(54)【考案の名称】写真集アルバム

(51)【国際特許分類】

B42D 1/08 ・アルバム

(73)【実用新案権者】有限会社プラスアクト

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、主に二人の人物を中心にして掲載される写真集アルバムに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来から結婚する二人の成長の過程を見易く表示記録して、ブライダルグッズの一つとして利用される写真アルバムが知られている(特許文献1)。
【0003】
この特許文献1に記載の写真アルバムは、新郎、新婦の誕生から出会いまでの過程で撮影した写真に基づいて、それらの写真を複製し、左右のページに二人の年代順に対比して編集配分する構成とし、結婚する二人の絆を一層深める記念品として、利用されるものであった。
【0004】

【効果】

【0012】
請求項1の考案は、表表紙側から人物Aの写真を見て楽しむことができ、裏表紙側から人物Bの写真を見て楽しむことができる。また、写真集アルバムの中央部分で人物A及び人物Bの両方の写真を見て楽しむことができる。
【0013】
請求項2の考案は、第1背景デザイン部、第2背景デザイン部及び第3背景デザイン部の各々を見ることによって、人物Aの写真が掲載されているのか、人物Bの写真が掲載されているのか、人物A及び人物Bの写真が掲載されているのかを判断することができる。
【0014】
請求項3の考案は、人物A又は人物Bが掲載されている写真を成長過程に沿って年代順に見て楽しむことができる。
【図面の簡単な説明】
【0015】
【図1】本考案に係る写真集アルバムの表表紙と裏表紙を示す説明図。
【図2】本考案に係る写真集アルバムの第1写真部を示す説明図。
【図3】本考案に係る写真集アルバムの第2写真部を示す説明図。
【図4】本考案に係る写真集アルバムの第1写真部を示す説明図。
【図5】本考案に係る写真集アルバムの第2写真部を示す説明図。
【図6】本考案に係る写真集アルバムの第3写真部を示す説明図。

