(54)【考案の名称】非開削管埋設工法における溝付き管用引き戻し治具

(73)【実用新案権者】株式会社関電工

(73)【実用新案権者】株式会社トーメック

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、非開削の小口径推進工法等の管埋設工法において、二工程方式にて埋設管を布設する場合の、パイロット管と布設管との間に挿入して用いる溝付き管用引き戻し治具に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
小口径推進工法の従来技術である「たけのこモール」(登録商標)は、主にガス管や水道管の布設工事に利用されてきたこともあり、溝付き管の布設経験が無く、従って、溝付き管用の引き戻し治具もなかった。
【0003】
一方、ケーブル布設のための配管工事を行う他工法では溝付き管の引き戻しも行われているが、情報通信工事で用いられる波付き管は細く、多条数のため1本ごとの引き込みではなく、多条数の波付き管をバックリーマー(拡径用引き戻し治具)に後続したワイヤネットなどでまとめて引き込む方法が採られてきた。また、1本ごとに引き込む場合は管の形状に合わせて治具を作り、その都度対応している場合が多い。
【0004】
特許文献1のものは、バックリーマーと布設する管材との間にこれらの接続手段としてスイベル部及び管材を把持するエキスパンダチャックとを設けたものである。また、特許文献2のものは、リーマーと布設する管材との間にこれらの接続手段として連結部材及び管材を把持するワイヤーグリップとを設けている。
【0005】

【効果】

【0014】
請求項1の考案によれば、トンネルの拡径部と布設管の把持部とを一体に備えており、取り扱いが容易かつ便利である。また、溝付き管の凹凸形状に相応した凹凸を有するせり出し部材で溝付き管を把持するため、溝付き管の凹凸が潰れたりしない。また、この様にこの考案の引き戻し治具は溝付き管を強固に把持できるため、管引き戻し時に溝付き管の抜け出しを防止できる。
【0015】
また、請求項2の考案によれば、引き戻し治具の本体の貫通孔を断面が角型とし、また、前記テーパー部材の棒材部を断面が前記貫通孔の断面に相応する角型としたため、引きも戻しボルトのボルト部を前記テーパー部材のネジ溝に螺着して、当該ボルト部を回した際、テーパー部材が共回りせず、確実にボルト部に沿って移動するため、作業がし易い。
【0016】
また、請求項3の考案によれば、せり出し部材は、テーパー部材に沿って移動した際、常時、当該せり出し部材の外周はテーパー部材の軸に平行となっているため、把持する溝付き管を均一に押圧でき、当該引き戻し治具の溝付き管への把持が強固かつ確実に維持される。
【0017】
また、請求項4の考案によれば、溝付き管を把持する際、せり出し部材の先端部の筒状肉薄部が、本体の中空部の隔壁に設けた円筒部に係止されるため、せり出し部材はそれ以上溝付き管を圧迫することがなく、当該引き戻し治具で溝付き管を把持しても、当該溝付き管の凹凸を潰す恐れがない。
【0018】
また、請求項5の考案によれば、せり出し部材の収束手段がOリングであるため、極めて簡単な構造となっている。
【0019】
また、請求項6の考案によれば、引き戻しボルトの前端部と後端部とが回転自在に接続されているため、パイロット管の動きにより前端部が捻じれても当該引き戻し治具は回転することなくそのままの姿勢で土中を推進可能である。

(57)【要約】

【課題】トンネルの拡径部と布設管の把持部とを一体に備え、溝付き管の潰れや管引き戻し時の抜け出しを防止できる溝付き管用引き戻し治具を提供する。【解決手段】略円錐台形状の拡径部1aに続き円筒部1bを有する本体1を設け、拡径部の先端面から先端溝5を設け、円筒部の中空部6と先端溝5との間に貫通孔7を設け、棒材部2aを先端に、テーパー外周2bを後端に夫々有するテーパー部材2を、貫通孔に入れて中空部6に挿入し、テーパー部材のテーパー外周2bに相応するテーパー内周3bを後部に有する筒状体で、軸方向に複数に割れた、せり出し部材3をテーパー部材の外周に摺動自在に被冠し、せり出し部材は溝付き管の凹凸に相応した螺旋状凸部12を外周に有し、複数割れのせり出し部材を束ねるOリング13を被冠し、テーパー部材のネジ溝9に螺着したボルト部18を後端に突設した引き戻しボルト4を設けた。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):