(54)【考案の名称】レザー製品

(73)【実用新案権者】Borderless Trade株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、レザー製品に関する。

【従来の技術】

【0002】
短冊状の皮革を格子状に編み込んだ革材がある。イタリアのボッテガ・ヴェネタ社が開発した「イントレチャート」と呼ばれるレザーの編み込み技法が知られている。
【0003】

【効果】

【0012】
本考案のレザー製品によれば、厚みを抑えて、見栄えや肌触りを向上させたレザー製品を実現できる。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】実施形態のレザー製品1の閉じた状態を示す斜視図である。
【図2】レザー製品1の開いた状態を示す斜視図である。
【図3】レザー製品1の表面(外面革)の拡大図である。
【図4】実施形態のレザー製品7の閉じた状態を示す斜視図である。
【図5】レザー製品7の開いた状態を示す斜視図である。

【0014】
本考案のレザー製品の実施形態について、図面を参照しながら説明する。
図1は、実施形態のレザー製品1の閉じた状態を示す斜視図である。
図2は、レザー製品1の開いた状態を示す斜視図である。
図3は、レザー製品1の表面(外面革2)の拡大図である。
【0015】
レザー製品1は、牛革製の財布である。レザー製品1は、長財布である。このレザー製品1は、短冊状の皮革3を格子状に編み込んだ外面革2を備える。つまり、レザー製品1の外面革2は、短冊状の皮革3を平織りして形成される。
【0016】
外面革2は、イントレチャートと呼ばれる編み込み技法により製作される。具体的には、外面革2は、短冊状の複数の皮革3を平織りして製作される。
【0017】
皮革3は、その表面にカーボンパターンフィルム5が熱圧着される。
カーボンパターンフィルム5は、例えばPVCからなり、1mm未満の厚みを有する。また、カーボンパターンフィルム5は、その表面にカーボンパターンを有する。
【0018】
カーボンパターンとは、黒と白あるいは銀のグラデーション模様を互い違いに配置した柄である。すなわち、カーボンパターンは、カーボンの綾織りを再現したパターン柄である。
カーボンパターンは、カーボンテクスチャパターンとも呼ばれる。カーボンパターンは、カーボンの平織を再現したパターン柄であってもよい。
【0019】
各皮革3の表面にカーボンパターンフィルム5が圧着される。このため、外面革2の表面にカーボンパターンが現れる。すなわち、レザー製品1の表面にカーボンパターンが現れる。
【0020】
皮革3は、天然皮革である。皮革3は、例えば牛革である。
また、皮革3は銀付き革である。銀付き革は、本革、銀面革、一層目、トップレイヤー等とも呼ばれる。
【0021】
皮革3には、銀付き革の表面を薄く削ったものが用いられる。革表面の汚れや傷などを取り除くためである。皮革3は、厚みが例えば0.5mm以上1mm未満である。
【0022】
皮革3は、厚みが0.5mm以上1mm未満であって、床革に比べて引張強度が高い。しかも、その表面にカーボンパターンフィルム5が圧着されているため、引張強度が向上する。
【0023】
したがって、短冊状の皮革3を平織りして、イントレチャートと呼ばれる外面革2を製作すると、従来よりも厚みが薄く形成される。外面革2の厚みは、例えば2mm以下である。
【0024】
よって、レザー製品1は、外面革2の厚みが薄く、見栄えや肌触りがよくなる。しかも、表面(外面革2)にカーボンパターンが現れるため、意匠性が高く、レザー製品1の商品価値が向上する。
【0025】
本考案の実施形態は、例として提示したものであり、考案の範囲を限定することは意図していない。これらの新規な実施形態は、その他の様々な形態で実施されることが可能であり、考案の要旨を逸脱しない範囲で、種々の省略、置き換え、変更を行うことができる。これらの実施形態やその変形は、考案の範囲や要旨に含まれるとともに、実用新案登録請求の範囲に記載された考案とその均等の範囲に含まれる。
【0026】
皮革3は、銀付き革に限らず、二層目や床革を用いてもよい。
皮革3は、牛革に限らず、シープスキンやディアスキン等を用いてもよい。
皮革3は、厚みが0.5mm以上1mm未満の場合に限らず、1mm以上であってもよい。
【0027】
フィルムは、カーボンパターンフィルムに限らない。他の柄を有するフィルムであってもよい。
フィルムは、PVCに限らず、他の素材であってもよい。
フィルムは、熱圧着する場合に限らず、例えば接着剤等を用いて皮革に貼り付ける場合であってもよい。
【0028】
図4は、実施形態のレザー製品7の閉じた状態を示す斜視図である。
図5は、レザー製品7の開いた状態を示す斜視図である。
レザー製品は、長財布に限らない。図4,図5に示すように、レザー製品7は、二つ折り財布であってもよい。
【0029】
さらに、レザー製品は、名刺入れ、書類入れ、カバン、バッグ、カードケース、携帯電話ケース等であってもよい。
【0030】
1 レザー製品(長財布)
2 外面革
3 皮革
5 カーボンパターンフィルム
7 レザー製品(二つ折り財布)




(57)【要約】

【課題】厚みを抑えて、見栄えや肌触りを向上させたレザー製品を提供する。【解決手段】レザー製品1は、表面にカーボンパターンを有する短冊状の皮革3を格子状に編み込んだ外面革2を備える。カーボンパターンは、皮革3の表面に圧着されたカーボンパターンフィルム5である。皮革3は牛革であり、銀付き革であり、厚みが0.5mm以上1mm未満である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):