(54)【考案の名称】蓋付き箱体

(73)【実用新案権者】株式会社トーモク

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、上部に開口を有する箱本体と、箱本体の少なくとも上部を覆い且つ下部に開口を有する蓋部とを備える蓋付き箱体に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、上部に開口を有する箱本体と、箱本体の少なくとも上部を覆い且つ下部に開口を有する蓋部と、箱本体と蓋部とを連結し且つ上下方向に延びる帯状の連結部とを備える蓋付き箱体が知られている(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
特許文献1のものでは、箱本体は、底部と、当該底板の周縁から起立する本体周板とを備え、蓋部は、天板と、当該天板の周縁から垂下して本体周板の外側に重なる蓋周板とを備える。連結部は、一端が本体周板の上縁に連結されていると共に、他端が蓋周板の下縁に連結されている。そして、連結部を箱本体から切り離すことにより蓋部が箱本体から分離して箱本体の上部が開口する。
【0004】
この蓋付き箱体には、箱本体から蓋部を取り外すときに、箱本体から連結部を切り離すための切離可能部が、蓋部の蓋周板に設けられている。そして、蓋周板の切離可能部を外側に引張って折り曲げることにより蓋部を箱本体から容易に取り外すことができるようになっている。
【0005】

(57)【要約】

【課題】従来よりも簡単に製造することができる蓋付き箱体を提供する。【解決手段】上部に開口を有する箱本体2と、下部に開口を有し、箱本体2の開口する上部を覆う蓋部1と、を備える蓋付き箱体であって、箱本体2は、底板24と、底板24の周縁から起立する本体周板19とを備え、蓋部1は、天板25と、天板25の周縁から垂下して本体周板19の側面に少なくとも一部が重なる蓋周板8とを備え、箱本体2と蓋部1とは別体であり、本体周板19は、蓋周板8に接着剤で接着された接着部を備え、本体周板19又は蓋周板8は、接着部を含む所定範囲を切り離し可能とする切離可能部を備えている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):