(54)【考案の名称】情報表示媒体

(73)【実用新案権者】有限会社 みさとみらい21

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、所定の情報を表示するための情報表示媒体に係り、特にノートやアルバムなどの情報表示媒体を安定して立設可能な情報表示媒体に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来では、記録紙を蛇腹状に折り曲げて作製する写真アルバムが知られている(下記特許文献1参照)。
【0003】

【効果】

【0015】
本考案によれば、表紙部と、裏表紙部と、表紙部と裏表紙部に接続するシート部と、を有し、シート部が全体として蛇腹状に形成された情報表示媒体であって、情報表示媒体が立設した状態で水平方向に延びる中心線よりも下側に重心位置を位置させるための重心位置偏移手段を設けたことにより、情報表示媒体の重心位置が低くなり、安定して立設させることができる。特に、全体として蛇腹状に構成されているため、強度不足で不安定になりがちであるが、重心位置を制御することで立設時の安定性を実現できる。
【0016】
前記重心位置偏移手段が、前記中心線を基準として情報表示媒体の上下の部分で質量を異ならせるための質量調整手段であることにより、情報表示媒体の重心位置を容易に偏移させることができる。
【0017】
前記重心位置偏移手段は、前記中心線を基準として情報表示媒体の上下の部分で形状を異ならせるための形状調整手段であることにより、情報表示媒体の重心位置を容易に偏移させることができる。
【0018】
また、前記質量調整手段又は前記形状調整手段は、切欠き部又は開口部であることにより、切欠き部又は開口部によって容易にその部分の質量を削減できる。また、部品点数が増加せず、低コストを実現できる。
【0019】
また、表紙部又は裏表紙部は、厚み方向に関する貫通孔と、貫通孔の開口部の一方を塞ぐポケット部と、を有し、ポケット部に情報媒体を挿入可能にしたことにより、ポケット部に情報媒体を挿入することで表紙部又は裏表紙部に所定の情報を表示させることができる。また、情報媒体を差し替えることにより、様々な種類の情報を表示できる。
【0020】
また、ポケット部が重心位置偏移手段であることにより、情報媒体の収納機能と重心位置偏移機能を兼備させることができる。この結果、部品点数を削減できる。
【0021】
また、表紙部及び裏表紙部の厚み寸法が、シート部の厚み寸法の5倍以上10倍以下に設定されていることにより、表紙部及び裏表紙部の設置面に対する設置面積が大きくなる。これにより、情報表示媒体の立設状態の安定性が向上する。
【0022】
また、表紙部及び裏表紙部は、相互に固定可能な位置決め手段を有することにより、表紙部と裏表紙部との間が不意に開かず、その状態が維持される。また、情報表示媒体が立設した状態で、その姿勢を維持できる。
【図面の簡単な説明】
【0023】
【図1】本考案の第1実施形態に係る情報表示媒体の斜視図である。
【図2】本考案の第1実施形態に係る情報表示媒体の立設した状態の正面側及び背面側から見た図である。
【図3】本考案の第1実施形態に係る情報表示媒体の蛇腹を開閉した状態を底面側から見た図である。
【図4】本考案の第2実施形態に係る情報表示媒体の構成図である。
【図5】本考案の第3実施形態に係る情報表示媒体の構成図である。

【0024】
本考案の第1実施形態に係る情報表示媒体について説明する。第1実施形態では、情報表示媒体の一例としてアルバムを例に挙げて説明するが、アルバムに限定されるものではなく、例えば、ノートその他の文具類及びおもちゃに属するすべてのものが含まれる。
【0025】
図1乃至図3に示すように、情報表示媒体10であるアルバム12は、表紙部14と、裏表紙部16と、表紙部14と裏表紙部16に接続するシート部18と、を有し、シート部18が山折りと谷折りを交互に繰り返して全体として蛇腹折りに形成されている。
【0026】
表紙部14は、厚紙等で構成され、所定の厚み寸法を有し、所定の強度を有している。図2に示すように、表紙部14の厚み寸法Xは、シート部18の厚み寸法Yの5倍以上10倍以下の範囲に設定されていることが好ましい。このため、表紙部14は、シート部18と比較して高い強度を有し、アルバム12が立設した状態の設置面に対する設置面積が大きくなる。
【0027】
