(54)【考案の名称】美容ローラー

(73)【実用新案権者】株式会社ファイブスター

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、回転体を人体の皮膚の上に転動させて美容の目的で使用する美容ローラーに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来この種の美容ローラーとして各種美容ローラーが開示される。例えば、特許文献1には、半導体膜を有する強誘電性の粒状体からのマイナス電位の供給と、クッションリングから発生するマイナスイオンとにより効果を高めた美容ローラーを提供するために、皮膚に接触する面に、強誘電体又は強誘電体を含む材料の表面にn型半導体膜がコーティングされ、その上にさらにp型半導体膜をコーティングされた粒状体を複数個備えた断面が正多角形の棒状のローラー部と、該ローラー部の一方の端部に装着され、該ローラー部を回動自在に支持してなる把持部とで構成された美容ローラーにおいて、ローラー部の皮膚接触面に穿設された粒状体装着孔に、表面にn型半導体、p型半導体が積層コーティングされた粒状体と、その外周にイオン発生材の粉末を混入したクッションリングを装着してなる美容ローラーが開示される。
【0003】
また、特許文献2には、使用者が手で把持しながら肌面上でローラー部を転動させる美容ローラーにおいて、肌面に対して適度な振動を与えたり、ローラー部の当接する角度を調整することによりマッサージ効果の向上を図る技術を提供するために、肌面にローラー体を当接して回転させることにより美容を行う美容ローラーにおいて、端部近傍に2つのローラー体の回転軸を軸支する軸支部を備えると共に、長手方向の外周を把持可能に形成した略棒状の本体部と、本体部の長手方向から所定の開き角度の異なる方向に突設されるローラー体の2つの回転軸と、各回転軸により回動自在な2つのローラー体とを備える構成において、回転軸の軸方向と垂直な断面における中心位置と、該回転軸の位置が少なくとも一部において偏心して配設される美容ローラーが開示される。
【0004】

【効果】

【0016】
以上説明したように、本考案によれば、回転体の構造が比較的簡易であり、安価に製造することが容易であると共に耐久性に優れ、また同一構造のまま容易に小型化できる美容ローラーを提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0017】
【図1】片側分解状態における、本考案の実施例1に係る美容ローラーの要部拡大部分断面図。
【図2】図1の美容ローラーの構成を更に分解した状態の要部拡大分解断面図。
【図3】カバーのみを装着する前の状態における、実施例1に係る美容ローラーの正面図。
【図4】カバーのみを装着する前の状態における、実施例1に係る美容ローラーの側面図。
【図5】片側分解状態における、実施例2に係る美容ローラーの要部拡大部分断面図。
【図6】片側分解状態における、実施例3に係る美容ローラーの要部拡大部分断面図。

