(54)【考案の名称】表紙の選択変更が可能な本

(51)【国際特許分類】

B42D 3/00 本の表紙

(73)【実用新案権者】株式会社東京ニュース通信社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、表紙の選択変更が可能な本、より詳細には、複数用意されている表紙のうちの任意のものを選択して表示することが可能な本に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
週刊誌、月刊誌その他の本の表紙は、最も人目を惹く部分であり、表紙が購買の動機となることも少なくなく、また、購買後も常に目にする部分である。言うまでもなく、本の表紙は決まっていて、購買者が購買後に変更するようなことは全く想定されていない。従って、週刊誌や月刊誌等の雑誌の表紙には、芸能人等の有名人の写真が用いられることが多いが、購買者がその有名人のファンではないとしても、それを変更する訳にはいかない。
【0003】

【効果】

【0009】
本考案に係る表紙の選択変更が可能な本は上記のとおりのものであり、購買者が複数用意されている表紙面の中から好みのものを選択して表紙にして楽しむことができる効果があり、また、従前にない表紙裏スペースができるため、その部分の有効活用が可能となる効果がある。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】本考案に係る表紙の選択変更が可能な本の第2の実施形態の構成を示す斜視図である。
【図2】第1の実施形態における、第一の表紙面から第二の表紙面への切り替えの過程を示す図である。
【図3】第2の実施形態における、第一もしくは第二の表紙面から第三の表紙面への切り替えの過程を示す図である。
【図4】本考案に係る表紙の選択変更が可能な本の3通りの表紙面の表出状態を示す図である。

【0011】
本考案を実施するための形態について、添付図面に依拠して説明する。本考案に係る表紙の選択変更が可能な本の第1の実施形態は、横方向の長さが各ページのほぼ2倍であって、横方向中心に縦に折り目2が設けられた主表紙1を有する本である。主表紙1は、第一の表紙面Aと第二の表紙面Bを有し、第二の表紙面Bは、第一の表紙面Aの延長部の裏面に存する。
【0012】
本考案に係る本は、販売当初、主表紙1が折り目2から内側に、即ち、第一の表紙面Aの裏側に折り込まれて、第一の表紙面Aが表出し、第二の表紙面Bがその裏に隠れた状態にある(図2(A)、図4(A)参照)。第二の表紙面Bは、主表紙1を展開して折り目2から外側(上側)に折り返し(図2(B)参照)、第一の表紙面Aに重ねることにより表出する(図2(C)、図4(B)参照)。通例、第一の表紙面Aと第二の表紙面Bは,印刷内容が異なったものとされる。
【0013】
本考案の第2の実施形態は、上記第1の実施形態の構成に更に、副表紙3を付加したものである。この第2の実施形態の本は、横方向の長さが各ページのほぼ2倍であって、横方向中心に縦に折り目2が設けられた主表紙1と、同じく横方向中心に縦に折り目4が設けられた副表紙3を有する。主表紙1は、第1の実施形態の場合と同様に、第一の表紙面Aと第二の表紙面Bを有し、第一の表紙面Aは主表紙1を折り目2から内側に折り込むことにより表出し、第二の表紙面Bは主表紙1を折り目2から外側に折り返して第一の表紙面Aに重ねることにより表出する(図3(A)参照)。
【0014】
副表紙3は第三の表紙面Cを有し、第三の表紙面Cは、副表紙3を折り目4から外側に折り返し、表出している第一の表紙面A又は第二の表紙面B(図3(B)においては第二の表紙面B)に重ねることにより表出するようにしたものである(図3(C)、図4(C)参照)。即ち、第三の表紙面Cは、第二の表紙面Bと同様に、副表紙3の延長部の裏面に存する(図1、図3(B)参照)。通例、副表紙3は主表紙1の次ページに綴られる。また、第一の表紙面A、第二の表紙面B及び第三の表紙面Cは、それぞれ印刷内容が異なったものとされる。
【0015】
図2に示される第1の実施形態の場合、当初(販売時)は、主表紙1が折り目2から内側に折り込まれていて、第一の表紙面Aが表出した状態にある(図2(A)、図4(A)参照)。そこで、主表紙1を展開すると、裏側に第二の表紙面Bが現れるので(図2(B)参照)、それを見て、それを表紙にしたい場合は、主表紙1を折り目2から外側に折り返し(図2(B)参照)、第一の表紙面Aに重ねることにより、第二の表紙面Bを表紙にすることができる(図2(C)、図4(B)参照)。
【0016】
図1及び図3に示される第2の実施形態の場合、販売時は、第1の実施形態の場合と同様に第一の表紙面Aが表出しており、その後、購買者の好みによっては、第二の表紙面Bに変更される(図3(A)参照)。そこで主表紙1の次のページに綴られている副表紙3を展開すると、その裏側に第三の表紙面Cが現れるので(図1、図3(B)参照)、それを見て、そのページを表紙にしたい場合は、副表紙3を折り目4から上側に折り返し(図3(B)参照)、表出している第二の表紙面B(あるいは第1の表紙面A)に重ねることで、第三の表紙面Cを表紙にすることができる(図3(C)、図4(C)参照)。
【0017】
上記構成の副表紙3を複数配することにより、表紙候補を更に増やすことができる。かくして、本考案に係る表紙の選択変更が可能な本の場合は、少なくとも3通りの表紙を楽しむことができ、また、主表紙1と副表紙3において表紙面とならない2ページ分は、購買者の興味をそそる企画ページ等に有効利用することができる。
【産業上の利用可能性】
【0018】
本考案に係る表紙の選択変更が可能な本は上記のとおりのものであり、購買者が複数用意されている表紙面の中から好みのものを選択して表紙にして楽しむことができる効果があり、また、従前にない表紙裏スペースができるため、その部分の有効活用が可能となるものであって、その産業上の利用可能性は大である。
【0019】
1 主表紙
2 折り目
3 副表紙
4 折り目
A 第一の表紙面
B 第二の表紙面
C 第三の表紙面

(57)【要約】

【課題】本の表紙を、購買者が購買後に複数の表紙のうちの任意のものに変更して楽しむことができる、表紙の選択変更が可能な本を提供する。【解決手段】横方向の長さが各ページのほぼ2倍であって、横方向中心に縦に折り目2が設けられた主表紙1を備えた本であって、主表紙1は第一の表紙面Aと第二の表紙面Bとを有し、第一の表紙面Aは主表紙1を折り目2から内側に折り込むことにより表出し、第二の表紙面Bは主表紙1を折り目2から外側に折り返して第一の表紙面Aに重ねることにより表出するようにした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):