(54)【考案の名称】多角形傘及びその傘カバー構造

(73)【実用新案権者】秀裕工業股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、傘具構造、特に、傘を閉じた時の傘骨の構造が非円形の多角形構造である傘具を提供する。

【従来の技術】

【0002】
一般的に知られている伝統的な傘具の骨格の基本的な部材として、中心軸、上ろくろ、下ろくろ、複数の傘骨、同じ数の支骨、同じ数の軸受部が含まれる。
【0003】
上ろくろは中心軸の頂端に固定され、下ろくろは中心軸に設置し且つ上下にスライドしながら移動可能である。上ろくろ及び下ろくろの何れにも金属箍を設けたり、或いは金属線を用いて傘骨と支骨とを枢接し、及び傘骨の中端に軸受部及び枢軸を設置して支骨を枢接させることにより、折り畳み傘或いはストレート傘具の骨格が得られる。
【0004】
また、上記の各種傘具の骨格は、傘骨の前端が均一に上ろくろに枢接され環状の折り畳み傘8の構造を形成するため、傘を閉じる時の横断面は円形状となり、且つ用いる傘カバー81も対応した円形状となる。図11に示す傘具にユニーク性を持たせるためには、改善が必要であり、図12に示す円錐状のストレート傘構造及び傘カバー91も同様に改善が必要である。
【0005】
上記の慣用されている円形状の傘具の骨格の問題点に鑑み、本考案の考案者は多角形傘及びその傘カバー構造を提供する。本考案の主な目的は、質感を持った多角形傘及びその傘カバー構造を提供することである。本考案の次の目的は、ユニークな多角形傘及びその傘カバー構造を提供することである。
【0006】
上記の目的を達成するために、本考案の多角形傘及びその傘カバー構造は以下のような技術手段を採用する。中心軸、傘骨群、複数の湾曲部を有する多角形傘及びその傘カバー構造において、前記中心軸の上方には上ろくろが接続され、該上ろくろには複数の枢接溝が設けられ、前記傘骨群は複数の支骨により構成され、前記複数の支骨の一対の支骨の前端を一緒に前記中心軸に設けられる上ろくろの枢接溝に結合させることにより、傘を閉じた時に複数の湾曲部が現れ、傘布を傘を閉じて各湾曲部に巻いた時、傘頂端から傘末端において多角形状の閉じた時の傘体が現れる。
【0007】
前記多角形傘構造において、前記傘布を傘に巻く時、傘頂端から傘末端において、三角、四角或いは六角形状の閉じた時の傘体が現れる。
【0008】
請求項1に記載の多角形傘構造において、前記上ろくろは三角、四角或いは六角形状であり、各枢接溝は各角に枢接される。
【0009】
前記多角形傘構造は、折り畳み傘或いはストレート傘具である。
【0010】
前記傘骨群には、6、8或いは12個の支骨が設けられており、各支骨の前端に貫通孔を設けられる。
【0011】
前記中心軸は、その頂端に上ろくろを設け、且つ前記上ろくろに半円形の環状溝を設けており、各枢接溝及び半円形の環状溝は交互に設置される。
【0012】
前記多角形傘構造は、結合箍が各支骨の貫通孔を貫通して複数の支骨を前記上ろくろの枢接溝に接続する。
【0013】
前記多角形傘構造は、前記請求項1に記載の多角形傘構造に用いられ、且つ該多角形傘カバーの横断面を三角、四角或いは六角形状などの多角形状とし、且つ開口を有する。
【0014】
本考案の多角形傘及びその傘カバー構造は以下のような効果を奏する。
1.本考案は一対の支骨の前端を一緒に上ろくろに設ける対応する枢接溝に接続することにより多角形傘骨構造を形成し、例えば、6つの支骨を3対とし、該3対の支骨を上ろくろに設けられる3つの枢接溝に接続し、傘を閉じる時傘布を縛って片付ける際、四角形状が現れ、その後、四角形状の傘カバーに収納することにより傘具の質感を向上させる。
2.本考案は折り畳み傘とストレート傘の何れも、対応する傘カバーとの組合せで、三角、四角或いは六角等の多角形状の外観を有することにより、本考案の構造にユニーク性、新奇性及び創造性を付与する。
【図面の簡単な説明】
【0015】
【図1】本考案の三角形傘及びその傘カバー構造の立体分解図である。
【図2】本考案の三角形傘の傘骨構造を示す図である。
【図3】本考案の三角形傘構造の開いた状態を示す図である。
【図4】本考案の三角形傘構造の閉じた状態を示す図である。
【図5】本考案の四角形傘及びその傘カバー構造の立体分解図である。
【図6】本考案の四角形傘の傘骨構造を示す図である。
【図7】本考案の四角形傘構造の開いた状態を示す図である。
【図8】本考案の四角形傘構造の閉じた状態を示す図である。
【図9】本考案の三角、四角形状の上ろくろの外観図である。
【図10】本考案の多角形ストレート傘の立体外観図である。
【図11】周知の円形状の折り畳み傘具の構造図である。
【図12】周知の円形状のストレート傘具の構造図である。

