(54)【考案の名称】名刺印刷用紙

(73)【実用新案権者】株式会社明和商会

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、プレ印刷された名刺印刷用紙に関し、この名刺印刷用紙を左右に2分する非印刷部には、パソコンとプリンタを用いた後印刷による位置合わせのための確認マークと重ね合わせる基準マークが前印刷されている。
【0029】
本考案に係る名刺印刷用紙は、印刷用紙、文房具等の分野において利用される。
【0030】
1A…(前印刷がされた)名刺用紙 1B…(後印刷がされた)名刺用紙 2…カード部 3…非印刷部 3a…(スクラップ部3の)中央縦枠部分 4…前印刷領域 5…後印刷予定領域 6…切り外し部 7A…(表面上部側の)基準マーク 7B…(表面下部側の)基準マーク 8A…(裏面上部側の)基準マーク 8B…(裏面下部側の)基準マーク 9A…(表面上部側の)確認マーク 9B…(表面下部側の)確認マーク 20…名刺

【従来の技術】

【0002】
社員の名刺は印刷会社が作成するものという考えが古くからあり、現在も殆どの会社は、社員の名刺を印刷会社に発注している。
一方、現在ではパソコンとプリンタを用いて個人が自分の名刺をデザインし、レイアウトして印刷することが簡単に出来るようになっており、このためのA4判の名刺印刷用紙も数多くの種類が市販されている。
【0003】
パソコンとプリンタを用いて名刺を印刷する方法は、その場で名刺が出来上がるために名刺が無くなったときの対応が即座に出来る利点と、少ない枚数の名刺で足りる場合には必要枚数を印刷すれば済むために経済的であるという利点がある。
【0004】
社員の名刺には、会社のマーク、社名、会社所在地、会社の電話番号、会社のホームページアドレス、会社のメールアドレス、各種認証マークなどの各社員に共通の会社内容と、社員の氏名、所属部名、役職名、携帯電話番号などの社員ごとに異なる社員内容が印刷されている。
【0005】
社員の名刺には、これら多くの内容が印刷されるため、印刷される一部の内容の文字は小さいのが通常である。このため、一般個人が用いるパソコンに入力されている文字フォントでは対応出来な場合がある。また、印刷する内容のレイアウトも精緻になっているが、これについても、一般個人が使用するパソコンでは対応出来ないのが通常である。
とくに品質及び環境の各種認証マークは、拡大鏡を用いなければ判読できないほどの小さな文字と精緻なマークが含まれている。インターネットを経由してこのマークのデータをパソコン上に取得すれば、これを名刺に印刷することが出来るが、印刷する位置のレイアウトが簡単でない。
また、名刺を一般のパソコンとプリンタを用いて印刷する場合、正しい位置に印刷されているかどうかの位置合わせの確認をする必要がある。とくに印刷すの内容量が多くなると、精緻な印刷をしなければ目立つ。
会社のマークの箔押し、型押しになると、印刷会社等が所有する専用の機械装置が必要になる。
このため、印刷会社が印刷した名刺と、一般人がパソコンとプリンタを用いて印刷した名刺とは、品質に大きな差がある。

【効果】

【0009】
本考案に係る名刺印刷用紙によれば、パソコンとプリンタを用いた印刷では奇麗に印刷できない印刷内容を、前印刷した名刺印刷用紙に印刷することで、その後の簡単な印刷はパソコンとプリンタを用いて印刷することができる。ときに、この名刺印刷用紙には前印刷による基準マークが印刷されているため、後印刷による位置合わせの確認のための確認マークと重ね合わせて正しく印刷されているかを、正確且つ容易に確認することができる。
【0010】
本考案の好適なる実施形態を以下の図面に沿って詳述する。請求項1に対応した図はである。請求項2に対応した図はである。
【図面の簡単な説明】
【0011】
【図1】本考案の1実施形態に係る前印刷がされた名刺印刷用紙の表面図。
【図2】同じくその裏面図。
【図3】(a)及び(b)は、いずれも図1の一部拡大図。
【図4】(a)及び(b)は、いずれも図2の一部拡大図。
【図5】さらに後印刷がされた名刺印刷用紙の表面図。
【図6】後印刷に位置合わせが正確にされた状態を基準マークと確認マークといよって示した要部拡大図。
【図7】(a)は後印刷の位置合わせに問題があるある状態を示す図、(b)はその要部拡大図。
【図8】(a)は後印刷の傾きに問題があるある状態を示す図、(b)はその要部拡大図。
【図9】全ての印刷後にスクラップ部と名刺に切り外した状態を示す斜視図。

(57)【要約】

【課題】会社や団体が前印刷された印刷用紙を購入して、その後、自分達でパソコンとプリンタを用いて位置合わせした後印刷ができる名刺印刷用紙を提供する。【解決手段】名刺になる複数枚のカード部2が、後に取り外されて破棄される非印刷部3で区切られた前印刷がされた名刺印刷用紙1Aであり、この前印刷には、後印刷した位置合わせの確認マークと対比するための黒色を除くカラー色の縦線と横線がある基準マーク7A,7Bが含まれている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):