(54)【考案の名称】切り取りリーフ付き新聞

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、新聞の各紙面の余白部分を所定の長さに切り取り、その切り抜いた余白部分にその紙面のページ及び概要を記載して、見たい紙面を容易に選択できる切り取りリーフ付き新聞に関する。

【従来の技術】

【0002】
新聞は横約80cm、縦約54cmの大きさの用紙の横幅を2分して、折り曲げ、折り曲げられた中央部が右端となるようにして重ねて使用し、その表紙を第1面、その裏面を第2面として紙面が数えられている。この第1面を表紙面とし、最後の紙面を最終面とする。ここでは、2分される前の横約80cm縦約54cmの大きさの用紙を大紙面とし、2分した後の半分の大きさの用紙を紙面とする。
各新聞社の紙面の第1面には、おおむね、各紙面に記載されている標題とそのページが枠で囲まれて記載されているが、紙面の枚数が多く、見たい紙面をすぐに開くことができず、ときには各紙面のページ(以下、ページとする。)を1枚毎にめくって見たい紙面を開くこともある。
【0003】
新聞の各紙面は、記事の記載範囲は枠で囲まれ、左右・上下には余白部分がある。表紙面から見て右の空白部分は折り曲げられているため、見出し等として利用することはできないが、左の空白部分は切り取り見出しとして利用することができる。また、上下の余白部の内、上部余白部は、ページ番号、日付等が記載され、下の余白部は製本時に取り出しのため小さな爪痕ができるため、見出しとして利用することは難しい。
そこで、本考案者は、表紙面から見て左の空白部を切り取り見出しとして利用できないか検討した。
【0004】
新聞の各紙面の空白部を利用して見出しを付ける先行技術等としては、以下のような文献が見いだされた。
新聞記事記載欄外の上下左右いずれか一方の紙面余白部分を、紙面ページ数に応じて分割された長さで順繰りに切り欠き、それぞれが他の紙面に重ならない様な余白突出部を作成し、その余白突出部に当該紙面に記された記事主要内容の項目を印字し突出見出しとし、新聞表裏紙面で全ての紙面ごとの記載記事主内容項目が目視でき、必要紙面を直ちに選択できるようにした新聞紙面突出見出し(特許文献1)、新聞の周囲の2辺に行と列の番号を印刷し、その行列番号とページ番号により任意の記事の掲載場所を指し示して目次と記事の行列番号を具備した新聞(特許文献2)、新聞紙本体の外周の縁取囲枠の下方に所定間隔の仕切線を記載し、内部に題目見出し欄を設け、題目見出し欄の左右いずれか一方の端部にページ表示部を記載し、新聞紙面の各々の上半分と下半分との中間に、活字が記載されない半分折り目線を設け、紙面を半分に折った場合の活字の擦りや汚染等を防止するとともに、新聞紙を見やすくし、二つ折りのままでも読めるようにする題目欄及び半分折り目線付新聞紙(特許文献3)等がある。
【0005】

【効果】

【0027】
第1考案、第2考案は、新聞を表紙面又は最終面から見た場合に、開きたいページを手軽に開けるようにするものであり、第3考案、第4考案は、新聞を表紙面又は最終面から見た場合に、紙面のページ数や標題が分かり、見たい紙面を容易に開くことができる。
第5考案は、表紙面あるいは最終面からのいずれからも見たい紙面を容易に開くことができ、第6考案は、表紙面あるいは最終面からのいずれからも紙面のページ数や標題が分かり、見たい紙面を容易に開くことができる。
【0028】
第7考案は、余白部分はなく、各紙面のリーフが重ならないように、左側にリーフをつけ、表紙面からも最終面からもリーフが見えるようにし、第8考案では、その見えるリーフにページ数や標題を記載しその紙面の内容を容易に見えるようにするものである。
【図面の簡単な説明】
【0029】
【図1】図1は、大紙面と余白部分の図である。
【図2】図2は、表紙面から表示部が見えるようにした各紙面の余白の切り取り図である。
【図3】図3は、表紙面から見える切り取りリーフの表示部とその拡大図である。
【図4】図4は、最終面から見える切り取りリーフの表示部の図である。
【図5】図5は、表紙面から見たリーフ付き新聞である。

【0030】
本考案の実施例を以下に挙げる。
【0031】
図1は、大紙面1と余白の図である。新聞は、大紙面1をその中央余白部15で折り曲げて、これらを複数枚重ねて、1連の報道紙として配られている。
図1では、大紙面1の右側余白部も左側余白部14としたが、中央余白部15で折り曲げられれば、右側余白部も左側余白部14となるためである。本考案は、この左側余白部に切り取りリーフあるいはリーフを付けるものである。
【0032】
図2は、表紙面17から最終面の前ページまでの左側余白16を、一定の割合で長さを増しながら切り取った切り取りリーフ付き新聞の図である。紙面の下段余白13から一定の割合で左余白部分を切り取り、表紙面17からそれぞれの紙面の余白部分が見えるようになっている。
【0033】
図3は、長さの異なる切り取りリーフ付きの新聞を重ね、表紙面17から見た各紙面16の表示部21である。各紙面の表示部21(左側の図)にはその紙面のページ数が記載されている。
【0034】
図4は、最終面18の次の紙面から表紙面17までの左側余白16を、一定の割合で長さを増しながら切り取とった切り取りリーフ付き新聞の図である。最終面から見るため、左余白部が右側に表現されている。
新聞は折りたたんで最終面を上にしておく場合もあるため、便宜上、最終面からも切り取りリーフの表示部が見えるようにするためである。
【0035】
図5は、表紙面から見たリーフ付き新聞である。右側余白部分を切り取りリーフを付けた新聞と区別するため、右側余白部分に予めリーフを付けた新聞をリーフ付き新聞とした。このリーフ付き新聞ではリーフは重なっておらず、それぞれ表紙面あるいは最終面から見ることができ、このリーフ部分にページ数や標題を記入すればより利便性が向上する。
【産業上の利用可能性】
【0036】
毎日見る新聞をより使用しやすくするための考案であり、多くの加工の手間も必要とせず、利用が期待される。
【0037】
1 大紙面 11 記事枠 12 上段余白 13 下段余白
14 左側余白 15 中央余白(右側余白) 16 紙面 17表紙面
18 最終面
2 切り取りリーフ 21 (切り取りリーフの)表示部

(57)【要約】

【課題】新聞の余白を利用し、各紙面のページ数や標題を見やすくする切り取りリーフ付き新聞を提供する。【解決手段】表紙面17から最終面までの各紙面16の余白の部分を表紙面17から見て、各紙面16及び最終面の余白が見えるように各紙面16の余白部分14を均等の長さで切り取り、各紙面に切り取りリーフを付け、表示部21を形成し、見たい紙面を容易に選択できる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):