(54)【考案の名称】屋外式太陽エネルギーのワイヤレス充電装置

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はワイヤレス充電装置に関し、詳細に言えば、屋外式太陽エネルギーのワイヤレス充電装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
モバイルネットワーク時代に入り、現代人の日常生活において、ほぼ週に7日、一日24時間、スマートフォン、スマートウォッチ、タブレットPC、タブレット端末等の携帯型電子機器は常に手放せなくなってきているが、長時間使用することに加えて、これら携帯型電子機器の電池容量に限界があることから、電池を使い切る前に充電スポットを探し出して充電するという電源の需要が派生してきている。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
現在、充電スポットの多くは室内に設けられており、しかも商用電源方式で、使用者に充電サービスを提供している。しかしながら、使用者が長時間外出し、屋外にいる場合、充電スポットが見つからないことがよくあり、かなり大きな不便をもたらしている。
【課題を解決しようとする手段】
【0004】
本考案は、屋外式太陽エネルギーのワイヤレス充電装置を提供する。一つの実施例において、前記屋外式太陽エネルギーワイヤレス充電装置は、太陽エネルギーモジュールと、支持体と、蓄電装置と、テーブルと、少なくとも一つのワイヤレス充電モジュールとを備える。前記太陽エネルギーモジュールは、太陽光を受光するとともに、電気エネルギーを出力するための複数個の太陽電池を備える。前記支持体は前記太陽エネルギーモジュールの下に設けられて、前記太陽エネルギーモジュールを支持するのに用いられる。前記蓄電装置は前記太陽エネルギーモジュールに電気的に接続され、前記電力出力を受けるとともに、前記電力出力を蓄電する。前記テーブルは、前記支持体の外周に設けられ、第1の表面と第2の表面とを有し、該第2の表面は該第1の表面に対向しており、該第1の表面は少なくとも一つの充電エリアを有しており、該少なくとも一つの充電エリアは少なくとも一台の携帯型電子機器を置くためのものである。前記少なくとも一つのワイヤレス充電モジュールは前記テーブルに設けられており、且つ前記第1の表面とは設定距離を有しており、前記少なくとも一つのワイヤレス充電モジュールは前記少なくとも一つの充電エリアに対向し、前記蓄電装置に電気的に接続されるとともに、前記少なくとも一台の携帯型電子機器をワイヤレス充電する。

【効果】

【0005】
本考案の屋外式太陽エネルギーのワイヤレス充電装置を利用することで、使用者は携帯している携帯型電子機器を屋外でもワイヤレス充電することができることから、使用者の充電の利便性を向上し、商用電源の接続位置の充電スポットでしか充電できないという制限を受けることはなくなる。太陽エネルギーを利用することで再生可能エネルギーの科学技術でスマートシティのモバイル電源スポットの構築を実現し、大衆のエネルギー需要を満たし、且つ環境に対する汚染を低減することができる。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】本考案の屋外式太陽エネルギーのワイヤレス充電装置の概略図である。
【図2】本考案の屋外式太陽エネルギーのワイヤレス充電装置のテーブルの概略図である。
【図3】本考案の屋外式太陽エネルギーのワイヤレス充電装置のテーブルの一つの実施形態の概略図である。