【0018】
以下、実施例に係る美容ローラーについて説明する。
【0019】
(実施例1)
図1は、片側分解状態における、本考案の実施例1に係る美容ローラーの要部拡大部分断面図である。図2は、図1の美容ローラーの構成を更に分解した状態の要部拡大分解断面図である。図3は、カバーのみを装着する前の状態における、実施例1に係る美容ローラーの正面図である。図4は、カバーのみを装着する前の状態における、実施例1に係る美容ローラーの側面図である。
【0020】
以下、図1〜図4を参照して実施例1に係る美容ローラーについて説明する。実施例1に係る美容ローラーは、先端が二股分岐された把持部1と、把持部1の二股の各先に、所定の取付け構造によって自由回転可能に取り付けられた回転体6とから構成される。
【0021】
把持部1は、把持部本体11と、この把持部本体11の先端側に二股に分岐して設けられた2つの分岐部12と、把持部本体11に係止される接手枠14とから構成される。把持部本体11の内部には、軽量化および材料費を節約のために軸方向に沿って本体ヌスミ穴110が形成され、この本体ヌスミ穴110内には、強度向上(補強)のためのリブ板111〜115が設けられてなる。
【0022】
また、2つの分岐部12は、各々分岐端12E側に開口を有する圧入穴130が設けられてなり、圧入穴130の分岐穴底120Bとは反対側である分岐端12E側には、ザグリ穴131が設けられている。
【0023】
また、接手枠14は、把持部本体11のカバーとなるものであり、係止爪141、嵌入溝
142、波状突起143、リブ板114を有してなる。接手枠14を把持部本体11に係止する際には、接手枠14の係止爪141が把持部本体11の係止穴114に係止されることで、接手枠14が把持部本体11に係止される。また、接手枠14の嵌入溝142には、把持部本体11のリブ板111が嵌入される。
【0024】
接手枠14の正面には、把持部1を把持しやすくするために複数の波状突起113が設けられている。また、接手枠14の正面には、接触球体7が設けられている。リブ板114は、接手枠14の強度を向上させる補強板としての役割を有する。さらに、接手枠14の正面には、把持部本体11の突出部13Pと形状が一致する突出部14Pが設けられており、この突出部14Pにより、把持部1がさらに把持しやすいものとなっている。
【0025】
また、回転体6は、略球形状の中空体であり、表面の略等間隔に形成された窪み部6Dに接触球体7を有してなる。また、回転体6は、内部に第一筒孔61を有し、この第一筒孔61の回転体先部6T側には、第一筒孔61よりも径の小さな第二筒孔6をさらに有してなる。なお、接触球体7は、例えば、ゲルマニウムやプラチナ等の金属からなり、肌にハリやツヤを与え、美容効果を促進するものである。
【0026】
次に、把持部1に回転体6を取り付けるための取付け構造について説明する。取り付け構造は、シャフト軸部を有したシャフト2と、コア3を内装したブッシュ4とを具備してなる。ここで、シャフト2と、コア3、およびブッシュ4は、各々樹脂で構成されているため、安価に製造することが可能である。また、シャフト2を中心軸として回転運動するブッシュ4は、テフロン(登録商標)等、滑りのよい樹脂からなることが好ましい。テフロンは、摺動性に優れ、かつ耐久性も有するため本考案に好適である。
【0027】
シャフト2は、シャフト軸部21と、拡径柱部22と、圧入柱部23とからなる。シャフト軸部21は、後述するブッシュ4の軸孔40内に挿通され、回転体6の回転軸となる円柱状体である。また、シャフト軸部21の一端側には外螺子部21Sが設けられており、シャフト軸部21をブッシュ4の軸孔40内に挿通した後、外螺子部21Sに止めナット5を螺合することで、シャフト軸部21にブッシュ4が回転可能に係止される。
【0028】
止めナット5は、内部にシャフト軸部21の外螺子部21Sと螺合する螺子孔部51が形成され、シャフト軸部21に螺合した際に、シャフト軸部21の端面と当接する圧入リング52が設けられている。
【0029】
シャフト2の拡径柱部22は、外径の大きさが、把持部1の分岐部12に設けられたザグリ穴131の内径と略同じか少し小さくなっており、このザグリ穴131に収納されるように構成されている。また、拡径柱部22には、コア3のコア基端面3Eおよびブッシュ4のブッシュ基端面4Eと当接して回転体6の回転を安定さえるための台状部221が設けられている。台状部221を設けることにより、コア3のコア基端面3Eおよびブッシュ4のブッシュ基端面4Eと、分岐部12の分岐端12Eとの間に隙間が生じ、回転体6が分岐部12の分岐端12Eに引っかかることなくスムーズに回転する。