【0016】
次に、本考案の実施形態を図面に基づいて説明する。図1は、本考案に係る写真集アルバムの表表紙と裏表紙を示す説明図である。本考案に係る写真集アルバム10は、表表紙1と裏表紙2が背表紙を介して一体的に形成された表紙が、写真を用いて作成されたページと共に製本されてなるものである。
【0017】
表表紙1は、少なくとも人物Aを含む写真が掲載された写真欄5aと、人物Aの名前等が記載された文字欄4aを備えている。そして、写真欄5a以外の背景に描かれたデザイン3a及び3bは、後述する第1写真部の写真以外の背景デザインで構成される第1背景デザイン部のデザインと統一された同様のデザインとしている。
【0018】
また、裏表紙2は、少なくとも人物Bを含む写真が掲載された写真欄5bと、人物Bの名前等が記載された文字欄4bを備えている。そして、写真欄5b以外の背景に描かれたデザイン3cは、後述する第2写真部の写真以外の背景デザインで構成される第2背景デザイン部のデザインと統一された同様のデザインとしている。
【0019】
図2は、本考案に係る写真集アルバムの第1写真部を示す説明図である。本考案に係る写真集アルバム10は、前述した表表紙1と裏表紙2との間に挟まれて複数ページから構成された写真部を有しており、この写真部は、表表紙1側から始まり、少なくとも人物Aを含む写真が掲載された第1写真部6と、裏表紙2側から始まり、少なくとも人物Bを含む写真が掲載された後述する第2写真部と、第1写真部6と第2写真部との間に挟まれた後述する第3写真部とを備えている。
【0020】
図2に示す第1写真部6は、写真欄6aに、人物Aが生まれて間もない時の写真が掲載されており、写真欄6aの下方には、人物Aの生年月日が記載された生年月日欄6cと、人物Aの名前がローマ字で記載された名前欄6eが設けられている。また、写真欄6a以外の背景に描かれたデザイン6b及び6cは、第1背景デザイン部を構成している。尚、何も描かれていない符号1aに示すページは、表表紙1の裏面側を構成している。
【0021】
図3は、本考案に係る写真集アルバムの第2写真部を示す説明図である。第2写真部7は、裏表紙2側から始まり、少なくとも人物Bを含む写真が掲載されている。そして、第2写真部7は、写真欄7aに、人物Bが生まれて間もない時の写真が掲載されており、写真欄7aの下方には、人物Bの生年月日が記載された生年月日欄7dと、人物Bの名前がローマ字で記載された名前欄7eが設けられている。また、写真欄7a以外の背景に描かれたデザイン7b及び7cは、第2背景デザイン部を構成している。この第2背景デザイン部のデザイン7b及び7cは、前述した第1背景デザイン部のデザイン6b及び6cとは異なるデザインとしている。尚、何も描かれていない符号2aに示すページは、裏表紙2の裏面側を構成している。
【0022】
図4は、本考案に係る写真集アルバムの第1写真部を示す説明図であり、図2に示したページとは別のページを示している。図4に示す第1写真部8及び9は、2枚の見開きページで構成されており、写真欄8c、9a、9b及び9cを備えている。この写真欄8c、9a、9b及び9cに掲載されている写真は、少なくとも人物Aを含む写真で構成されている。また、写真欄8c、9a、9b及び9c以外の背景に描かれたデザイン8a、8b及び9aは、第1背景デザイン部を構成しており、図2に示した第1背景デザイン部のデザイン6b及び6cと統一されたデザインとしている。これにより、第1背景デザイン部を見ることによって、少なくとも人物Aを含む写真が掲載された第1写真部であることが解る。
【0023】
尚、図2及び図4に示す第1写真部6、8及び9は、人物Aの成長過程に沿って年代順に掲載するようにすることができる。これにより、写真集アルバム10の表表紙1側から人物Aが掲載されている写真を成長過程に沿って年代順に見て楽しむことができる。
【0024】
図5は、本考案に係る写真集アルバムの第2写真部を示す説明図であり、図3に示したページとは別のページを示している。図5に示す第2写真部11及び12は、2枚の見開きページで構成されており、写真欄11b、11c、11d、12b及び12cを備えている。この写真欄11b、11c、11d、12b及び12cに掲載されている写真は、少なくとも人物Bを含む写真で構成されている。また、写真欄11b、11c、11d、12b及び12c以外の背景に描かれたデザイン11a及び12aは、第2背景デザイン部を構成しており、図3に示した第2背景デザイン部のデザイン7b及び7cと統一されたデザインとしている。これにより、第2背景デザイン部を見ることによって、少なくとも人物Bを含む写真が掲載された第2写真部であることが解る。
【0025】
尚、図3及び図5に示す第2写真部7、11及び12は、人物Bの成長過程に沿って年代順に掲載するようにすることができる。これにより、写真集アルバム10の裏表紙2側から人物Bが掲載されている写真を成長過程に沿って年代順に見て楽しむことができる。
【0026】
図6は、本考案に係る写真集アルバムの第3写真部を示す説明図である。図6に示す第3写真部13及び14は、2枚の見開きページで構成されており、写真欄13d、13e、13f、15a、15b、15c、14d、14e、14f及び14gを備えている。この写真欄13d、13e、13f、15a、15b、15c、14d、14e、14f及び14gに掲載されている写真は、少なくとも人物Aと人物Bが一緒に写っている写真で構成されている。また、写真欄13d、13e、13f、15a、15b、15c、14d、14e、14f及び14g以外の背景に描かれたデザイン13a、13b、13c、15d、14a、14b及び14cは、第3背景デザイン部を構成しており、前述した第1背景デザイン部のデザインと第2背景デザイン部のデザインが混合して表示されている。これにより、第3背景デザイン部を見ることによって、少なくとも人物Aと人物Bが一緒に写っている写真が掲載されている第3写真部であることが解る。
【産業上の利用可能性】
【0027】
本考案の写真集アルバムは、主に二人の人物を中心にして掲載される写真集アルバムとして使用される。
【0028】
1 表表紙
2 裏表紙
6 第1写真部
6b、6c 第1背景デザイン部
7 第2写真部
7b、7c 第2背景デザイン部
10 写真集アルバム
13、14 第3写真部
13a、13b、13c、15d、14a、14b、14c 第3背景デザイン部


(57)【要約】

【課題】 二人の人物を中心にして掲載される写真集アルバムであって、どちらか一方の人しかよく知らない人が見た場合でも楽しむことができる写真集アルバムを提供する。【解決手段】 人物Aと人物Bの写真が掲載された写真集アルバム10であって、少なくとも人物Aを含む写真が掲載された表表紙1と、少なくとも人物Bを含む写真が掲載された裏表紙2と、表表紙1と裏表紙2との間に挟まれて複数ページから構成された写真部とを有しており、この写真部は、表表紙側から始まり、少なくとも人物Aを含む写真が掲載された第1写真部と、裏表紙側から始まり、少なくとも人物Bを含む写真が掲載された第2写真部と、第1写真部と前記第2写真部との間に挟まれた第3写真部とを備え、第3写真部は、少なくとも人物Aと人物Bが一緒に写っている写真が掲載されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):