【0007】
図1は本考案の屋外式太陽エネルギーのワイヤレス充電装置の概略図を示す。図2は本考案の屋外式太陽エネルギーのワイヤレス充電装置のテーブルの概略図を示す。図1及び図2を合わせて参照する。一つの実施例において、屋外式太陽エネルギーのワイヤレス充電装置10は、例えば、公園、歩道、地下鉄出口等の屋外に設置される。
【0008】
前記屋外式太陽エネルギーのワイヤレス充電装置10は、太陽エネルギーモジュール11と、支持体12と、蓄電装置13と、テーブル14と、少なくとも一つのワイヤレス充電モジュール15,16とを備える。前記太陽エネルギーモジュール11は、太陽光を受光するとともに、電気エネルギーを出力するための複数個の太陽電池111を備える。一つの実施例において、充分な電力を提供するために、前記太陽エネルギーモジュール11のサイズは長さ約1.6m、幅約1mとすることができる。
【0009】
前記支持体12は前記太陽エネルギーモジュール11の下に設けられて、前記太陽エネルギーモジュール11を支持するのに用いられる。つまり、前記太陽エネルギーモジュール11は前記支持体12の頂部に設けられて、高い場所で太陽光を吸収して電力を発生させる。一つの実施例において、前記太陽エネルギーモジュール11を支持するために、前記支持体12はスチール材質又はその他硬質の材質とすることができる。前記支持体12は地面に固定するための台座121を更に備えており、前記台座121は前記蓄電装置13を収容して保護し、且つ保守作業者が保守、修理又は運搬しやすくするための収容空間を有している。
【0010】
前記蓄電装置13は前記太陽エネルギーモジュール11に電気的に接続され、前記電力出力を受けるとともに、前記電力出力を蓄電する。一つの実施例において、前記蓄電装置13は電線で前記太陽エネルギーモジュール11に接続される。一つの実施例において、前記蓄電装置13は前記台座121に設けられる。一つの実施例において、前記蓄電装置13は直流型蓄電装置であって、前記太陽エネルギーモジュールの直流電力の出力を受取って、直流電力を前記少なくとも一つのワイヤレス充電モジュール15,16に出力する。これによって、前記蓄電装置13はAC/DC変換を必要とせず、AC/DC変換による電力損失を節約できる。
【0011】
前記テーブル14は前記支持体12の外周に設けられるとともに、前記支持体12の概ね1/3の部分に設けられており、その高さは概ね成人の腰の位置である。前記テーブル14は第1の表面141と、第2の表面142とを有しており、前記第2の表面142は前記第1の表面141に対向している。一つの実施例において、前記第1の表面141は上向きの面であり、前記第2の表面142は下向きの面である。前記第1の表面141は少なくとも一つの充電エリア143,144,145を有し、前記少なくとも一つの充電エリア143,144,145は少なくとも一台の携帯型電子機器21,22,23を置くためのものである。
【0012】
前記少なくとも一つのワイヤレス充電モジュール15,16は前記テーブル14に設けられており、且つ前記第1の表面141は設定距離D1を有しており、前記少なくとも一つのワイヤレス充電モジュール15,16は前記少なくとも一つの充電エリア143,144,145に対向しており、例えば、前記ワイヤレス充電モジュール15は前記充電エリア143に対向し、前記ワイヤレス充電モジュール16は前記充電エリア144に対向している。前記ワイヤレス充電モジュールの面積は前記充電エリアの面積と概ね同じである。前記少なくとも一つのワイヤレス充電モジュール15,16は前記蓄電装置13に電気的に接続されており、前記蓄電装置13に蓄電されている電力を利用すると同時に、前記少なくとも一台の携帯型電子機器21,22,23にワイヤレス充電することができ、且つ前記少なくも一台の携帯型電子機器21,22,23はその載置する方向に制限はない。一つの実施例において、前記少なくとも一つのワイヤレス充電モジュール15,16は前記蓄電装置13に電線で接続されている。
【0013】
一つの実施例において、前記少なくとも一つのワイヤレス充電モジュール15,16はコイル式ワイヤレス充電モジュールであることによって、充電効率を向上している。つまり充電可能な面積範囲は、各々の充電エリアで二台以上の携帯型電子機器を載置して同時にワイヤレス充電することができ、且つ前記少なくとも一台の携帯型電子機器21,22,23はその載置する方向に制限はない。前記少なくとも一つのワイヤレス充電モジュール15,16は前記テーブル14の前記第2の表面142に設けられることで、前記テーブル14の前記第1の表面141からは前記少なくとも一つのワイヤレス充電モジュール15,16は見えないようになり、前記テーブル14の前記第1の表面141に美観的にすっきりとした効果を持たせることができる。
【0014】
図3は本考案の屋外式太陽エネルギーのワイヤレス充電装置のテーブルの一つの実施形態の概略図を示す。一つの実施例において、前記少なくとも一つのワイヤレス充電モジュール25,26は前記テーブル24の内部に設けられており、且つ前記第2の表面242に近接している。同様に、前記少なくとも一つのワイヤレス充電モジュール25,26と前記第1の表面241は設定距離D2を有している。前記少なくとも一つのワイヤレス充電モジュール25,26は前記テーブル24の内部に設けられるため、前記少なくとも一つのワイヤレス充電モジュール25,26が損傷しないように保護することができる。
【0015】
本考案の屋外式太陽エネルギーのワイヤレス充電装置は、前記テーブル24の前記第1の表面241上に設けられて、少なくとも一台の携帯型電子機器21を収容するための少なくとも一つの保管ボックス28を更に備える。一つの実施例において、前記少なくとも一つの保管ボックス28はコイン式又は非コイン式の保管ボックスとすることができ、且つ鍵付きの錠シリンダ又はパスワード式の錠シリンダとしてもよい。使用者は、充電時の盗難を防ぐために、少なくとも一台の携帯型電子機器21を少なくとも一つの保管ボックス28内に入れて施錠して、ワイヤレス充電を行うことができる。