【0030】
また、シャフト2の圧入柱部23は、外径の大きさが、把持部1の分岐部12に設けられた圧入穴130の内径と略同じとなっており、この圧入穴130に圧入して接着固定されることで、シャフト2が把持部1の分岐部12に係止される構成となっている。また、圧入柱部23の外周面には摩擦力を高める目的でローレット加工23が施されており、圧入柱部23が圧入穴130内で滑りが生じないようになっている。また、分岐アーム2は、樹脂で構成されているため、圧入柱部23を分岐アーム2の圧入穴130に圧入することで分岐アーム2の圧入穴130が弾性変形する。
【0031】
コア3は、大径孔部31と小径孔部32とからなる内装孔を有する。また、コア3は、大径孔部31が設けられた側の端面の外周に沿って切り欠いたノッチ部3Nが形成されている。このノッチ部3Nに止めリング33が嵌め込まれた状態で、コア3が回転体6の第一筒孔61内に圧入して接着固定される。このため、コア3が回転体6の第一筒孔61内で滑ることなく係止される。
【0032】
ブッシュ4は、コア3の大径孔部31に対応した大径筒部41と、コア3の小径孔部32に対応した小径筒部42とからなる段差を介した異径筒体からなり、中心部に軸方向に貫通する軸孔40が設けられてなる。軸孔40には、前述したシャフト2のシャフト軸部21が挿通される。ブッシュ4は、すべり軸体としてコア3とシャフト2との間に介在された状態で、コア3を自由回転可能に支持する。
【0033】
上記のように、美容ローラーは、大径筒部41と小径筒部42とが軸方向に連設したブッシュ4を2つ具備し、2つのブッシュ4が互いの小径筒部42を対向させた状態で軸方向に組み合わされ、シャフト軸部21が二つのブッシュ4を対向させ組み合わされた状態のまま挿通し、回転可能に保持する。
【0034】
以上のように、実施例1に係る美容ローラーは、先端が二股分岐された把持部1と、把持部1の二股の各先に、所定の取付け構造によって自由回転可能に取り付けられた回転体6とから構成される美容ローラーである。そして、把持部1に回転体6を取り付ける取付け構造は、シャフト軸部21を有したシャフト2と、コア3を内装したブッシュ4とを具備する。
【0035】
そして、コア3が大径孔部31と小径孔部32とからなる内装孔を有し、ブッシュ4が大径孔部31に対応した大径筒部41と、小径孔部32に対応した小径筒部42とからなる段差を介した異径筒体からなり、ブッシュ4をすべり軸体としてコア3とシャフト2との間に介在させた状態でコア3を自由回転可能に支持する。
【0036】
上記構成によれば、ブッシュ4をすべり軸体としてコア3とシャフト2との間に介在させた状態でコア3を自由回転可能に支持しているため、取付け構造が比較的簡易であり、安価に製造することが容易であると共に耐久性に優れ、また同一構造のまま容易に小型化できる美容ローラーを提供することができる。
【0037】
また、実施例1に係る美容ローラーは、シャフト2に台状部221が突出形成され、この台状部221にブッシュ4の基端面が当接するため、ブッシュ4がスムーズに回転すると共に耐久性に優れた美容ローラーを提供することができる。
【0038】
また、実施例1に係る美容ローラーは、回転体6は、内部にコア3が圧入して接着固定され、把持部1の分岐アーム(分岐部12)は内部にシャフト2の基部が圧入して接着固定される。このため、簡易な構造とすることができると共に、耐久性に優れたものとなる。また、簡易な構造となるため安価に製造することができ、かつ同一構造のまま容易に小型化できる美容ローラーを提供することができる。
【0039】
また、実施例1に係る美容ローラーは、シャフト2の基部は、ローレット加工23Lが施された圧入柱部23からなり、分岐アーム(分岐部12)の圧入穴130に圧入することで分岐アーム(分岐部12)の圧入穴130が弾性変形する。このため、簡易な構造でシャフト2が圧入穴130から抜け落ちたり、内部で回転することを防止でき、かつ、耐久性に優れた構造となる。また、安価に製造することができ、かつ同一構造のまま容易に小型化できる美容ローラーを提供することができる。
【0040】
また、実施例1に係る美容ローラーは、大径筒部41と小径筒部42とが軸方向に連設したブッシュ4を2つ具備し、2つのブッシュ4が互いの小径筒部42を対向させた状態で軸方向に組み合わされ、前記シャフト2の軸部が前記2つのブッシュ4を対向させ組み合わされた状態のまま挿通し、回転可能に保持する。このため、回転体の構造が比較的簡易であり、安価に製造することが容易であると共に耐久性に優れ、また同一構造のまま容易に小型化できる美容ローラーを提供することができる。