アルバム12が立設した状態とは、図2に示すように、アルバム12の設置面積の少ない部位(例えば、表紙部14と裏表示部16の底面)で立たせた状態を意味する。このとき、シート部18が蛇腹状に形成されているため、シート部18の端面も設置面に設置し、立設したときの安定性が向上する。
【0028】
表紙部14には、所定の情報、例えば写真や紙などの情報媒体を保持する構造を有していてもよく、また表面に所定のデザインを描くなどして、装飾性を高めることができる。
【0029】
表紙部14は、厚み方向に関する貫通孔20と、裏側に貫通孔20の開口部の一方を塞ぐポケット部22と、を有している。ポケット部22に写真や紙などの情報媒体を挿入可能にしたことにより、ポケット部22に情報媒体24を挿入するだけで貫通孔20を通して表紙部14に所定の情報を表示させることができる。また、情報媒体24を差し替えることにより、様々な種類の情報を表示できる。
【0030】
なお、裏表紙部16にも同様の構造を有していてもよいが、本実施形態では説明の便宜上、省略する。
【0031】
ポケット部22の主要部分は、アルバム12の重心位置を後述する中心線MLよりも下側の位置に設けられている。このため、貫通孔20が形成されていてもポケット部22でその部分の質量を増すことができる。
【0032】
なお、ポケット部22の構成と名称は特に限定されるものではない。例えば、所定の情報媒体を収納することができる収納部であればよい。収納部自体には、質量を有するものであるため、後述する重心位置偏移手段26としての機能を兼備したものになる。
【0033】
裏表紙部16は、厚紙等で構成され、所定の厚み寸法を有し、所定の強度を有している。図2に示すように、裏表紙部16の厚み寸法Zは、シート部18の厚み寸法Yの5倍以上10倍以下の範囲に設定されていることが好ましい。このため、裏表紙部16は、シート部18と比較して高い強度を有し、アルバム12が立設した状態の設置面に対する設置面積が大きくなる。
【0034】
裏表紙部16には、所定の情報、例えば写真や紙などを保持する構造を有していてもよく、また表面に所定のデザインを描くなどして、装飾性を高めることができる。
【0035】
ここで、アルバム12、具体的には表紙部14、裏表紙部16及びシート部18には、アルバム12が立設した状態で水平方向に延びる中心線MLよりも下側に重心位置GTを位置させるための重心位置偏移手段26が設けられている。
【0036】
なお、重心位置偏移手段26は、表紙部14、裏表紙部16又はシート部18の少なくともいずれか1つに形成されていてればよい。
【0037】
中心線MLとは、図2に示すようにアルバム12が立設した状態で高さ方向の中点を通って、水平方向に延びた直線を意味する。
【0038】
重心位置GTには、アルバム12全体としての全体重心位置という意味である。
【0039】
すなわち、図2に示すように、表紙部14、裏表紙部16及びシート部18の各単体の全ての単体重心位置G1〜G6が中心線MLよりも下側に位置している構成だけではなく、各単体のいずれかの単体重心位置G1〜G6が中心線MLよりも上側に位置していても、アルバム全体としての重心位置GTが中心線MLよりも下側に位置すればよく、アルバム12が立設したときの安定性が増加する。
【0040】
重心位置偏移手段26として、中心線MLを基準としてアルバム12の上下の部分で質量を異ならせるための質量調整手段27(図1参照、図2では図示省略)で構成されていることにより、重心位置偏移手段26を容易に形成することができ、アルバム12の重心位置GTを容易に偏移させることができる。
【0041】
具体的には、質量調整手段27は、中心線MLを基準としてアルバム12の下側の部位の質量が上側の部位の質量よりも大きくなるように、アルバム12の中心線MLの上下で質量を調整する。このため、アルバム12の重心位置GTが中心線MLよりも下側に位置することになる。
【0042】
重心位置偏移手段26として、前記中心線MLを基準としてアルバム12の上下の部分で形状を異ならせるための形状調整手段29(図1参照、図2では図示省略)であることにより、重心位置偏移手段26を容易に形成することができ、アルバム12の重心位置GTを容易に偏移させることができる。
【0043】
具体的には、形状調整手段29は、中心線MLを基準としてアルバム12の下側の部位の表面積が上側の部位の表面積よりも大きくなるように、アルバム12の中心線MLの上下で形状を調整する。このため、アルバム12の重心位置GTが中心線MLよりも下側に位置することになる。
