(54)【考案の名称】フットカバー一体型パンティストッキング

(73)【実用新案権者】旭化成アミダス株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、フットカバーとパンティストッキングとを組み合わせた、蒸れと破れとを防止するフットカバー一体型パンティストッキングに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来から、パンティストッキングに関しては、着用時において蒸れが発生するという問題点がある。このようなパンティストッキング装着時の蒸れ感を解消するため、例えばヒップ部(パンティ部)の編み目を粗くしたパンティストッキングが提案されている。
【0003】

【効果】

【0006】
本考案の目的は、フットカバーとパンティストッキングを一体化することによって、着用時の蒸れと破れとを低減することができるフットカバー一体型パンティストッキングを提供することにある。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】(a)は、本考案のフットカバー一体型パンティストッキングの正面視による概要図であり、(b)は、本考案のフットカバー一体型パンティストッキングの背面視による概要図である。
【図2】本考案のフットカバー一体型パンティストッキングの着用状態を側面視で示す模式図である。
【図3】本考案のフットカバー一体型パンティストッキングの着用状態を背面視で示す模式図である。

【0008】
以下、図1から図3を用いて、本考案の実施の形態(実施形態)について詳細に説明する。なお、本考案は、以下の実施の形態に限定されるものではなく、その要旨の範囲内で種々変形して実施することができる。すなわち、実施の形態の例に記載されている構成部品の寸法、材質、形状、その相対的配置等は特に記載がない限り、本考案の範囲を限定する趣旨ではなく、単なる説明例に過ぎない。また、使用する図面は、本実施の形態を説明するための一例であり、実際の大きさを表すものではない。各図面が示す部材の大きさや位置関係等は、説明を明確にするため誇張していることがある。なお、以下に説明する各図において、同一の構成を有する部分には同一の符号を付し、その繰り返しの説明は省略する。
【0009】
まず、本考案の構成について、図1を参照しながら説明する。図1(a)、図1(b)に示すように、本考案によるフットカバー一体型パンティストッキング1は、パンティストッキング部10と、着用時に着用者の足の爪先、踵および足裏を被覆し、且つ甲および足首を露出する形状を有するフットカバー部20とを備えている。
【0010】
パンティストッキング部10は、全体が一体的に編成されるパンティストッキングであって、大略的には、上部のパンティ部11およびパンティ部11の下方に連続形成されたレッグ部12によって構成されている。なお、このパンティストッキング部10においては、パンティ部11は立体的に編まれ、レッグ部12は平面的に編まれている。このパンティストッキング部10は、左右一対の筒状編成体であって、公知の丸編み機等の編み機を用いて編成される。
【0011】
パンティストッキング部10は、伸縮性に富んだポリウレタンやナイロン等の化学繊維で編成されている。このため、パンティストッキング部10は伸縮性を有し、着用者のヒップ、膝、ふくらはぎ等の曲線部や凹凸部にフィットするようになっている。
【0012】
また、図1から図3に示すように、フットカバー部20は、爪先を収容(被覆)する爪先部21、踵を収容する踵部22、及び爪先部21と踵部22を連結するようにして着用者の足裏を覆う足裏部23とを有している。フットカバー部20は、着用者の足に沿うように、例えば爪先部21および踵部22が立体的に編成されている。また、図2および図3に示すように、フットカバー部20は、着用者の甲および足首を露出する形状を有している。このため、フットカバー部20は、フットカバー一体型パンティストッキング1の着用者が、甲部分が広く開いた靴(パンプス等)を着用した際にも露出しづらく、まるで素足でパンプスを履いているかのように視認させることができる。
【0013】
フットカバー部20には、例えば綿等の吸湿性を有する素材を用いる。これにより、本実施形態によるフットカバー一体型パンティストッキング1の着用時において、フットカバー部20が汗を吸収し、着用者の足の蒸れを低減することができる。また、フットカバー部20は、パンティストッキング部10よりも厚みを有する生地が用いられており、耐磨耗性を有している。このため、フットカバー一体型パンティストッキング1は、着用時の破れを低減することができる。また、フットカバー部20は、吸湿性を有する素材と耐磨耗性を有する素材とを合成した繊維によって形成されていてもよい。
