにより、加工対象物の自動化ラインでの逆設置による文字コードの画像の取得不能の場合の発生を防止でき、且つ自動化ラインの一側のみにOCR視覚システムを設置してもよい。
【0021】
本考案によるOCR視覚に基づく認識システムでは、OCR視覚システムにより同一の加工対象物、例えば載置板及び/又はモジュールを複数回撮影して、正確的な文字コードを取得することができる。
【0022】
本考案によるOCR視覚に基づく認識システムは、前記ホストコンピュータシステムに接続される警報器を更に備えてもよく、前記ホストコンピュータシステムは更に、前記ポジションセンサがトリガーされ、且つアイデンティティコードを受信していない場合、警報を行うように前記警報器を制御するように設定されてもよい。これにより、生産ラインの異常をタイムリーに発見して警報を行うことができる。
【0023】
図面及び詳細の説明を読んで理解した後、他の方面を理解できる。
【図面の簡単な説明】
【0024】
【図1】図1は本考案によるOCR視覚に基づく認識システムの一実施例の構造模式図である。
【図2】図2は本考案によるOCR視覚に基づく認識システムの一実施例のレイアウト模式図である。

【0025】
図面において、
1、自動化ライン 2、ポジションセンサ
3、OCR視覚システム 4、ホストコンピュータシステム
5、自動化ラインのコントローラ 6、加工対象物
7、コード刻印装置 8、警報器
【0026】
以下、図面及び実施例を参照しながら、本考案による手段を更に詳しく説明する。ここで記載の具体的な実施例は本考案による手段を解釈するためのものであり、本考案の保護範囲を制限しない。
【0027】
図1に示すように、図1は本考案の一実施例によるOCR視覚に基づく認識システムの構造模式図であり、図2に示すように、図2は本考案の一実施例によるOCR視覚に基づく認識システムのレイアウト模式図である。
【0028】
一実施例において、OCR視覚に基づく認識システムは、
ポジションセンサ2、OCR視覚システム3、及び制御システムを備えてもよく、
前記ポジションセンサ2は、加工対象物6を検出した場合にトリガーされるように設定され、
前記OCR視覚システム3は、前記ポジションセンサ2がトリガーされる場合、前記加工対象物6の画像を採集して、前記加工対象物6に設置されるアイデンティティコードを認識して、認識したアイデンティティコードを前記制御システムに送信するように設定され、
前記制御システムは、前記ポジションセンサ2がトリガーされる場合、前記加工対象物6の搬送を一時停止するように制御し、前記アイデンティティコードを受信した後に前記加工対象物6の搬送を再開するように制御するように設定される。
【0029】
本実施例において、加工対象物6にはアイデンティティコードが設置され、前記加工対象物6が前記ポジションセンサ2をトリガーする場合、前記OCR視覚システム3の視角はアイデンティティコードの位置をカバーすることができる。
【0030】
OCR視覚(Vision)はOCR技術を採用する視覚検出技術又は視覚認識技術等であってもよい。
【0031】
ポジションセンサは位置センサとも称されてもよく、接触型と非接触型に分けられる。
【0032】
加工対象物は一定の位置に到達する場合、ポジションセンサに検知され、即ち、ポジションセンサをトリガーし、或いは、ポジションセンサはトリガー信号を送信するようにする。
【0033】
前記OCR視覚に基づく認識システムは、
前記加工対象物6を搬送するように設定される自動化ライン1、を更に備えてもよく、
前記ポジションセンサ2は前記自動化ライン1に設置されるとともに、前記加工対象物6の搬送が通る経路に位置する。
【0034】
前記制御システムは、ホストコンピュータシステム4と自動化ラインのコントローラ5とを備えてもよく、
前記自動化ラインのコントローラ5は、前記ポジションセンサ2がトリガーされる場合、前記加工対象物6の搬送を一時停止するように前記自動化ライン1を制御し、前記ホストコンピュータシステム4が前記OCR視覚システム3の送信したアイデンティティコードを受信した後に、前記加工対象物6の搬送を再開するように前記自動化ライン1を制御するように設定される。
【0035】
即ち、前記自動化ラインのコントローラ5は、前記自動化ライン1による前記加工対象物6の搬送を制御でき、前記自動化ラインのコントローラ5と前記OCR視覚システム3は前記ホストコンピュータシステム4にそれぞれ接続されることができ、前記自動化ラインのコントローラ5は更に前記OCR視覚システム3と前記ポジションセンサ2にそれぞれ接続されることができる。
【0036】