【0016】
まず、図1乃至図4は本考案の多角形傘及びその傘カバー構造の実施例1に関し、図5乃至図8は本考案の実施例2に関し、図10は本考案の実施例3に関し、そのうち多角形の折り畳み傘A及びその傘カバーは、以下を含む。
【0017】
中心軸1は、図1に示すように、該中心軸1の頂端に上ろくろ11が接続され、また、該上ろくろ11の周囲には複数の枢接溝12及び半円形の環状溝13が設けられ、各枢接溝12、半円形の環状溝13は交互に設置され、特に、図9に示すように該上ろくろ11は三角、四角乃至六角形状でもよく、各枢接溝12は各角111に枢接され、前記多角形状の上ろくろ11の底部は円孔が設けられることにより、該上ろくろ11が該中心軸1の頂端に差し込まれるようにする。
【0018】
傘骨群2は、図1に示すように、複数の支骨21からなり、各支骨21の前端には貫通孔22が設けられ、且つ一対の支骨21の前端は一緒に該上ろくろ11に設けられる対応する枢接溝12に接続され、該一対の支骨21は、傘を閉じた時お互いに接近して湾曲部23となる。
【0019】
結合箍3は、図1に示すように、各支骨21の貫通孔22を貫通し、該結合箍3が複数の支骨21を該上ろくろ11の枢接溝12に枢接される。
【0020】
図1或いは図5に示すように、該多角形傘カバー4の横断面は多角形状であり、例えば、傘骨群2及び傘布4を片付ける時に多角形状となり、且つ開口41を設けて多角形折り畳み傘Aを入れて収納する。
【0021】
上記の構成部品により構成される多角の非円形傘具構造は、其々一対の支骨21の前端が一緒に上ろくろ11に設けられる対応する枢接溝12に接続され、傘を広げた時に該一対の支骨21が広がり(図3に示す)、傘を閉じた時には該一対の支骨21が閉じられ(図4に示す)、その後、該一対の支骨21は湾曲部23を形成し、其々の各湾曲部2の間は平面を構成し、傘布4を片付けて閉じた状態の傘骨群2に巻くことにより、傘の上端から末端において三角、四角或いは六角等の多角形状の傘体が得られ、本考案の多角形折り畳み傘Aを形成する。なお、三角、四角或いは六角形状の上ろくろ11は、傘を閉じて該傘布4を各湾曲部23に巻く際、三角、四角或いは六角等の多角形傘の閉じた状態の傘体となるように補助する。
【0022】
例えば、6つの支骨21が3対となり、図1乃至図4に示すように、該3対の支骨21は上ろくろ11に設けられる3つの枢接溝12に結合され、傘を閉じて傘布4を片付ける時三角形状の多角形折り畳み傘Aの構造が現れ、その後、三角形状の多角形傘カバーCの開口C1から多角形傘カバーC内に収納される。または、8つの支骨21が4対となり、図5乃至図8に示すように、4対の支骨21が上ろくろ11に設けられる4つの枢接溝12内に結合され、傘を閉じて傘布4を片付ける時、四角形状の多角形折り畳み傘A構造となり、その後、四角形状の多角形傘カバーCの開口C1から多角形傘カバーC内に収納されることにより、傘具の質感を向上し、ユニーク性、新奇性及び創造性が付与される。
【0023】
なお、前記の実施例1、実施例2は折り畳みの傘骨構造に応用されているが、いわゆる折り畳み傘骨構造はその支骨21が多節の湾曲可能な傘骨であることを意味し、本考案の多角形傘及びその傘カバー構造は、ストレート傘骨構造にも応用できる。図10に示すように、ストレート傘骨構造は支骨21を一本の折曲げできない傘骨とするため、その多角形ストレート傘構造Bは細長い形状であり、且つ使用される多角形傘カバーCも細長い形状に設ける必要があり、これにより、傘具の質感が向上し、ユニーク性、新奇性及び創造性を付与される。
【0024】
上記の各実施例をまとめると、本考案は「多角形傘及びその傘カバー構造」に関し、傘を閉じた時に三角、四角或いは六角などの多角構造が現れ、対応する多角形傘カバーを組合せれば、折り畳み傘或いはストレート傘にも適用することができ、且つその構成方法及び構造は、何れの刊行物公開されたり、或いは公開使用されておらず、実用新案の申請条件を満たしている。なお、上記は本考案の具体的な実施例及びその応用に当たっての技術原理であり、本考案の概念に応じた変更について、その機能が本明細書及び図面の精神に含まれる場合は、何れも本考案の範囲内であるべきである。
【0025】
[本考案]
A:折り畳み傘
B:多角形状ストレート傘構造
C:多角形傘カバー
C1:開口
1:中心軸
11:上ろくろ
111:角
12:枢接溝
13:半円形の環状溝
2:傘骨群
21:支骨
22:貫通孔
23:湾曲部
3:結合箍
4:傘布
[周知]
8:円形状の折り畳み傘
81:傘カバー
9:円錐形状ストレート傘
91:傘カバー

(57)【要約】

【課題】質感を持ったユニークな多角形傘及び傘カバー構造を提供する。【解決手段】多角形傘及びその傘カバー構造は、中心軸、中心軸の上方に接続された傘骨群及び傘布を含み、傘骨群2は、複数の支骨21により構成され、複数の支骨の一対の支骨の前端を中心軸に設けられる上ろくろ11の枢接溝12に結合させることにより、傘を閉じた時に複数の湾曲部が現れ、傘布が傘を閉じて各湾曲部に巻かれる際、傘頂端から傘末端において多角形状の閉じた時の傘体が現れる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):