(54)【考案の名称】手帳ジャケット

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、手帳やメモ帳等の差し替え、増設を可能とすることにより、複数の手帳等を目的に応じて使い分けたり、交換したり、増冊することに適した手帳ジャケットに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、ブックカバーや手帳カバーとしては、二つ折りされるカバー本体の見開き内側に設けられた左右一対の差込部に文庫本や手帳の表表紙と裏表紙を差し込み、文庫本や手帳を保持して読書や書き込み等を行い、読了後や使用後には新たな文庫本や手帳に差し替えて使用するものが公知となっている。
【0003】
しかし、このようなブックカバーや手帳カバーでは、複数の文庫本や手帳を同時に使用することができず、目的に応じて一々差し替える必要があるため、使用者にとっては非常に煩わしいものとなる。
【0004】
また、一冊で使用をしていても、後に別の手帳等を同時に使用する需要が生じた場合には別のカバーを用意する必要があり、使用者にとって不経済となる。
【0005】
また、複数の手帳を収納し、保持することができる手帳カバーとしては、あらかじめカバー本体に複数の差込用袋部を形成したものが公知となっている。
【0006】
しかし、複数の差込用袋部をカバー本体に形成するには、部数分の素材や縫製加工が必要となるため、一冊で使用をする手帳カバーに比べて製造費用や手間が大幅に嵩むことになる。
【0007】

【効果】

【0015】
本考案によれば、複数の手帳等を1つの手帳ジャケットに収納して安全に携行、使用することができ、使用が済んだ後には手帳等の差し替えや交換を容易に行うことができ、また使用中であっても必要に応じて手帳等の冊数を増減させることが可能となる。
【0016】
また、内カバーを透明又は半透明とすることにより、使用者は保持している複数の手帳等を表紙や裏表紙から瞬時に判別することが可能となり、作業効率が向上する。
【0017】
また、外カバーの素材として皮革を用いることで、皮革の有する一般的な防水性能により雨天時等の水濡れで手帳内の記載内容が判別不能となることを防ぐことができると共に、皮革は適度な重量を有するため手帳ジャケットの安定度が増し、手帳が風等により吹き飛ばされることを防ぐことができる。
【0018】
また、皮革は紙等と比較して摩擦係数が大きいため、使用者は手帳ジャケットを保持しやすいという効果もある。
【0019】
また、外カバーに背表紙保護カバーを取り付けることにより、手帳ジャケットを保持した際にフック付バーと手とが直接触れないため、保持中に使用者の指等を痛めることを防ぐことができる。
【0020】
また、手帳を保持する差込用袋部を備えた内カバーに替えて袋体を用いることにより、手帳等に限定されずに書類等も保持することができるようになる。

(57)【要約】

【課題】複数の手帳等を同時に使用することができ、容易に差し替えや交換ができ、また使用中であっても冊数を増減させることが可能な手帳ジャケットを提供する。【解決手段】係止部12、13を形成したフック付バー4と、見開き左右両側に表表紙と裏表紙とを夫々差し込んで手帳9を保持する差込用袋部を形成し、保持した手帳の背表紙に沿う中央部の上端と下端にフック付バーの係止部を引っ掛ける切欠部7、8を形成した内カバー3と、二つ折りした際に背表紙に当たる中央部の上端と下端にフック付バーの係止部を引っ掛ける切欠部5、6を形成した外カバー2と、からなる手帳ジャケットであって、フック付バーを外カバーの背表紙に沿ってガイドさせ、係止部を内カバーの切欠部に引っ掛けることにより、外カバーと内カバーとがフック付バーを介して係止される。フック付バーと内カバーを増減することにより、複数の手帳を増冊したり差し替えたりできる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):