(54)【考案の名称】挟持機構を備えたバーコードスキャナー

(73)【実用新案権者】神▲ライ▼光電股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、バーコードスキャナーに関するもので、特に携帯電子機器に結合する挟持機構を備えたバーコードスキャナーに係る。

【従来の技術】

【0002】
バーコードスキャナーについて、現有の携帯電子機器(例として携帯電話もしくはタブレット端末等)の設計、製造のバーコードスキャナーは、バーコードスキャナーを携帯電子機器と結合し、スキャンしたバーコードに代表する情報を携帯電子機器に伝送して処理する。
【0003】

【効果】

【0008】
本考案の挟持機構を備えたバーコードスキャナーは、従前の技術と比較して、各種異なるサイズの携帯電子機器を簡単便利且つ安定して挟持するので長時間使用でも緩んで脱落しないという利点がある。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】本考案の第一実施例の後視時の立体図である。
【図2】本考案の第一実施例の立体分解図である。
【図3】本考案の第一実施例の正面視の平面図(動作前)である。
【図4】図3に基づき携帯電子機器後で挟持した平面図である。
【図5】本考案の第二実施例の後視時の立体分解図である。
【図6】図5の巻き付けて蓋した後の平面図である。
【図7】本考案の第三実施例の正視時の指示図である。
【図8】本考案の第四実施例の正視時の指示図である。