一実施例において、OCR視覚に基づく認識システムは、自動化ライン1、ポジションセンサ2、OCR視覚システム3、及びホストコンピュータシステム4を備えてもよく、前記自動化ラインのコントローラ5と前記OCR視覚システム3は前記ホストコンピュータシステム4にそれぞれ接続され、前記自動化ラインのコントローラ5は更に前記OCR視覚システム3と前記ポジションセンサ2にそれぞれ接続され、加工対象物6にはアイデンティティコードが設置され、前記加工対象物6が前記ポジションセンサ2をトリガーする場合、前記OCR視覚システム3の視角はアイデンティティコードの位置をカバーする。
【0037】
前記ポジションセンサ2がトリガーされるまで前記自動化ライン1は前記加工対象物6を搬送し、前記ポジションセンサ2がトリガーされる場合、前記OCR視覚システム3は画像を採集してコードを認識し、それから認識したアイデンティティコードを前記ホストコンピュータシステム4に送信し、前記ホストコンピュータシステム4はアイデンティティコードを受信した後に、前記加工対象物6の搬送を再開するように前記自動化ライン1を制御する。
【0038】
前記アイデンティティコードはバーコード、二次元コード、文字コード等であってもよい。該アイデンティティコードは、ラベル貼り、謄写、レーザー印刷又は刻印等の形式で前記加工対象物6に設置されてもよい。
【0039】
前記加工対象物6は載置板、モジュール等の半製品であってもよく、ソーラーパネルの製品であってもよく、ここで制限しない。
【0040】
前記自動化ライン1は搬送装置等を備えてもよく、前記自動化ラインのコントローラ5は前記ホストコンピュータシステム4のコマンドに基づいて、加工対象物6を搬送するかどうかについて前記搬送装置を制御することができる。前記ホストコンピュータシステム4はホストコンピュータにインストールされるシステム、例えば製造実行システムMES、倉庫管理システム等であってもよい。ホストコンピュータとは、直接に操作コマンドを発送できるコンピュータを指してもよい。
【0041】
前記OCR視覚システム3はカメラとプロセッサとを備えてもよく、前記プロセッサは前記カメラと前記ホストコンピュータシステム4にそれぞれ接続され、前記カメラは採集した画像を前記プロセッサに送信し、前記プロセッサは画像からアイデンティティコードを認識した後に、前記ホストコンピュータシステム4に送信する。アイデンティティコードの認識正確率を向上させるために、前記OCR視覚システム3は、前記プロセッサに接続され、アイデンティティコードを記憶するように設定される記憶装置を更に備えてもよく、前記カメラは同一の加工対象物6を複数回撮影して前記プロセッサに送信し、前記プロセッサは認識した複数のアイデンティティコードを前記記憶装置にそれぞれ記憶して、記憶した複数のアイデンティティコードをパッケージングして前記ホストコンピュータシステム4に送信し、前記ホストコンピュータシステム4は複数のアイデンティティコードを受信した後に比較して、正確的な識別コードを取得する。OCR視覚システム3による複数回の認識結果を比較することにより、正確的なアイデンティティコードの取得に寄与する。
【0042】
前記OCR視覚システム3及び/又は前記自動化ラインのコントローラ5は、バス等の通信方式によりホストコンピュータシステム4に接続されることができる。撮影に寄与するために、前記OCR視覚システム3は前記自動化ライン1の周囲又は上方に設置されてもよい。一つの例示的な実施例において、前記OCR視覚システム3はイーサネット(登録商標)、シリアルポート、PROFIBUS又はCC-Link等の通信方式により、ホストコンピュータシステム4とデータ通信を行う。これにより、加工対象物6のアイデンティティコードを利用してホストコンピュータシステム4と情報通信を行って、加工対象物6の状態情報に対するリアルタイムの追跡を実現できる。加工対象物6が前記ポジションセンサ2をトリガーするまで加工対象物6は自動化ライン1で搬送される場合、自動化ライン1は搬送を停止し、また、ポジションセンサ2が加工対象物6にトリガーされる場合、OCR視覚システム3は撮影し始め、コードを認識する。
【0043】
他の実施例において、前記OCR視覚に基づく認識システムは、前記ホストコンピュータシステム4に接続され、加工対象物6にアイデンティティコードを刻印するように設定されるコード刻印装置7を更に備えてもよく、前記ホストコンピュータシステム4は各々の加工対象物6に唯一のアイデンティティコードを生成して、前記コード刻印装置7に送信し、前記コード刻印装置7は加工対象物6に対応のアイデンティティコードを刻印する。
【0044】
