(54)【考案の名称】自立式ノートカバー及びダイアリー

(73)【実用新案権者】株式会社レイメイ藤井

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ノートカバーに係り、特に、ブックスタンドのようにノート又はダイアリーを立てて使用することができる自立式ノートカバー及びダイアリーに関する。

【従来の技術】

【0002】
[先行技術の説明]
従来のブックカバー又はノートカバーには、立てて使用できる構成のものがあった。
[関連技術]
尚、関連する先行技術文献として、特開2014−128897号公報「ノートブックカバー」(特許文献1)、実用新案登録第3194313号公報「ブックカバー」(特許文献2)がある。
【0003】
特許文献1には、ノートカバーの背部に形成された折り返し部を「へ」の字状に開いて立てることができる構成が示されている。
しかしながら、特許文献1では、折り返し部の接触部分が点であるために、自立させることはできるものの、安定したものではなく、自立させた状態でノートに書き込むのには適していないものである。
【0004】
特許文献2には、表(おもて)表紙が透明で写真等を収容できる収容層が設けられ、支持部で表表紙と裏表紙を連結することでブックカバーを立てることができる構成が示されている。
しかしながら、特許文献2では、垂直に自立させるものであるため、自立させた状態でノートに書き込むのが困難となっていた。
【0005】

【効果】

【0013】
本考案によれば、本体の底辺に当該本体の外側面を支えて自立させる自立支持部を折り曲げ可能に接続し、自立支持部が、底辺に並行に複数の折り曲げ可能な接続部を有するノートカバーとしているので、ノートカバーの本体を自立させてノートを見易くできると共に、ノートカバーを机の上で立たせてノートに安定して書き込むことができ、また、外側面に自立支持部を平面として接触させれば、通常のノートカバーとして容易に閉じたり開いたりして使用できる効果がある。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】自立させた本ノートカバーの本体内側面の概略図である。
【図2】自立させた本ノートカバーの本体外側面の概略図である。
【図3】本ノートカバーの本体内側面と自立支持部を示す平面概略図である。
【図4】本ノートカバーの本体外側面と自立支持部を示す平面概略図である。
【図5】本ノートカバーの本体外側面に自立支持部を接触させる途中の概略図である。
【図6】本ノートカバーの閉じた状態を示す図である。
【図7】本ノートカバーの自立方法を示す図である。
【図8】本ノートカバーを自立させノートを設置した概略図である。