【0044】
重心位置偏移手段26、質量調整手段27及び形状調整手段29の一例として、例えば、アルバム12が立設した状態において、中心線MLに関してアルバム12の上下の部分で形状を異ならせるための切欠き部28であることが好ましい。
【0045】
表紙部14、裏表紙部16及びシート部18の中心線MLよりも上側に切欠き部28を形成することにより、その部分の質量が削減する。そして、重心位置GTは、切欠き部26が形成されていない下側へ移動する。また、重心位置偏移手段26を切欠き部28とすることにより、部品点数が増加せず、低コストを実現できる。
【0046】
切欠き部28とは、表紙部14、裏表紙部16及びシート部18の一部を切り取り除去するための機能を有する。
【0047】
なお、図示しないが、切欠き部28に替えて、開口部又は貫通孔を形成してもよい。開口部又は貫通孔を形成することにより、その部分の質量が削減したり、形状が変更する。これにより、中心線MLの上下の部分で形状又は質量が異なるようになる。
【0048】
また、図示しないが、切欠き部28に替えて、質量又は表面積を削減するための傾斜部、角部又は湾曲部で形成してもよい。
【0049】
ここでは、切欠き部28は、一例として、表紙部14、裏表紙部16及びシート部18の水平方向に延びる中心線MLよりも上側の位置に形成されている。これにより、アルバム12の重心位置GTが中心線MLよりも下側に偏移する。
【0050】
重心位置偏移手段26の他の構成として、例えば、表紙部14、裏表紙部16及びシート部18の厚み寸法が高さ方向の下側に向かうにつれて厚くなるようにすることで、アルバム12の重心位置が中心線MLよりも下方に移動する。
【0051】
重心位置偏移手段26の他の構成として、表紙部14、裏表紙部16及びシート部18に貫通孔や開口部を形成することで、その部分の質量が低下する。これにより、アルバム12の重心位置を制御できる。すなわち、中心線MLよりも上側に貫通孔や開口部を形成することにより、中心線MLよりも下側にアルバム12の重心位置GTが移動する。
【0052】
重心位置偏移手段26の他の構成として、アタッチメント等の付属部品を中心線MLよりも下側の位置に取り付けてもよい。これにより、付属部品の質量の分だけ、アルバム12の下側の部位が部分的に重くなり、アルバム12の重心位置GTが中心線MLよりも下側に移動する。
【0053】
なお、付属部品の一例として、表紙部14、裏表紙部16及びシート部18に情報媒体24を収納する収納部を設けてもよい。前記ポケット部22は、当該収納部の一態様例として、アルバム12の重心位置GTを中心線MLよりも下側の位置に下げる機能を有する。これにより、ポケット部24は、情報媒体の収納機能と、重心位置偏移機能と、の2つの機能を兼備する。
【0054】
シート部18は、複数の谷折りと山折りを交互に繰り返して一体的に形成されている。谷折り及び山折りの数が多くなればなるほど、シート部18のシート面の数が多くなり、所定の情報を表示する領域が多くなる。これにより、情報表示機能が高くなる。
【0055】
具体的には、図2(a)に示すように、各シート部18の正面部18Aの中心線MLよりも上側の部位に第1の情報表示領域19Aが形成され、中心線MLよりも下側の部位に第2の情報表示領域19Bが形成されている。
【0056】
各シート部18の正面部18Aは、シート面と称される。
【0057】
また、図2(b)に示すように、各シート部18の背面部18Bには、同様にして、中心線MLよりも上側の部位に第3の情報表示領域19C、中心線MLよりも下側の部位に第4の情報表示領域19Dがそれぞれ形成されている。このように、各シート部18の両面に複数の情報表示領域19A〜19Dが形成されることにより、アルバム12の情報表示機能及び装飾機能が向上する。
【0058】
各シート部18の背面部18Bは、シート面と称される。
【0059】
本実施形態では、シート部18は、一体形成されたものが谷折り及び山折りを交互に繰り返して折り曲げられて構成されている。このため、シート部18の谷折りの部位に折り目が形成され、山折りの部位に折り目が形成され、全体として蛇腹状に形成されている。
【0060】
