(54)【考案の名称】名刺

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、名刺に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
初対面や部署移動時に個人間でやりとりする名刺は、自己紹介を目的とした重要ツールであるが、その殆どが紙製である。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
名刺は相手に自分を知ってもらい記憶してもらう役目がある。一般的な名刺は似たようなサイズと材質で印象に残る要素がほとんどない。渡した名刺は名刺ホルダーで保管されるかゴミ箱に捨てられるかで再度と取り出される可能性は低い。印象に残り記憶にのこるという課題を解決する名刺である。

【効果】

【0005】
手渡された瞬間のインパクトは絶大で印象に残る。また、特にビジネスシーンではほとんどの人が保持しているモバイル端末へその場で登録いただくことが可能になる。何よりそのような説明を初対面の人に語ることで確実に印象に残る。登録後は、名刺としてではなくクリーナーとして使用でき、頻繁に名前を目にする機会が増えるためますます印象に残る。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】本考案のマイクロファイバークロイスを示す正面図

【0007】
名刺サイズに折畳まれた本体は、初対面の相手へ名刺交換時に手渡される。一般的な紙名刺と異なる素材で感触が異なるため、受け取った相手方には予想外の印象を与える。名刺には名刺情報の他QRコードをプリントしており、このQRコードを利用して自身の名刺情報はもちろん、webサイト等へアクセスさせることが可能となる。特に名刺情報は簡単にモバイル機器に登録が可能で入力の手間が短縮される。しかもこの名刺は、素材がマイクロファイバー素材でモバイル機器やメガネなど日用品全般のクリーニングクロスとして活用できる。このため携帯される可能性や使用される頻度が多く、高い広告効果も期待される。名刺を渡した相手に印象づけることで記憶に残りやすく(名前を憶えてもらいやすく)、身近に携帯され、捨てられにくいだけでなく渡された相手にもクリーニングクロスとして役立つ名刺である。
【0008】
1 マイクロファイバークリーニングクロス素材
2 名刺情報表示部分(裏面はプリントなし)
3 QRコード表示部分(裏面はプリントなし)
4 2つ折り部分

(57)【要約】

【課題】マイクロファイバークリーニングクロス素材を使用し、印象に残り記憶して貰う名刺を提供する。【解決手段】マイクロファイバークリーニングクロス素材1に名刺情報2とQRコード(登録商標)3をプリントし、記載情報を瞬時にモバイル機器に登録することで手渡した相手に強い印象を与えるだけでなく、モバイル機器やメガネなど日用品のクリーナークロスとして利用でき且つ頻繁に使用されることで名前等も記憶してもらえ広告効果が高く役に立つ。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):