(54)【考案の名称】クランプ装置

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、クランプ装置に関するものであり、特に携帯電話固定用のクランプ構造に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
携帯電話用のクランプ装置は広く使われ、一般的に、その構造は、二つの挟持アームの同期移動により携帯電話を挟むもの、又は一つの挟持アームが固定であると共に他の挟持アームが移動可能であることにより挟むものが存在し、その動作方法として、クランプとリリースの二つの動作が存在する。現在において、一つの動作がバネにより補助的に実現する構造が存在するものの、手動でリリースボタンを押す必要がある。例えば、携帯電話を挟む場合、まずユーザは手動で二つの挟持アームを押して移動させ、それらが所定位置に移動すると自動的に挟むようになり、挟む効果を奏する。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
しかし、上記構造では、引き続きのリリース動作として、前記バネで二つの挟持アームを離隔するような付勢力を付与することができるものの、手動でリリースボタンを押さない限り自動的に離隔することができない。また、前記のことからみると、使用において不便である。
そこで、本考案は操作においてより便利かつ素早い新規な構造を提案するものである。
本考案は、クランプ装置を提供することを主な目的とし、特に、ユーザが片手かつ簡単な操作で、携帯電話を前記クランプ装置から取り外し又は前記クランプ装置に載置して挟むことができ、操作においてより便利かつ素早いクランプ装置を提供することを目的とするものである。

(57)【要約】

【課題】ユーザが片手で携帯電話を取り外し又は載置可能なクランプ装置を提供する。【解決手段】ハウジング1と、第一挟持アーム2と、第二挟持アーム3と、縦方向支持アーム4と、二つの歯車と、弾性部材と、を有し、第一挟持アーム2と第二挟持アーム3はハウジング1に取り付けられると共に互いに接離可能であり、第一挟持アームは第一ラックを有し、第二挟持アームは第二ラックを有し、縦方向支持アーム4は、ハウジング1に取り付けられると共に縦方向に移動可能であり、両側にそれぞれ左側ラックと右側ラックを有し、二つの歯車はハウジングに取り付けられ、左側ラックは一つの歯車を介して第一ラックと噛合し、右側ラックは他の歯車を介して第二ラックと噛合し、縦方向支持アームが下方へ移動する場合、第一挟持アームと第二挟持アームは互いに離隔するように移動し、弾性部材は、ハウジング内に設置されると共に縦方向支持アームに連結されることで、縦方向支持アームに対して上方へ復帰するような付勢力を付与する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):