表紙部14及び裏表紙部16は、相互に固定可能な位置決め手段40、42を有している。これにより、表紙部14及び裏表紙部16は、相互に固定されて維持される。そして、表紙部14及び裏表紙部16は位置決め手段40、42で相互に固定されることにより、例えばシート部18の折り畳んだ状態又は表紙部14と裏表紙部16とが近接した状態で、表紙部14及び裏表紙部16の位置関係が維持される。この結果、表紙部14と裏表紙部16との間が不意に開かず、その状態が維持される。また、アルバム12が立設した状態で、表紙部14と裏表紙部16の位置を相互に固定することでその姿勢を維持できる。
【0061】
表紙部14及び裏表紙部16は、図1に示すようにアルバム12が閉じた状態で相互に位置決めされている態様でもよく、又は図2に示すようにアルバム12が開いて立設している状態で相互に位置決めされる態様でもよい。
【0062】
なお、位置決め手段40、42は、例えば、図1に示すような紐状部材でもよく、また、輪状に形成されたゴム、磁石、リングやその他の係合手段を用いてもよい。
【0063】
また、位置決め手段40、42として用いる磁石は、表紙部14及び裏表紙部16に中心線MLよりも下側に設けられることが好ましい。これにより、磁石が重心位置偏移手段26又は質量調整手段27の一態様としての機能を有し、アルバム12の重心位置GTが中心線MLよりも下側に位置するように作用する。
【0064】
次に、本考案の第1実施形態に係る情報表示媒体10の作用について説明する。
【0065】
図1乃至図3に示すように、表紙部14と、裏表紙部16と、表紙部14と裏表紙部16に接続するシート部18と、を有し、シート部18が全体として蛇腹状に形成されたアルバム12であって、当該アルバム12が立設した状態で水平方向に延びる中心線MLよりも重心位置GTを下側に位置させるための重心位置偏移手段26を設けたことにより、アルバム12の重心位置が中心線MLよりも低くなり、アルバム12を安定して立設させることができる。
【0066】
特に、アルバム12が全体として蛇腹状に構成されているため、強度不足で不安定になりがちであるが、アルバム12の重心位置GTを制御することで立設時の安定性を確保できる。
【0067】
このように、アルバム12は、例えば本のように開閉可能にして情報を閲覧することができるとともに、立設させたときの安定性も維持することができ、室内又は屋外でのインテリアとしての機能を有することになる。
【0068】
また、シート部18が蛇腹状に形成されているため、折り目によって区画された多くのシート面又は表示領域を形成することができる。これにより、シート部18の各シート面又は表示領域に異なる情報を表示することができ、情報表示機能が向上する。また、シート部18の正面部18Aと背面部18Bに異なる情報を表示することで、情報のカテゴライズ化が可能になり、装飾性が高くなる。
【0069】
ここで、表紙部14及び裏表紙部16の厚み寸法が、シート部18の厚み寸法の5倍以上10倍以下に設定されていることにより、表紙部14及び裏表紙部16の設置面に対する設置面積が大きくなる。これにより、アルバム12が立設した状態でその姿勢の安定性が向上する。
【0070】
特に、アルバム12の表紙部14、裏表紙部16及びシート部18に重心位置偏移手段26を設け、かつ表紙部14及び裏表紙部16の厚み寸法をシート部18の厚み寸法の5倍以上10倍以下に設定したことによる2つの相乗効果により、アルバム12が立設した状態における姿勢の安定性が格段に増す。
【0071】
重心位置偏移手段26は、アルバム12が立設した状態で水平方向に延びる中心線MLを基準としてアルバム12の上下の部分で形状を異ならせるための切欠き部28であることにより、切欠き部28によって容易にその部分の質量を削減できる。これにより、アルバム12の重心位置を容易に偏移させることができる。また、部品点数が増加せず、低コストを実現できる。
【0072】
次に、本考案の第2実施形態に係る情報表示媒体について説明する。第1実施形態の構成と重複する構成には同符号を付し、その説明を適宜省略する。なお、重心位置偏移手段26と、表紙部14及び裏表紙部16の厚み寸法の肉厚寸法は、第1実施形態の構成と同様である。
【0073】
図4に示すように、アルバム12は、表紙部14及び裏表紙部16を含め、シート部18の一方の側面端部側に固定手段30を有している。固定手段30は、例えば、各シート部18を貫通して設けられる挿入部32と、挿入部32の両端部を挟持可能な固定部本体34と、を有している。
【0074】
