(54)【考案の名称】台車

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、塊状に巻回した長尺部材をその先端側から繰り出し可能とするために使用される長尺部材用回転体を支持するための台車に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来から、例えばホースやケーブルのような長尺部材を塊状に巻回し、これを所定の位置に運搬してホースあるいはケーブルとしての機能を発揮するように使用している。巻回された状態の長尺部材の塊は、一般に移動不能に置かれた回転テーブルの上に設置・装着されて先端側から繰り出して使用される。このような長尺部材の一例として、例えば特許文献1の図9や図10で示すような芯無し状態のケーブル束(ケーブル塊)を挙げる。
【0003】

【効果】

【0011】
本出願の考案によれば、長尺部材用回転体は台車によって地上面を移動させることができるため、長尺部材用回転体を自在に移動させることができる。そして、台車とともに長尺部材用回転体を移動させて巻回した長尺部材の塊状体の位置まで移動させて塊状体をセットさせることで、遠くにある長尺部材用回転体まで人力で巻回した長尺部材の塊状体を持ち上げて運搬する必要がなくなるので、長尺部材の塊状体を運搬する労力を軽減することができる。また、長尺部材用回転体の使用予定位置を当初の予定位置から容易に変更することができる。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本考案の実施の形態の台車の斜視図。
【図2】図1の台車に使用される回転テーブルの一例であって、(a)は斜視図、(b)は正面図。
【図3】(a)固定キャスターの正面図、(b)自在キャスターの正面図。
【図4】台車上にホースの塊状体をセットした回転テーブルを支持させた状態の正面図。
【図5】台車上に複数の回転テーブルを積み上げる一例を説明する説明図。
【図6】図5において台車上に複数の回転テーブルを積み上げた状態の一例を説明する説明図。
【図7】図1の台車に使用されるドラムの一例の斜視図。