前記コード刻印装置7は記録装置であってもよく、前記アイデンティティコードは加工対象物6に記録される文字コードであってもよい。バーコードは一般的に貼り付け方式を採用し、或いはバーコード又は二次元コードはレーザー印刷プロセスにより加工対象物6に形成されてもよく、該方式によれば表面刻印は加工対象物6において浅いが、太陽電池の生産製造過程において、載置板又はモジュール等の加工対象物に対して金属コーディング等のプロセスを行う必要があり、コーディングプロセスはバーコード又は二次元コードを被覆するため、後期に認識できなく、これに対して、加工対象物6に刻印された文字コードはコーディングプロセスの後においても鮮明に認識できる。前記文字コードは自動化ライン1の側辺に近い加工対象物6の両側、又は加工対象物6の2つの対角に位置する。前記OCR視覚システム3は前記自動化ライン1の一側に位置し、このように文字コードを設置すれば、載置板等の加工対象物の搬送方向を考慮する必要がなく、OCR視覚システム3を生産装置又は自動化ラインの一側に取り付けるだけで、加工対象物の文字コードの取得を確保できる。前記ポジションセンサ2は接触型ポジションセンサ又は非接触型ポジションセンサであってもよい。該ポジションセンサ2は直接に前記OCR視覚システム3に接続されて、前記OCR視覚システム3にポジション信号を送信してもよく、ポジション信号を前記自動化ラインのコントローラ5に送信し、それから自動化ラインのコントローラ5は撮影認識を行うように前記OCR視覚システム3を制御してもよく、ここで制限しない。
【0045】
他の実施例において、前記OCR視覚に基づく認識システムは、前記ホストコンピュータシステム4に接続される警報器8を更に備えてもよく、前記ホストコンピュータシステム4は、前記ポジションセンサ2がトリガーされ、且つアイデンティティコードを受信していない場合、警報を行うように前記警報器8を制御するように設定される。例えば、前記警報器8は、ランプ、スピーカー及びブザーのうちのいずれか1つ又は複数のものを含む。
【産業上の利用可能性】
【0046】
本考案の一実施例によるOCR視覚に基づく認識システムは、ポジションセンサ、OCR視覚システム、及び制御システムを備え、前記ポジションセンサは、加工対象物を検出した場合にトリガーされるように設定され、前記OCR視覚システムは、前記ポジションセンサがトリガーされる場合、前記加工対象物の画像を採集して、前記加工対象物に設置されるアイデンティティコードを認識して、認識したアイデンティティコードを前記制御システムに送信するように設定され、前記制御システムは、前記ポジションセンサがトリガーされる場合、前記加工対象物の搬送を一時停止するように制御し、前記アイデンティティコードを受信した後に前記加工対象物の搬送を再開するように制御するように設定され、情報の自動化入力及び自動化生産を実現でき、情報入力の正確率及び生産効率の向上に寄与する。
【0047】
本考案の一実施例によるOCR視覚に基づく認識システムは、自動化ライン1、ポジションセンサ2、OCR視覚システム3、及びホストコンピュータシステム4を備え、前記自動化ラインのコントローラ5と前記OCR視覚システム3は前記ホストコンピュータシステム4にそれぞれ接続され、前記自動化ラインのコントローラ5は更に前記OCR視覚システム3と前記ポジションセンサ2にそれぞれ接続され、加工対象物6にはアイデンティティコードが設置され、前記加工対象物6が前記ポジションセンサ2をトリガーする場合、前記OCR視覚システム3の視角はアイデンティティコードの位置をカバーする。前記ポジションセンサ2がトリガーされるまで前記自動化ライン1は前記加工対象物6を搬送し、前記ポジションセンサ2がトリガーされる場合、前記OCR視覚システム3は画像を採集してコードを認識するため、認識したアイデンティティコードを自動的に前記ホストコンピュータシステム4に送信することができ、前記ホストコンピュータシステム4はアイデンティティコードを受信した後に、前記加工対象物6を搬送するように前記自動化ライン1を制御し、情報の自動化入力及び自動化生産を実現し、情報入力の正確率及び生産効率の向上に寄与する。
【0048】
本考案による手段は上記実施例を参照しながら説明されたが、本考案は上記実施例に制限されなく、請求項のみに限定される。当業者は上記実施例を容易に修正・変更することができるが、本考案の実質的な考案と範囲を逸らさない。

(57)【要約】

【課題】自動化程度と情報入力の正確率を向上させることができる光学文字認識OCR視覚に基づく認識システムを提供する。【解決手段】ポジションセンサ2、OCR視覚システム3、及び制御システムを備え、ポジションセンサ2は、加工対象物を検出した場合にトリガーされるように設定され、OCR視覚システム3は、ポジションセンサ2がトリガーされる場合、加工対象物の画像を採集して、加工対象物に設置されるアイデンティティコードを認識して、認識したアイデンティティコードを制御システムに送信するように設定され、制御システムは、ポジションセンサ2がトリガーされる場合、加工対象物の搬送を一時停止するように制御し、アイデンティティコードを受信した後に加工対象物の搬送を再開するように制御するように設定される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):