【0010】
両辺弾性挟持機能を備えた挟持機構は、各種異なるサイズの携帯電子機器を簡単便利且つ安定して挟持する挟持機構を備えたバーコードスキャナーを提供することを本考案の目的とする。
【0011】
上述の目的を達成するため、本考案は、挟持機構を備えたバーコードスキャナーを提供し、携帯電子機器を挟持するのに用いる。更に台座、スキャナー、挟持機構を含む。そのうち、該スキャナーは該台座に設置し且つ伝送部品を備える。該スキャナーと該携帯電子機器の間は該伝送部品で伝送する。該挟持機構は、該台座の二相対側に設置した一対の挟持腕を含む。各該挟持腕は少なくとも一伸縮組部品を含み,該伸縮組部品は該台座に可動で挿入設置する桿体、該桿体に設置する停止部品と該桿体に対応して配置し該台座内に位置する弾性部品を含み,該弾性部品は該停止部品と該台座的内壁の間に弾性支持し,該対の挟持腕は各該桿体を該台座に相対させて伸ばし各該弾性部品を弾性圧縮し,該携帯電子機器は該対の挟持腕の間で弾性挟持される。
【0012】
本考案の詳細な説明と技術内容は、図式と共に以下のとおりであるが、図式は説明のための参考に過ぎず、本考案を制限するものではない。
【0013】
本考案は、挟持機構を備えたバーコードスキャナーを提供する。図4に示すとおり、携帯電子機器800(例として、携帯電話もしくはタブレット端末等)を本考案のバーコードスキャナー100に結合して用い、スキャンしたバーコードが示す情報を携帯電子機器800に伝送して後続処理を実施する。図1から図4に示すのは第一実施例であり、図5から図6に示すのが第二実施例であり、図7と図8に示すのは第三及び第四実施例である。
【0014】
図1から図4に示すとおり、本考案のバーコードスキャナー100の第一実施例は、台座1、スキャナー2及び挟持機構3を含み、挟持機構3によって携帯電子機器800を弾性挟持する。
【0015】
台座1は、相互に相対する正面1a(例として図3参照)と背面1b(例として図1、図2参照)、更に相対する二相対側(部品の符号表示なし,例として左側と右側)及び二相対側の間に連接する底辺1cを備える。
【0016】
スキャナー2は、台座1の背面1bに設置する。スキャナー2は伝送部品21を備え、良好なのは更に外付け充電差込孔22と一スイッチ23を備える。
【0017】
伝送部品21は、有線伝送部品(例として各図に示す伝送コード211)もしくは無線伝送部品(例として図未提示のブルートゥースモジュール)どちらでも良い。本考案は、この件につき、制限しない。本実施例では伝送コード211を例として説明する。伝送コード211はその一端に配置したコネクタを携帯電子機器800の対応接続するコネクタ(図未提示)に着脱可能で設置し、スキャナー2と携帯電子機器800の間を伝送コード211を経て有線伝送する。
【0018】
外付け充電差込孔22は、充電もしくは電気供給用とする。スキャナー2が充電もしくは電気供給を必要とする時、外付けケーブル(図未提示)で外付け充電差込孔22と電気供給電源(図未提示)の間に連接し、外付け充電差込孔22と外付けケーブルでスキャナー2充電もしくは電気供給する。
【0019】
スイッチ23は、スキャナー2の運転、もしくは充電の切換スイッチであり、充電が必要な時、充電モジュールに切り替えるか、もしくはスキャンしてバーコードを読み取る時、読取モジュールに切り替える。
【0020】
挟持機構3は、台座1の二相対側に設置する一対の挟持腕3a、3bを含む。各挟持腕3a、3bは、少なくとも一伸縮組部品31を含む。例として一個の伸縮組部品31を含むか、もしくは相互間隔で排列した数個の伸縮組部品31を含む。本実施例の各挟持腕3a、3bでは二個の伸縮組部品31を含んだもので説明する(例として図参照)。各伸縮組部品31は桿体311、停止部品312と弾性部品313を含む。そのうち,桿体311はそのうちの一相対側を経て台座1に可動設置し、停止部品312は、桿体311の適する箇所に設置し、弾性部品313は桿体311に対応して配置し台座1内に位置する。
【0021】
良好なものとして、停止部品312は桿体311の差込方向に沿った末端に挿入もしくは螺設して固定する。図が示すとおり、桿体311の自由端(もしくは内端と称する)には螺設段3111を成形し、停止部品312はネジ孔3121を穿設し,停止部品312のネジ孔3121を螺設段3111に対応して螺設し、桿体311の自由端に固定する。台座1の二相対側は二通道11をそれぞれ形成し、各通道11内の一箇所もしくは一端には頸縮部111(図3参照)を成形する。各弾性部品313は各式可能な方式でそれぞれ各停止部品312と各頸縮部111(即ち台座1の各総対応内壁)の間に弾性支持し、つまり停止部品312と頸縮部111は互いに離れ且つ相対する。本実施例では各弾性部品313を各桿体311にそれぞれ嵌合するのを例として説明する。各挟持腕3a、3bにおいて、二個の伸縮組部品31の桿体311は互いに間隔を開けて排列し且つ挟持部314を連接する。
【0022】
挟持部314は、一体連接、もしくは非一体で二個の伸縮組部品31の桿体311の間に連接するが、本考案は、これに対して制限しない。本実施例中においては一体連接で説明する。更に挟持部314は二桿体311の外端に相対して一体折曲成形する。このようにして、各桿体311の両端(内端と外端)は停止部品312と挟持部314のそれぞれ制限を受けて過度に伸縮しない。
【0023】
更に説明すると、その他実施例において、各挟持腕3a、3bの二伸縮組部品31はそのうちの一伸縮組部品31は弾性部品313を備え、別一伸縮組部品31は弾性部品313を設置してもしなくてもよく、そのようにしても各挟持腕3a、3bは弾性挟持機能を備える。
【0024】