【0013】
以下、本考案の台車の一実施例について図面に基づいて説明する。
図1、図4〜図6に示すように、台車1は断面方形の合金製の4本のフレーム2を十字形状、つまり複数のフレーム2を90度ずつずれた状態で付き合わせて本体3が構成されている。各フレーム2は互いに突き合わせた中央位置において合金製の正方形の取り付けプレート4の裏面に溶接されている。溶接された状態で各フレーム2は中心から取り付けプレート4の裏面の面方向に沿って水平に周囲に延出されている。取り付けプレート4の上面中央位置、つまり本体3の中央位置には円筒形状の合金製の支柱5が溶接によって立設されている。フレーム2は3本が同じ長さで1本のフレーム2だけが長く構成されている。長いフレーム2の先端上面には把手6が固着されている。
各フレーム2の先端寄り上面位置には同形状の固定キャスター7が回動可能に固着されている。図1に示すように、各固定キャスター7はフレーム2上面に溶着された合金製の正方形の取り付けプレート8の上面に固着されている。図3(a)に示すように、固定キャスター7の車輪9はキャスター本体10の軸受け部10aによって支持されている。固定キャスター7は本体3の中央位置から等距離に配置され、かつ固定キャスター7の回動軸方向は常に本体3の中央方向を指向している。
【0014】
各フレーム2の先端寄り裏面位置には同形状の自在キャスター11が回動可能に固着されている。図1に示すように、自在キャスター11はフレーム2上面に溶着された合金製の正方形の取り付けプレート12の裏面(下面)に固着されている。図3(b)に示すように、車輪13は自在キャスター11の軸受け部14aによって支持されている。軸受け部14a(及び車輪13)は固定座14bに対してベアリング16を介して旋回回能に支持されている。また、車輪13の中心軸Pは固定座14bの中心軸方向Q内には存在せず、ずれた位置とされている。そのため軸受け部14aより下方は自在キャスター11の進行方向に応じて旋回して自在に向きを変えることができる。自在キャスター11にはブレーキ用つまみ15が一方の軸受け部14aに取着されている。ブレーキ用つまみ15を回動させることで、図示しない突起が軸受け部14aに干渉し、軸受け部14aを内側に押動して車輪13を制動するようになっている。
各自在キャスター11は各固定キャスター7の裏面位置に配置されている。つまり、各自在キャスター11も本体3の中央位置から等距離に配置されている。
【0015】
このような構成の台車1は次のように使用される。
図2はこのような構成の台車1に載置するための長尺部材用回転体の一例としての回転テーブル17である。
回転テーブル17は木製のテーブル本体18と合金製の支柱セット19から構成されている。支柱セット19は略三角形形状の取り付け座20と、取り付け座20の角寄りに立設された3本の同じ長さの支柱21から構成されている。取り付け座20の中心とテーブル本体18の中心が一致するように支柱セット19はボルト22及びナット23によって固定されている。テーブル本体18及び取り付け座20の中心には表裏に連通する透孔24が形成されている。
回転テーブル17のテーブル本体18上には、図4に示すように塊状に巻回した長尺部材として、例えばホースの塊状体25が3本の支柱21の周囲に配置されるようにセットされる。
【0016】
回転テーブル17を台車1に支持させ、更にその上に塊状体25をセットする際には、例えば以下のようないくつかの台車の使用態様が考えられる。
(1)台車1に回転テーブル17のみが載置されている場合に、塊状体25が置いてある場所に自在キャスター11を使用して台車1を移動して塊状体25を回転テーブル17上にセットする。そして、塊状体25を使用する場所に台車1を移動させ、自在キャスター11が転動しないように車輪13を制動してホースを使用する(図4の状態)。塊状体25からホースが引き出されると、その引き出しの際のホースの引っ張り力によって回転テーブル17は固定キャスター7上でスムーズに自転する。
(2)回転テーブル17の上に塊状体25がセットされている位置に台車1のみを自在キャスター11を使用して移動させ、塊状体25もろとも回転テーブル17を台車1の上に載置し、そして、塊状体25を使用する場所に台車1を移動させ、自在キャスター11が転動しないように車輪13を制動してホースを使用する(図4の状態)。塊状体25からホースが引き出されると、その引き出しの際のホースの引っ張り力によって回転テーブル17は固定キャスター7上でスムーズに自転する。
(3)台車1、回転テーブル17、塊状体25がそれぞればらばらの位置にある場合に、台車1を自在キャスター11を使用して移動させて、まず、回転テーブル17のある場所まで移動させ、回転テーブル17を載置する。次いで、塊状体25が置いてある場所に台車1を移動して塊状体25を回転テーブル17上にセットする。そして、最後に塊状体25を使用する場所に台車1を移動させ、自在キャスター11が転動しないように車輪13を制動してホースを使用する(図4の状態)。塊状体25からホースが引き出されると、その引き出しの際のホースの引っ張り力によって回転テーブル17は固定キャスター7上でスムーズに自転する。
【0017】
