(54)【考案の名称】バタフライロック機能つき後付けペンホルダー

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図9

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、手帳やノート等(以下、帳面類)に取り付けて、筆記具を収納および携帯可能にし、かつ帳面類が閉じた状態を保持する、ロック機能がついた後付けのペンホルダーに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
ロック機能つきの後付けペンホルダーはゴムバンド式やスナップ式が一般的である。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
従来の技術の有する課題は次の通りである。
ゴムバンド式のものは、ゴムの長さによって使える帳面類の大きさが制限される、ゴムの取り外しに手数がかかる、取り外したゴムを紛失する可能性があるなどの課題があった。
【0004】
スナップ式のものは、取り付けた際にスナップの凹凸が影響し、薄手の帳面類では書きにくくなるという課題があった。
【0005】
ペンホルダーは、ペンの抜き差しに手数がかかる、ペンホルダーの径によって使用できる筆記具の軸の太さが制限される等の課題があった。

【効果】

【0009】
表表紙用部品と裏表紙用部品をそれぞれ帳面類に貼り付け、帳面類を閉じ、表側から裏表紙用部品に筆記具を引っ掛けることにより、表表紙用部品が筆記具によって押さえられ、帳面類が閉じた(ロックされた)状態を保持できる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】実施例0011に対応
【図2】実施例0012に対応
【図3】実施例0012に対応
【図4】実施例0012に対応
【図5】実施例0013に対応
【図6】実施例0014に対応
【図7】実施例0014に対応
【図8】実施例0014に対応
【図9】実施例0013、0014、および要約書の選択図に対応
【図10】実施例0013、0014に対応
【図11】実施例0015に対応
【図12】実施例0015に対応
【図13】実施例0015に対応
【図14】実施例0015に対応
【図15】実施例0016に対応
【図16】実施例0016に対応
【図17】実施例0016に対応
【図18】実施例0016に対応
【図19】実施例0016に対応
【図20】実施例0016に対応
【図21】実施例0016に対応

(57)【要約】

【課題】手帳やノート等(以下、帳面類)の表および裏表紙に取り付けることで、1動作で筆記具を収納および携帯可能とし、かつ帳面類の不用意な開きを防ぐペンホルダーを提供する。【解決手段】表表紙用と裏表紙用の部品のセットで構成される。表表紙用部品は、ポリプロピレンを軽く半分に折って両端を接着し、輪を潰す。輪でない一端の片側に両面テープを貼る。裏表紙用部品は、ポリプロピレンの中心よりやや外側の位置に、スポンジの面取りしてない側を貼り付け、スポンジが内側になるように軽く半分に折って、両端を接着する。筆記具を引っ掛ける空間を作るため、輪は潰さない。輪ではない一端の外側(スポンジがついていない方)に両面テープを貼る。帳面類の表および裏表紙の開閉側にそれぞれ貼り付ける。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):