【0015】
本考案の実施の形態について図面を参照しながら説明する。
[実施の形態の概要]
本考案の実施の形態に係る自立式ノートカバー(本ノートカバー)は、本体の外側面を二重にして底辺部分で折り曲げ可能に接続し、最も外側の面を自立支持部として横方向に三段階に折り曲げ可能として底辺部分で三角柱の形状を形成して、ノートカバーの本体を自立させるものとしているので、ノートカバーの本体を自立させてノートを見易くすると共に、ノートカバーを机の上で立たせてノートに安定して書き込むことができ、また、外側面に自立支持部を平面として接触させれば、通常のノートカバーとして容易に閉じたり開いたりして使用できるものである。
【0016】
[本ノートカバー:図1,2]
本ノートカバーについて図1,2を参照しながら説明する。図1は、自立させた本ノートカバーの本体内側面の概略図であり、図2は、自立させた本ノートカバーの本体外側面の概略図である。
本ノートカバーは、図1,2に示すように、本体10の内側面11、外側面12と、自立支持部13とを備えている。
【0017】
[内側面11]
本ノートカバーの内側面11は、中央の谷折りになる折り曲げ部11cと、その折り曲げ部11cの右側に形成される右内側面11aと、折り曲げ部11cの左側に形成される左内側面11bとを備えている。
尚、右内側面11aの端部にはペン保持部11gが設けられている。
【0018】
[外側面12]
外側面12は、中央の山折りになる折り曲げ部12cと、その折り曲げ部12cの左側に形成される左外側面12aと、折り曲げ部12cの右側に形成される右外側面12bとを備えている。
左外側面12aと右内側面11aとが表裏をなしており、右外側面12bと左内側面11bとが表裏をなしており、折り曲げ部12cと折り曲げ部11cとが表裏をなしている。
【0019】
左外側面12aと右内側面11aとの間に厚紙等の芯材を挿入している。同様に、右外側面12bと左内側面11bとの間に厚紙等の芯材を挿入してもよい。
尚、自立支持部13の詳細は、後述する。
【0020】
[本体内側面11と自立支持部13:図3]
次に、本ノートカバーの本体内側面11と自立支持部13について図3を参照しながら説明する。図3は、本ノートカバーの本体内側面と自立支持部を示す平面概略図である。
本体10の内側面11は、図3に示すように、折り曲げ部11cを中心に右内側面11aと左内側面11bが一体に形成されている。
【0021】
右内側面11aには、ノートの表紙を差し込む差込口11dが設けられ、更に端辺の角部にノートのページを差し込む三角コーナー11fが設けられている。
左内側面11bも同様に、差込口11eと三角コーナー11fが設けられている。
【0022】
自立支持部13は、6つの長方形の小平面13a1〜13a3,13b1〜13b3を備えている。
小平面13a1は、その長辺が接続部13c1によって折り曲げ可能に右内側面11aに接続されている。
また、小平面13a2は、その長辺が接続部13c2によって折り曲げ可能に小平面13a1に接続されている。
また、小平面13a3は、その長辺が接続部13c3によって折り曲げ可能に小平面13a2に接続されている。
【0023】
小平面13b1は、その長辺が接続部13d1によって折り曲げ可能に左内側面11bに接続されている。
また、小平面13b2は、その長辺が接続部13d2によって折り曲げ可能に小平面13b1に接続されている。
また、小平面13b3は、その長辺が接続部13d3によって折り曲げ可能に小平面13b2に接続されている。
【0024】
更に、小平面13a1と小平面13b1とが、山折りに折り曲がる接続部13e1で接続している。
また、小平面13a2と小平面13b2とが、山折りに折り曲がる接続部13e2で接続している。
また、小平面13a3と小平面13b3とが、山折りに折り曲がる接続部13e3で接続している。
【0025】
小平面13a1,13b1の幅(接続部13c1,13d1から接続部13c2,13d2までの長さ)は、小平面13a2,13b2の幅(接続部13c2,13d2から接続部13c3,13d3までの長さ)より広くなっている。
また、小平面13a2,13b2の幅(接続部13c2,13d2から接続部13c3,13d3までの長さ)は、小平面13a3,13b3の幅(接続部13c3,13d3から反対側の長辺(終端)までの長さ)より広くなっている。
このような構成とした理由は、後述する。
【0026】
更に、接続部13e1と内側面11との間には貫通窓14aが、接続部13e2と接続部13e1との間には貫通窓14bが、接続部13e3と接続部13e2との間には貫通窓14cが設けられている。
貫通窓14a,14b,14cは、自立支持部13の表と裏を貫通するもので、この窓の隙間が自由に変形することにより自立支持部13における折り曲げを容易にするものである。
【0027】
また、接続部13e1,13e2,13e3は、図3において、手前に突出して凸状態となっており、裏面では凹状態となっている。具体的には、断面が円弧状に湾曲している。
この形状が、自立支持部13を外側に畳んだ場合に、本体10の外側面12の折り曲げ部12cに接続部13e1,13e2,13e3が接触して、本体10が閉じる場合にも歪むことがなく接触状態を保持できるものである。
【0028】
[本体外側面12と自立支持部13:図4]
次に、本ノートカバーの本体外側面12と自立支持部13について図4を参照しながら説明する。図4は、本ノートカバーの本体外側面と自立支持部を示す平面概略図である。
本体10の外側面12は、図4に示すように、折り曲げ部12cを中心に左外側面12aと右外側面12bが一体に形成されている。
【0029】
自立支持部13の構成は、図3で説明した通りであり、異なる部分は、小平面13a1が、左外側面12aに接続部13c1によって接続し、小平面13b1が、右外側面12bに接続部13d1によって接続している。
【0030】
[本体外側面12に自立支持部13を接触させる途中:図5]
次に、本体10の外側面12に自立支持部13を接触させる動作について図5を参照しながら説明する。図5は、本ノートカバーの本体外側面に自立支持部を接触させる途中の概略図である。