また、このように塊状体25を運搬するだけではなく、空の状態の回転テーブル17や台車1をまとめて運搬することができる。図5及び図6に基づいて一例として4つの空の状態の回転テーブル17と2つの台車1を上下方向に直列に積んで移動させる場合について説明する。
図5に示すように、補助支柱27を下側の台車1の支柱5にほぞとほぞ穴の関係で(本実施の形態では補助支柱27の両端側がほぞ27aとなる)嵌挿させて立設させる。この状態で回転テーブル17を1つおきに上下反転させて補助支柱27を回転テーブル17の透孔24に挿通させていく。支柱セット19が向かい合わせになっている回転テーブル17同士の支柱21の長さは一致する。上方から上側の台車1を上下反転させて補助支柱27に支柱5にほぞとほぞ穴の関係で(本実施の形態では補助支柱27側がほぞとなる)嵌挿させる。図6は図5に示す順で積み重ねた状態である。このように回転テーブル17を1つおきに上下反転させることで上下方向の長さを最小して積み重ねることができる。
【0018】
上記のように構成することで、本実施の形態では次のような効果が奏される。
(1)重量のある塊状体25を回転テーブル17の設置される位置まで持ち上げて運搬する必要がなくなる。
(2)塊状体25をセットした回転テーブル17を所望の位置に移動させて使用することができることとなる。
(3)塊状体25をセットした位置が多少ずれていても、台車1を移動させればよいため、使用位置の微調整ができる。
(4)使用していない回転テーブル17を片付ける際には多段に回転テーブル17を積んで1つの台車1で移動させられるため、片付け作業が楽になる。また、回転テーブル17を多段に積んだまま収納することも可能であり場所を取らずに収納が可能である。
積んで移動できる。
(5)把手6があるので、これを利用して押したり引いたりして自在キャスター11を使用して台車1を移動させられる。
【0019】
上記実施の形態は本考案の原理およびその概念を例示するための具体的な実施の形態として記載したにすぎない。つまり、本考案は上記の実施の形態に限定されるものではない。本考案は、例えば次のように変更した態様で具体化することも可能である。
・長尺部材用回転体として、上記実施の形態では回転テーブル17で説明したが、図7のようなドラム28でもよい。ドラム28の2枚の円板29に挟まれた軸部30の外周に長尺部材を塊状に巻回して塊状体を形成し台車1の上に設置するようにしてもよい。その場合にはドラム28の円板29間に形成された透孔31に支柱5を嵌挿させてドラム28を立設させる。このように載置することでドラム28の回転軸方向は縦方向(垂直方向)となる。
ドラムの回転軸が垂直方向となって台車で支持されるため、微調整ができる。
・回転テーブル17の構成は上記以外でもよい。例えば、上記の支柱5は4本以上であってもよい。塊状体25はホース以外で構成してもよい。
・空の状態の回転テーブル17や台車1をまとめて運搬する際の積み方は、上記は一例であり上記以外の積み方でもよい。
・補助支柱27のほぞとほぞ穴の関係は上記以外でもよい。抜けないようにロック機構があってもよい。
・台車1を自由に移動させるには自在キャスター11がいいが、他の車輪部材でもよい。また、固定キャスター7や自在キャスター11の数は上記以外でも良い。
・本体3の形状は上記は一例であり十字形状以外でもよい。
把手6は二箇所以上に設けるようにしてもよい。
本考案は上述した実施の形態に記載の構成に限定されない。上述した各実施の形態や変形例の構成要素は任意に選択して組み合わせて構成するとよい。また各実施の形態や変形例の任意の構成要素と、考案を解決するための手段に記載の任意の構成要素または考案を解決するための手段に記載の任意の構成要素を具体化した構成要素とは任意に組み合わせて構成するとよい。これらについても本願の補正または分割出願等において権利取得する意思を有する。
また、意匠出願への変更出願により、全体意匠または部分意匠について権利取得する意思を有する。図面は本装置の全体を実線で描画しているが、全体意匠のみならず当該装置の一部の部分に対して請求する部分意匠も包含した図面である。例えば当該装置の一部の部材を部分意匠とすることはもちろんのこと、部材と関係なく当該装置の一部の部分を部分意匠として包含した図面である。当該装置の一部の部分としては、装置の一部の部材としてもよいし、その部材の部分としてもよい。
【0020】
1…台車、3…本体、5…支柱、7…第1の車輪部材としての固定キャスター、11…第2の車輪部材としての自在キャスター、17…長尺部材用回転体としての回転テーブル。

(57)【要約】

【課題】塊状に巻回したホース等の長尺部材をその先端側から繰り出し可能とするために使用される回転テーブルを支持するための台車を提供する。【解決手段】塊状に巻回した長尺部材がセットされる台車1において、本体3と、本体3に立設され、回転テーブルの回転中心に形成された透孔に挿入するための支柱5と、本体3の上面に取着され、回転テーブルが本体3上に載置される際に回転テーブルの裏面にその転動面で当接して回転テーブルを支持するとともに、前記支柱方向に軸方向が指向する3つの固定キャスター7と、本体3の裏面に取着され、本体3を支持する3つの自在キャスター11と、を有するようにした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):