図3は、自然の状態において、二挟持腕3a、3bは各弾性部品313を各停止部品312と各頸縮部111の間に弾性支持することにより、各桿体311をすべて台座1内に収縮させる。この時、二挟持腕3a、3bの挟持部314間の距離は最短である。
【0025】
図4に示すとおり、携帯電子機器800を挟持する時,二挟持腕3a、3bをただ引っ張るか、もしくは弾くだけで、二挟持腕3a、3bの桿体311が台座1にそれぞれ相対して延び、各弾性部品313を相対弾性圧縮して弾性復位力を生み、更に携帯電子機器800が二挟持腕3a、3bの挟持部314の間に弾性挟持される。拠って、本考案のバーコードスキャナー100は挟持機構3の両辺弾性挟持機能によって、各種異なるサイズの携帯電子機器800を簡単便利且つ安定して挟持する。
【0026】
更に、伸縮組部品31の各桿体311の長さは、台座1の幅(即ち前述二相対側間の距離)に相対し、最大伸縮行程を備える。更に前述の二挟持腕3a、3bは、本考案において、第一挟持腕3aと第二挟持腕3bと別に命名しても良い。図3に示すとおり、第一挟持腕3aの各桿体311と第二挟持腕3bの各桿体311の間は互い違いであるため、互いに干渉しない効果、及び各桿体311に最大伸縮行程効果を備える。
【0027】
その他、挟持部314は更に滑り止め部品315(例として図2と図4参照)を設置してもよい。携帯電子機器800は各挟持腕3a、3bの滑り止め部品315の間に挟持されることで、携帯電子機器800の滑り止めと保護を兼ねて傷が付かない効果を備える。そのうち,挟持部314は、更に凸延長段3141を一体折曲し、滑り止め部品315は凸延長段3141に対応して嵌入する。
【0028】
図5と図6が示すのは、本考案のバーコードスキャナー100の第二実施例である。第二実施例は第一実施例とほぼ同じであるが、異なる点として、更に巻取り柱13を増設する。
【0029】
台座1の背面1bに数本の巻取り柱13を凸設する。該伝送コード211は各巻取り柱13に巻き付けることで長さを短縮する。携帯電子機器800の該対応コネクタは短辺に設置し台座1の底辺1cに相対して近づけると、伝送コード211の該コネクタは携帯電子機器800の対応コネクタに近づく。そのため各巻取り柱13に巻き付けることで外に露出した伝送コード211の長さを短縮する。
【0030】
美観のため、更に台座1上に飾り蓋5を増設する。飾り蓋5は各巻取り柱13に対応して遮蔽し、美観効果を備える。
【0031】
図7に示すのは、本考案のバーコードスキャナー100の第三実施例である。第三実施例は、前述第一実施例とほぼ同じであり、異なる点は更にキーボード挟持腕4を含むことだけである。
【0032】
キーボード挟持腕4は、互いに間隔を開けて排列する数本の桿体41を含む。キーボード挟持腕4の各桿体41は、台座1の底辺1cに可動で挿入設置し、キーボード挟持腕4の各桿体41を台座1に相対して伸縮させ、大きさが異なる携帯電子機器800に基づき、実体キーボード900位置を調整し、それによってキーボード挟持腕4と底辺1cの間で実体キーボード900を挟持し、使用者は直接実体キーボード900を使用して操作する。
【0033】
図8は、本考案のバーコードスキャナー100の第四実施例である。第四実施例は前述第一実施例とほぼ同じであり、異なる点は、スキャナー2に更に充電電池14を設置し、台座1は更にワイヤレス充電モジュール15を設置する。携帯電子機器800にワイヤレス充電モジュール設置し且つ相互に対応させる時,無線充電することができ、スキャナー2の充電電池14に電気を保存できる。当然、反対に携帯電子機器に充電もできる。
【0034】
上述のとおり、本考案の挟持機構を備えたバーコードスキャナーは、予定の使用目的を達成し、公知の欠点を改善する。また新奇性及び進歩性を備えることから、本考案は実用新案登録申請要件に完全に符合すると言える。
【0035】
以上は、本考案の良好な実行可能な実施例に過ぎず、本考案を請求範囲を制限するものではない。拠って、本考案の説明書及び図式の内容に等効果の構造変化はすべて本考案の請求項に含まれるものとする。
【0036】
100 バーコードスキャナー
1 台座
1a 正面
1b 背面
1c 底辺
11 通道
111 頸縮部
13 巻取り柱
14 充電電池
15 ワイヤレス充電モジュール
2 スキャナー
21 伝送部品
211 伝送コード
22 外付け充電差込孔
23 スイッチ
3 挟持機構
3a 挟持腕
3b 挟持腕
31 伸縮組部品
311 桿体
3111 螺設段
312 停止部品
3121 ネジ孔
313 弾性部品
314 挟持部
3141 凸延長段
315 滑り止め部品
4 キーボード挟持腕
41 桿体
5 飾り蓋
800 携帯電子機器
900 実体キーボード

(57)【要約】

【課題】各種異なるサイズの携帯電子機器を簡単便利且つ安定して挟持する効果を備える挟持機構を備えたバーコードスキャナーを提供する。【解決手段】挟持機構を備えたバーコードスキャナー100は、携帯電子機器800を挟持するのに用い、更に台座1、スキャナー及び挟持機構3を含む。スキャナーは台座に設置し、且つ情報を伝送するのに用いる伝送部品21を備える。挟持機構は台座の二相対側に設置する二挟持腕3a、3bを含み、挟持腕は伸縮組部品を含み、伸縮組部品は台座に可動挿入する桿体311、桿体に設置する停止部品312と桿体に対応して配置する弾性部品313を含む。弾性部品は停止部品と台座的内壁の間に弾性支持し、二挟持腕は各桿体が台座に相対して延び、各弾性部品を弾性圧縮し、携帯電子機器は二挟持腕の間で弾性挟持される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):