図5に示すように、自立支持部13を、本体10の外側面12の方向に接続部13c1,13d1で折り返して折り曲げ、外側面12に自立支持部13を小平面13a1,13b1、小平面13a2,13b2、小平面13a3,13b3の順で接触させて外側面12と自立支持部13とを一体化させる。
【0031】
本体10の外側面12に自立支持部13が完全に接触させた状態で、本体10を折り曲げ部13cを中心に開閉させると、その開閉に合わせて、外側面12の折り曲げ部12cに接触する接続部13e1,13e2,13e3も折り曲げ部12cに同調して開閉するものである。
【0032】
[本ノートカバーの閉じた状態:図6]
次に、本ノートカバーの閉じた状態について図6を参照しながら説明する。図6は、本ノートカバーの閉じた状態を示す図であり、(a)が閉じた状態の右側面図であり、(b)が閉じた状態の底面図である。
本ノートカバーの閉じた状態は、図6に示すように、外側面12に自立支持部13が全体的に覆い被さった状態で一体化し、接続部13e1,13e2,13e3を中心として2つ折りされた状態であり、本体10の外側に支持のための特別な構成を突出させるものではない。
【0033】
[本ノートカバーの自立方法:図7]
次に、本ノートカバーの自立方法について図7を参照しながら説明する。図7は、本ノートカバーの自立方法を示す図であり、(a)が自立途中の概略図であり、(b)が自立させた状態を示す概略図である。
本ノートカバーは、図7に示すように、自立支持部13の接続部13c1,13d1で折り曲げて小平面13a1,13b1を卓上面に設置させ、小平面13a2,13b2を接続部13c2,13d2で折り曲げて、小平面13a3,13b3を接続部13c3,13d3で折り曲げて左外側面12a、右外側面12bに接触させる。
【0034】
これにより、図7(b)に示すように、自立支持部13が三角柱の形状(内部は空洞)が形成されて、本体10が自立するものである。
ここで、安定して自立させるために、小平面13a1,13b1の幅(図3,4における縦方向の長さ)に比べて小平面13a2,13b2の幅が短く、小平面13a3,13b3の幅が更に短くしている。
【0035】
小平面13a1,13b1の幅を最も広くしているのは、机等の表面との接着面を広くして安定化させるためである。
また、小平面13a2,13b2の幅を中間の長さとしたのは、本体10を垂直面から若干寝かせて角度を付けるためである。
また、小平面13a3,13b3は、外側面12をしっかりと保持するものとなっている。
【0036】
尚、小平面13a1,13b1,13a2,13b2,13a3,13b3を全て同じ幅の長さとしてもよい。
また、小平面13a1,13b1と小平面13a2,13b2とを同じ幅の長さとして小平面13a3,13b3の幅を短くしてもよい。
また、小平面13a2,13b2と小平面13a3,13b3とを同じ幅の長さとして小平面13a1,13b1の幅を長くしてもよい。
【0037】
[自立させた本ノートカバーにノートを設置:図8]
次に、本ノートカバーを自立させて利用する方法について図8を参照しながら説明する。図8は、本ノートカバーを自立させノートを設置した概略図である。
本ノートカバーは、図8に示すように、本体10の内側面11の差込口11d,11eにノートの表紙を差し込み、ノートのページを三角コーナー11fに差し込み、ペン保持部11gにペンが挿入されており、ノートを本ノートカバーによって卓上に立てて使用することができ、自立支持部13が安定して自立させるようになっているので、自立させた状態でもノートに安定して書き込むことができるものである。
【0038】
このように、本ノートカバーにノートを設置したものが本実施の形態のダイアリー(本ダイアリー)である。
本ダイアリーのように、自立させることができるので、机の上を広く使うことができ、立てたダイヤリーを参照しながらキーボード入力等の別の作業を行うことができる。
【0039】
[応用例]
本ノートカバーでは、ノートの表紙を差込口11d,11eに差し込む構成としているが、内側面11の折り曲げ部11cにリフィル又はルーズリーフを閉じるバインダーを設ける構成であってもよい。
【0040】
[実施の形態の効果]
本ノートカバーによれば、本体10の外側の面を二重にして底辺部分で折り曲げ可能に接続し、外側面12の更に外側の面を自立支持部13として横方向に三段階に折り曲げ可能として底辺部分で三角柱の形状を形成して、ノートカバーを自立させるものとしているので、ノートカバーを自立させてノートを見易くできると共に、ノートカバーを机の上で立たせてノートに安定して書き込むことができ、また、外側面12に自立支持部13を平面として接触させれば、通常のノートカバーとして容易に閉じたり開いたりして使用できる効果がある。
【産業上の利用可能性】
【0041】
本考案は、外側の面を二重にし、最も外側の面を底部で折り曲げてノートカバーを自立させることができる自立式ノートカバー及びダイアリーに適している。
【0042】
10…本体、 11…内側面、 11a…右内側面、 11b…左内側面、 11c…折り曲げ部、 11d,11e…差込口、 11f…三角コーナー、 11g…ペン保持部、 12…外側面、 12a…左外側面、 12b…右外側面、 12c…折り曲げ部、 13…自立支持部、 13a1,13a2,13a3,13b1,13b2,13b3…小平面、 13c1,13c2,13c3,13d1,13d2,13d3,13e1,13e2,13e3…接続部、 14a,14b,14c…貫通窓

(57)【要約】

【課題】外側の面を二重にし、最も外側の面を底部で折り曲げてノートカバーを自立させることができる自立式ノートカバー及びダイアリーを提供する。【解決手段】本体10の外側の面を二重にして底辺部分で折り曲げ可能に接続し、外側面12の更に外側の面を自立支持部13として横方向に三段階に折り曲げ可能として底辺部分で三角柱の形状を形成して、外側面12を支えるようにしてノートカバーの本体10を自立させる自立式ノートカバー及びダイアリーである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):