固定手段30は、周知のファイルリングのように、2つのパーツが組み立てられて構成されていてもよく、1つのパーツで開閉可能に構成され挿入部32が開放する構成でもよい。
【0075】
また、固定手段30として、シート部18の端部を外側から挟み込むためのクリップのように構成してもよい。
【0076】
また、固定手段30として、表紙部14、裏表紙部16又はシート部18に取り付けられた磁石でもよい。磁石のN極とS極で相互に磁力で引きつけることにより、アルバム12の一部が閉塞可能に構成できる。
【0077】
固定手段30は、シート部18に対して着脱可能に設けられている。これにより、固定手段30をアルバム12から取り外すことができ、使い勝手が良くなる。
【0078】
図4(a)に示すように、シート部18の一方の側面端部側に固定手段30が設けられている構成では、シート部18の一方の側面端部側が開かず、他方の側面端部側だけが開いて、シート部18の正面部18Aだけが露出して視認できる。
【0079】
図4(b)に示すように、シート部18の他方の側面端部側に固定手段30が設けられている構成では、シート部18の他方の側面端部側が開かず、一方の側面端部側だけが開いて、シート部18の背面部18Bだけが露出して視認できる。
【0080】
使い方の一例として、シート部18の一方の側面端部側と、他方の側面端部側とに、用途別の異なる情報媒体を表示しておき、用途に応じて固定手段30を設ける位置を変更することにより、用途に適った情報を視認可能にすることができる。
【0081】
次に、本考案の第3実施形態に係る情報表示媒体について説明する。第1実施形態の構成と重複する構成には同符号を付し、その説明を適宜省略する。なお、重心位置偏移手段26と、表紙部14及び裏表紙部16の厚み寸法の肉厚寸法は、第1実施形態の構成と同様である。
【0082】
図5に示すように、アルバム12は、各シート部18が分離して形成されており、例えば蝶番のような構成のコネクタ部36の挿入孔38に各シート部18の側面端部が着脱可能に挿入されて構成されている。このコネクタ部36により2つのシート部18が接続され、かつ開閉可能な構成になる。
【0083】
各シート部18がコネクタ部36に着脱自在に挿入されて全体のアルバム18が構成されることにより、各シート部18の個数を適宜調整することができる。すなわち、多く個数のシート部18が必要な場合には、コネクタ部36の個数を増やして、シート部18同士を接続する。他方、シート部18の個数を減らしたい場合には、減らす分のシート部18とそのコネクタ部36を取り外す。これにより、シート部18の個数を自在に調整することができる。
【0084】
なお、この構成では、コネクタ部36が中心線MLよりも下側の部位に配置されれば、コネクタ部36自体が重心位置偏移手段26又は質量調整手段27として機能する。
【0085】
なお、各実施形態は、本考案の一実施態様を示したに過ぎず、本考案がこれらに限られるものではない。本実施形態に対する設計変更程度の差異は、当然に、本考案の技術的思想の範囲内に含まれる。
【0086】
10 情報表示媒体
12 アルバム
14 表紙部
16 裏表紙部
18 シート部
20 貫通孔
22 ポケット部
24 情報媒体
26 重心位置偏移手段
27 質量調整手段
28 切欠き部
29 形状調整手段
30 固定手段
32 挿入部
34 固定部本体
36 コネクタ部
38 挿入孔
40、42 位置決め手段
X 表紙部の肉厚
Y 裏表紙部の肉厚
Z シート部の肉厚
ML 中心線


(57)【要約】

【課題】例えば本のように開閉可能にして情報を閲覧することができるとともに、立設させたときの安定性も維持することができる情報表示媒体を提供する。【解決手段】表紙部14と、裏表紙部16と、表紙部14と裏表紙部16に接続するシート部18と、を有し、シート部18が全体として蛇腹状に形成された情報表示媒体であって、情報表示媒体10が立設した状態で水平方向に延びる中心線MLよりも下側に重心位置GTを位置させるための重心位置偏移手段26を設けた。重心位置偏移手段26は、中心線MLを基準として上下の部分で質量を異ならせるための質量調整手段27、又は中心線MLを基準として上下の部分で形状を異ならせるための形状調整手段29であり、質量調整手段27又は形状調整手段29は、切欠き部28又は開口部である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):