【0014】
また、本実施形態によるフットカバー一体型パンティストッキング1において、フットカバー部20は、縫合によりパンティストッキング部10と一体形成されている。具体的には、フットカバー部20におけるレッグ部12側の端部、すなわち上側端部の周縁である周縁部120の全周が、パンティストッキング部10のレッグ部12の足側の端部と縫合されている。これにより、フットカバー部20は、レッグ部12の足側の端部に連続するように一体的に編成されている。したがって、フットカバー一体型パンティストッキング1は、着用者の下半身全面を被覆可能な構成になっている。このため、フットカバー一体型パンティストッキング1を着用すれば、従来のように、足部分の蒸れや摩擦によるパンティストッキングの足部分の破れを防止するために、パンティストッキングに重ねてフットカバーを履くといった手間を省くことができる。さらに、フットカバー一体型パンティストッキング1においては、フットカバー部20がパンティストッキング部10と縫合されているため、フットカバーを重ね履きする場合のように歩行時に脱げるおそれがない。したがって、フットカバー一体型パンティストッキング1の着用者は、快適な装着感を得ることができる。
【0015】
以上説明したように、本実施形態によるフットカバー一体型パンティストッキング1は、パンティストッキング部10と、着用時に着用者の足の爪先、踵および足裏を被覆し、且つ甲および足首を露出する形状を有するフットカバー部20とを備えている。これにより、フットカバー一体型パンティストッキング1は、着用時の蒸れと破れとを低減することができる。
【0016】
(変形例)
上記実施形態において、フットカバー部20は、周縁部120の全周においてパンティストッキング部10と縫合されているとしたが、本考案はこれに限られない。フットカバー部20は、フットカバー部20の一部がパンティストッキング部10と縫合されていることにより、パンティストッキング部10と一体形成されていてもよい。具体的には、フットカバー部20は、周縁部120のうち長手方向における前後一か所ずつにおいて、パンティストッキング部10のレッグ部12の足側端部と縫合されていてもよい。例えば、フットカバー部20は、周縁部120のうち爪先部21の近傍および踵部22の近傍においてレッグ部12の足側の端部と縫合されていてもよい。この場合、フットカバー部20の周縁部120におけるレッグ部12と縫合されていない部分と、レッグ部12の足側の端部との間には間隙が生じる。これにより、フットカバー一体型パンティストッキング1は、通気性が向上し、着用時の蒸れをより低減させることができる。また、フットカバー一体型パンティストッキング1において、フットカバー部20とレッグ部12との間に間隙が生じて通気性が向上することにより、例えば洗濯時においてフットカバー部20を乾き易くすることができる。
【0017】
上記実施形態において、パンティストッキング部10とフットカバー部20とは縫合によって一体形成されているとしたが、本考案は、これに限られない。例えば、フットカバー一体型パンティストッキング1は、パンティストッキング部10のレッグ部12の端部とフットカバー部20の周縁部120とが、接着剤等によって接着されていてもよい。また、レッグ部12の端部とフットカバー部20の端部とは、加圧によって接合(圧着)されていてもよい。
【0018】
1 フットカバー一体型パンティストッキング1
10 パンティストッキング部
11 パンティ部
12 レッグ部
20 フットカバー部
21 爪先部
22 踵部
23 足裏部
120 周縁部

(57)【要約】

【課題】本考案は、フットカバーとパンティストッキングを一体化することによって、着用時の蒸れと破れを低減することができるフットカバー一体型パンティストッキングを提供することを目的とする。【解決手段】フットカバー一体型パンティストッキング1は、パンティストッキング部10と、着用時に着用者の足の爪先、踵および足裏を被覆し、且つ甲および足首を露出する形状を有するフットカバー部20と、を備え、フットカバー部20は吸湿性および耐磨耗性を有する素材で形成され、パンティストッキング部10と一体形成されていることを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):