【0041】
(実施例2)
図5は、片側分解状態における、実施例2に係る美容ローラーの要部拡大部分断面図である。以下図5を参照して、実施例2に係る美容ローラーの構成について説明するが、図1〜図4を参照して説明した構成と同一の構成には、同一の符号を付して重複する説明を省略する。
【0042】
この実施例2に係る美容ローラーは、ブッシュ4が大径筒部41および小径筒部42とからなる段差を介した2つの異径筒体からなり、この2つの小径筒部42の端面42Eを互いに当接させた状態で、コア3が有する2つの大径孔部31と1つの小径孔部32とからなる内装孔内に内装されていることを特徴とする。また、シャフト2の拡径柱部22には、台状部221が設けられておらず、ブッシュ4の大径筒部41の端面41Eがシャフト2の拡径柱部22に直接当接する構成となっている。
【0043】
上記の構成とすることで、取付け構造がより簡易となると共に耐久性に優れたものとなる。また同一構造のまま容易に小型化できる美容ローラーを提供することができる。その他の効果は、実施例1に係る美容ローラーと同じである。
(実施例3)
図6は、片側分解状態における、実施例3に係る美容ローラーの要部拡大部分断面図である。以下図6を参照して、実施例3に係る美容ローラーの構成について説明するが、図1〜図4を参照して説明した構成と同一の構成には、同一の符号を付して重複する説明を省略する。
【0044】
この実施例3に係る美容ローラーは、コア3を有せず、ブッシュ4が回転体6の第一筒孔61内に係止される構造となっている。このため、ブッシュ4の外周面には、止めリング33が設けられており、この止めリング33により、ブッシュ4が回転体6の第一筒孔61内で滑りが生じない構成となっている。
【0045】
さらに、ブッシュ4の軸孔40の両端部には、軸孔40の内周に沿って切り欠いたノッチ部が形成されており、このノッチ部に滑りリング43が嵌め込まれた状態で、ブッシュ4の軸孔40内にシャフト軸部21が挿通されている。このため、ブッシュ4がシャフト軸部21に対して回転自由に係止される。
【0046】
上記の構成とすることで、取付け構造がより簡易となると共に耐久性に優れたものとなる。また同一構造のまま容易に小型化できる美容ローラーを提供することができる。その他の効果は、実施例1に係る美容ローラーと同じである。
【0047】
(その他の実施例)
本考案のいくつかの実施例を説明したが、各実施例に示した構成、各種条件に限定されることはなく、これらの実施例は、例として提示したものであり、考案の範囲を限定することは意図していない。これら新規な実施例は、その他の様々な形態で実施されることが可能であり、考案の要旨を逸脱しない範囲で、種々の省略、置き換え、変更を行うことができる。これら実施例やその変形は、考案の範囲や要旨に含まれるとともに、特許請求の範囲に記載された考案とその均等の範囲に含まれる。
【0048】
1 把持部
11 把持部本体
110 本体ヌスミ穴
11 リブ板
12 分岐部
12E 分岐端
130 圧入穴
130B 分岐穴底
131 ザグリ穴
14 接手枠
141 係止爪
142 嵌入溝
143 波状突起
15 内装シート
2 シャフト
21 シャフト軸部
21S 外螺子部
22 拡径柱部
221 台状部
23 圧入柱部
23L ローレット加工
3 コア
31 大孔部
32 小孔部
33 止めリング
3N ノッチ部
3E コア基端面
4 ブッシュ
40 軸孔
41 大筒部
42 小筒部
43 止めリング
4E ブッシュ基端面
5 止めナット
51 螺子孔部
52 圧入リング
6 回転体
60 回転体基部
61 第一筒孔
62 第二筒孔
63 嵌合爪
6T 回転体先部
6D 窪み部
7 接触球体


(57)【要約】

【課題】回転体の構造が比較的簡易であり、安価に製造することが容易であると共に耐久性に優れ、また同一構造のまま容易に小型化できる美容ローラーを提供する。【解決手段】先端が二股分岐された把持部1と、把持部の二股の各先に、所定の取付け構造によって自由回転可能に取り付けられた回転体とから構成される美容ローラーであって、前記取付け構造は、シャフト軸部21を有したシャフト2と、コア3を内装したブッシュ4とを具備してなり、コア3が大径孔部と小径孔部とからなる内装孔を有し、ブッシュ4が前記大径孔部に対応した大径筒部41と、前記小径孔部に対応した小径筒部42とからなる段差を介した異径筒体からなり、ブッシュ4をすべり軸体としてコア3とシャフト2との間に介在させた状態で、コア3を自由回転可能に支持する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):