(54)【考案の名称】筆記帳

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、蛇腹状に折り畳まれたシートを有する筆記帳に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来より、予定やメモを記入して様々な情報を整理する用具として手帳やメモ帳などの筆記帳が用いられている。
【0003】
特許文献1に記載の筆記用具は、メモ用紙が複数枚連続して蛇腹状に設けられている。
【0004】

【効果】

【0016】
本考案の筆記帳は、シート状被筆記体の一端を確実に保持し、シート状被筆記体の他端の保持及び分離を可能として、使用者の所望する状態での頁開きを可能としており、利便性がよい、という効果がある。
【図面の簡単な説明】
【0017】
【図1】本考案の実施の形態に係る筆記帳のカバー体を示す図。
【図2】本考案の実施の形態に係る筆記帳のシート状被筆記体を示す図。
【図3】本考案の実施の形態に係る筆記帳を示す図。

(57)【要約】

【課題】読み書きの必要に応じて使用者の所望する状態での頁開きを可能とする利便性のよい筆記帳を提供する。【解決手段】カバー体1は、長片ホルダー部10aを有する左側部10、短片ホルダー部11aを有する右側部11、および中央部が一体形成されており、シート31からなるシート状被筆記体の両端(始端頁S,終端頁E)を収容する。シート状被筆記体のカバー体からの分離は、長片ホルダー部によって始端頁を深めに保持することで抑止し、短片ホルダー部によって終端頁を浅めに保持することで容易にしている。長片ホルダー部及び短片ホルダー部に挿入した状態でメモを読み書きする、また、長片ホルダー部に挿入し、短片ホルダー部からは分離した状態でメモを見るといった使い勝手が可能である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):