(54)【考案の名称】傘応用の洗濯用物干し。

(73)【実用新案権者】株式会社 日本開発社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は傘を応用した洗濯用物干しに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
若い女性の中には不審者を警戒して、下着は部屋の中に干す人がいるそうだと人伝に聞いた覚えがあるその為女性専用の目隠しハンガーを販売した製品も有ったが面倒で流布しなかった。本考案は目隠しも行え、通常の物干しと同等の機能を備え、雨に晒されない長所も備えている。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
傘と物干しの兼用をする為、傘の石突に物干し竿に固定の傘の柄を接合。

【効果】

【0005】
傘の外側、つゆさきには軽量のタオルやハンカチで内部を覆い洗濯ものの目隠しが出来るが、雨に晒される頻度が多々在るが濡れたままの状態で日干しを行う。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】本考案の概要の斜視図である。
【図2】本考案の使用形態を示した図面代用写真である。

【0007】
物干し竿に先端柄先を吊り下げ洗濯脱水した衣類を洗濯ピンチに吊るして日干し乾燥、目隠し用に露先のピンチには薄手のハンカチまたはタオル等で覆う。
【0008】
本考案を実施するための実施形態を図2に軒先に吊るした例にして図面代用写真で示した。
【0009】
1−1先端柄、1−2石突と先端柄の接合カバー、1−3石突、1−4中棒、1−5生地(傘の帆)、1−6親骨、1−7受け骨、1−8洗濯ピンチ、1−9ハジキ、1−10柄手元、1-11露先

(57)【要約】

【課題】洗濯した衣類の目隠し及び雨に晒されない工夫をした傘応用の洗濯用物干しを提供する。【解決手段】傘の受け骨、親骨のつゆさきに洗濯用ピンチを係合し洗濯脱水後の衣類を吊るし、傘の帆の上から日干し乾燥させる。傘の石突に傘の柄と同等の柄を接合し、物干し竿に吊るし固定する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):