【0016】
図1及び図2を再度参照されたい。一つの実施例において、前記少なくとも一台の携帯型電子機器21,22,23はスマートフォン、スマートウォッチ、タブレットPC、タブレット端末、PDA等の携帯機器とすることができる。前記少なくとも一台の携帯型電子機器21,22,23はワイヤレス充電器(図示せず)を内蔵するか、又はワイヤレス充電器(図示せず)を外付けすることができることで、前記少なくとも一つのワイヤレス充電モジュール15,16が送出した電力を受取ることができる。使用者は前記少なくとも一つの携帯型電子機器21,22,23を前記テーブル14の前記第1の表面141の前記少なくとも一つの充電エリア143,144,145内に置くことになるが、その載置する方向に制限はなく、ワイヤレス充電を行うことができる。
【0017】
本考案の屋外式太陽エネルギーのワイヤレス充電装置10は、前記支持体12に設けられるとともに、前記太陽エネルギーモジュール11の下にて照明を提供し、夜間又は曇天時に、前記テーブル14の前記第1の表面141の前記少なくとも一つの充電エリア143,144,145の位置を明るく照らすための照明装置18を更に備える。
【0018】
本考案の屋外式太陽エネルギーのワイヤレス充電装置10は、前記支持体12に設けられるとともに、前記太陽エネルギーモジュール11の下にて、前記少なくとも一台の携帯型電子機器21,22,23にインターネット接続を提供するワイヤレスネットワークアクセス装置19を更に備える。
【0019】
本考案の屋外式太陽エネルギーのワイヤレス充電装置10は、前記支持体12に設けられるとともに、前記太陽エネルギーモジュール11の下にて、空気の質をモニタリングする空気モニタリング装置31を更に備える。一つの実施例において、前記空気モニタリング装置31は、空気のPM2.5含有量を測定するためのPM2.5(微小粒子状物質)の気体モニタリング装置とすることができる。
【0020】
本考案の屋外式太陽エネルギーのワイヤレス充電装置10は、前記支持体12に設けられるとともに、前記太陽エネルギーモジュール11の下にて、前記屋外式太陽エネルギーのワイヤレス充電装置10の現場の影像を撮像するためのネットワークカメラ32を更に備える。一つの実施例において、前記ワイヤレスネットワークアクセス装置19を用いて、前記ネットワークカメラ32をインターネットに接続し、前記屋外式太陽エネルギーのワイヤレス充電装置10の現場の映像を保存する。
【0021】
本考案の屋外式太陽エネルギーのワイヤレス充電装置10は、前記蓄電装置13に電気的に接続されて、電動乗物41,42への充電を提供するための複数個の電動乗物充電モジュール33,34,35を更に備える。一つの実施例において、電動乗物41は電動バイクとすることができ、電動乗物42は電動自転車とすることができ、電動乗物41,42はいずれも電池を備えており、これら電動乗物充電モジュール33,34,35は、前記台座121に設けられて、電動乗物41,42の電池を充電するための充電ソケットとすることができる。
【0022】
本考案の屋外式太陽エネルギーのワイヤレス充電装置10を利用することで、使用者は携帯している携帯型電子機器21,22,23を屋外で充電すると同時に、その載置する方向を制限されずに充電することができることから、使用者の充電の利便性を向上し、商用電源の接続位置の充電スポットでしか充電できないという制限を受けることはなくなる。また、太陽エネルギーを利用することで再生可能エネルギーの科学技術でスマートシティのモバイル電源スポットの構築を実現し、大衆のエネルギー需要を満たし、且つ環境に対する汚染を低減することができる。
【0023】
上記実施例は単に本考案の原理及びその効果を説明するに過ぎず、本考案を限定するものではない。当業者による上記実施例に対する変更及び変更は本考案の技術思想に背くものではない。本考案の権利範囲は別紙の実用新案登録の範囲の通りである。
【0024】
10 屋外式太陽エネルギーのワイヤレス充電装置
11 太陽エネルギーモジュール
12 支持体
13 蓄電装置
14 テーブル
15,16 ワイヤレス充電モジュール
18 照明装置
19 ワイヤレスネットワークアクセス装置
21,22,23 携帯型電子機器
24 テーブル
25,26 ワイヤレス充電モジュール
28 保管ボックス
31 空気モニタリング装置
32 ネットワークカメラ
33,34,35 電動乗物充電モジュール
41,42 電動乗物
111 太陽電池
121 台座
141 第1の表面
142 第2の表面
143,144,145 充電エリア
241 第1の表面
242 第2の表面

(57)【要約】

【課題】屋外式太陽エネルギーのワイヤレス充電装置を提供する。【解決手段】屋外式太陽エネルギーのワイヤレス充電装置10は、太陽エネルギーモジュール11と、支持体12と、蓄電装置13と、テーブル14と、少なくとも一つのワイヤレス充電モジュールとを備える。太陽エネルギーモジュール11は、太陽光を受光するとともに、電気エネルギーを出力するための複数個の太陽電池111を備える。支持体12は太陽エネルギーモジュール11の下に設けられて、それを支持する。蓄電装置13は太陽エネルギーモジュール11に電気的に接続され、電力出力を受けるとともに蓄電する。テーブル14は、支持体12の外周に設けられ、充電エリア143,144,145を有する第1の表面を有しており、その充電エリアに置かれた携帯型電子機器21,22,23がワイヤレス充電モジュールによりワイヤレス充電される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):