(54)【考案の名称】リストバンド付き紙片めくり用指サック

(73)【実用新案権者】ジェコル株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図10

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、紙片めくり用指サックに関する。

【従来の技術】

【0002】
事務作業で多くの書類をめくったり、長時間読書をする際などに、指先の摩擦抵抗を増やして紙片やページを捲り易くするためには、親指や人差指にゴムやシリコン製の指サックを使用するのが良い。
【0003】
この指サックは筒状、もしくは袋状の形態となっており、該当する指よりも少し小さめに出来ており、装着する際には指サックを伸ばしながら指を差し込み、指サックが指を圧迫することで抜け落ちにくくなっている。表面には細かな凹凸を付けることで紙片やページが捲り易くなっている。例えば一般的な指サックの形態としては、特許文献1や特許文献2に示すようなゴムや樹脂によって、円環状に構成された指サックが提案されている。
【0004】

【効果】

【0017】
本考案によって、使わない際にはリストバンドとして手首に巻いて携行できる紙片めくり用指サックを提供できる。
【図面の簡単な説明】
【0018】
【図1】本考案の一実施形態に係るリストバンド付き紙片めくり用指サック1の全体を示す正面図である。
【図2】図1に示すリストバンド付き紙片めくり用指サック1を携行する際の斜視図である。
【図3】図1および図2に示すリストバンド付き紙片めくり用指サック1を書籍のページををめくる際に指サックとして使用する際の斜視図である。
【図4】図1および図2および図3に示すリストバンド付き紙片めくり用指サック1の、指サックの滑り止め効果を備える面の状態を表す図である。
【図5】本考案の一実施形態に係るリストバンド付き紙片めくり用指サック1の一部を収容させる収容スペースを表した斜視図である。
【図6】本考案の一実施形態に係るリストバンド付き紙片めくり用指サック1の係止体を表した斜視図である。
【図7】本考案の一実施形態に係るリストバンド付き紙片めくり用指サック1の指サック留めカバーを指サック体に係止させた状態の斜視図である。
【図8】図7に示すリストバンド付き紙片めくり用指サック1の指サック留めカバーを指サック体から外した状態の平面図である。
【図9】図7および図8に示すリストバンド付き紙片めくり用指サック1の、指サックの滑り止め効果を備える面の状態を表す図である。
【図10】図7および図8および図9に示すリストバンド付き紙片めくり用指サック1を書籍のページをめくる際に指サックとして使用する際の斜視図である。

【0019】
本考案の好適な実施形態について、添付図面に基づいて説明する。
なお、実施形態は以下の形態に限定されるものではなく、本考案の課題を解決し得るものであれば他の態様も可能である。
【0020】
図1に示すリストバンド付き紙片めくり用指サック1は、本考案を実施するにあたり、一番構成部品数が少なくて済み、低コストな形態となっており、立体形状の指サック体2と、リストバンド3と、ストラップ4よって構成されている。
【0021】
この指サック1の材質としては伸縮するゴムやシリコンなとで形成され、特に指サック体2や指サックの滑り止め効果を備える面8についてはわずかに粘着する素材が良い。リストバンド3はゴムやシリコンなど伸縮する素材か、または手首よりも少し大きめに成形された軟質プラスチックシート材であっても良い。
【0022】
ストラップ4は伸縮するゴムやシリコン、または軟質プラスチックシート材けい形成されるが、なるべく細い方が指サックとして使用した際に邪魔にならない。
【0023】
図2は指サック1を携行する状態を示している。携行の際には、わずかに粘着する指サックの滑り止め効果を備える面8をリストバンド3に粘着させることによって、指サック体2が垂れ下がらずリストバンド状に携行できる。
【0024】
図4は指サック1を指サックの滑り止め効果を備える面8を表している。図4の場合には半球上の突起を用いて滑り止め効果を実現しているが、この形状は凹凸で摩擦係数が高くなればどのような形状でも良く、図9に示すような縦筋の凹凸によって滑り止め効果を実現しても良い。
【0025】
さらに、図5に示すように、リストバンド3に指サック体2の一部を収容させる指サック収容スペース5が設けられていてば、指サック体2や指サックの滑り止め効果を備える面8が粘着性を帯びていなくても指サック体2が垂れ下がらずリストバンド状に携行でき、さらに指サック体2が服やカバンに引っかかることがない。
【0026】
図6に示すのは、指サック体2をリストバンド3に脱着可能に固定させるための係止体6が設けられていることを表している。この係止体6は指サック体2のいずれかの場所の、指サックとして使用する際に邪魔にならない位置に配し、リストバンド3と固定できれは良く、ボタンやホック、または面ファスナーなどでも形成されても良い。
【0027】
図7に示すのは、本考案を実施するにあたり、使い勝手として最適と考えられる形態である。指サック留めカバー7を指サック体2をリストバンド3との間で挟み込むことにで指サック体2を係止しつつ、少なくとも一部を覆うことで汚れが付きにくく、服やカバンに引っかかることがない。
【0028】
また、係止体6が一対状係止体9からなっており、一対状係止体9の片方が指サック体2の、指サックの滑り止め効果を備える面8の、指入れ部分を跨いで反対側に設けられ、もう片方が、指サック留めカバー7の裏側に設けられている。
【0029】
また、指サック体2は立体形状ではなく、薄く畳んだような形状になっており、指サックとして使用しない際には薄くなるため、リストバンド状に携行する際にリストバンド3との一体感が生まれる。
【0030】
図8は、指サック留めカバー7を外した状態を表している。この際に露出する一対状係止体9は、それぞれ面状係止体20である。面状係止体20は具体的には面ファスナーであると、コスト面でも使い勝手も良い。
【0031】
図3は本考案を実施するにあたり、一番構成部品数が少なくて済み、低コストな形態で書籍のページをめくる際の状態を表した図である。
【0032】
図10は本考案を実施するにあたり使い勝手として最適と考えられる形態で書籍のページをめくる際の状態を表した図である。
【0033】
【産業上の利用可能性】
【0034】
上述の考案は、リストバンド付き紙片めくり用指サックとしてだけではなく、医療用指サックや釣り用指サックとしても利用可能である。
【0035】
1・・・リストバンド付き紙片めくり用指サック
2・・・指サック体
3・・・リストバンド
4・・・ストラップ
5・・・指サック収容スペース
6・・・係止体
7・・・指サック留めカバー
8・・・指サックの滑り止め効果を備える面
9・・・一対状係止体
20・・・面状係止体
21・・・サイズ調整ホック
30・・・書籍

(57)【要約】

【課題】リストバンドが付いて携行しやすい紙片めくり用指サックを提供する。【解決手段】手首専用に巻くリストバンド3と、一端がリストバンド3に沿って接合され、もう一端が滑り止め効果を備える面8を設けた指サック体2に接合されたストラップ4からなるリストバンド付き紙片めくり用指サックである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):