(54)【考案の名称】ホース

(73)【実用新案権者】株式会社グリーンライフ

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、放水用のホースに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、補強糸の糸抜けによるホースの伸びや捩れを防止するために、内層と外層との間に、補強糸と交差するように補強線材を巻き付け、これら補強糸と補強線材の交点を接着することにより、補強糸と補強線材で補強層が形成されるホースが開示されている(特許文献1参照)。
【0003】

【効果】

【0011】
本考案によれば、使用時に撚れにくいホースを提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本実施形態のホースを示す概略斜視図である。
【図2】本実施形態のホース本体を示す斜視図である。
【図3】本実施形態のホース本体を示す正面図である。

【0013】
以下、本考案の実施形態について、図面を参照して詳細に説明する。本明細書の実施形態においては、全体を通じて、同一の部材には同一の符号を付している。
【0014】
以下、本実施形態のホース1について、図1から図3を参照して詳細に説明する。
図1は、本実施形態のホース1を示す概略斜視図である。図2は、本実施形態のホース本体2を示す斜視図である。図3は、本実施形態のホース本体2を示す正面図である。
【0015】
図1に示すように、ホース1は、ホース本体2及びホース本体2の外周側に被覆される表皮3を備えている。なお、表皮3は、合成樹脂やゴムなどの可撓性材料からなるものである。
【0016】
図2及び図3に示すように、ホース本体2は、外周側に配置されるアウター層21と、内周側に配置されるインナー層22と、アウター層21及びインナー層22の間に挟持されるとともにホース1の長手方向に沿って延在する補強糸23(第1補強糸)とを備えている。
【0017】
アウター層21には、メッシュ状の補強糸21a(第2補強糸)が設けられている。この補強糸21aは、例えば、ポリエステルやナイロンやアラミド繊維を編んだマルチフィラメントなどの糸や補強繊維などである。
【0018】
インナー層22は、表皮3と同様に、合成樹脂やゴムなどの可撓性材料からなるものである。なお、インナー層22には、メッシュ状の補強糸を設けてもよい。
【0019】
補強糸23は、ホース1の円周方向に沿って所定の間隔を空けるように7〜9本設けられている。なお、この補強糸23は8本であることが好ましい。
【0020】
また、補強糸23は、アウター層21及びインナー層22と密着されるように両者の間に挟持されるとともに、アウター層21及びインナー層22は、ホース1の円周方向における補強糸23が設けられていない領域において密着されるように設けられている。これにより、補強糸23の位置決めを良好に行うことができる。
【0021】
さらに、補強糸23は、ホース1の円周全体の10%〜15%を覆うように、設けられている。
【0022】
この補強糸23は、補強糸21aと同様に、例えば、ポリエステルやナイロンやアラミド繊維を編んだマルチフィラメントなどの糸や補強繊維などである。
【0023】
(実施例及び比較例)
以下、実施例及び比較例を説明する。
実施例のホース1は、補強糸23を8本有しているのに対し、比較例のホースは、補強糸23を6本有している点のみで相違する。そして、実施例のホース1及び比較例のホースをそれぞれ3mにカットして、回転させていき、ホースが完全につぶれるときの回転数を比較すると、実施例のホース1の回転数が6であるのに対し、比較例のホースの回転数が5である。これにより、実施例のホース1は、比較例のホースに比べ、撚れにくいことが判明した。
【0024】
さらに、補強糸23を10本に増やすと、逆にホース全体の強度が低下してしまう不具合があった。
【0025】
(実施形態の効果)
このように構成される本実施形態の放水用のホース1によれば、外周側に配置されるアウター層21と、内周側に配置されるインナー層22と、アウター層21とインナー層22との間に挟持されるとともにホース1の長手方向に沿って延在する補強糸23とを備え、補強糸23は、ホース1の円周方向に沿って所定の間隔を空けるように7〜9本設けられ、アウター層21及びインナー層22は、ホース1の円周方向における補強糸23が設けられていない領域において、密着されている。これにより、強度が保たれつつ使用時に撚れにくいホース1を提供することができる。
【0026】
以上、本考案を、実施形態を用いて説明したが、本考案の技術的範囲は上記の実施形態に記載の考案の範囲には限定されないことは言うまでもなく、上記実施形態に、多様な変更又は改良を加えることが可能であることが当業者に明らかである。また、そのような変更又は改良を加えた形態も本考案の技術的範囲に含まれ得ることが、実用新案登録請求の範囲の記載から明らかである。
【0027】
1 ホース
2 ホース本体
21 アウター層
21a 補強糸(第2補強糸)
22 インナー層
23 補強糸(第1補強糸)
3 表皮

(57)【要約】

【課題】本考案は、使用時に撚れにくいホースを提供する。【解決手段】本考案のホースは、外周側に配置されるアウター層21と、内周側に配置されるインナー層22と、アウター層21及びインナー層22の間に挟持されるとともにホースの長手方向に沿って延在する補強糸23とを備え、補強糸23は、ホースの円周方向に沿って所定の間隔を空けるように7〜9本設けられ、アウター層21及びインナー層22は、ホースの円周方向における補強糸23が設けられていない領域において、密着されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):