(54)【考案の名称】スペーサを備えた冊子

(73)【実用新案権者】有限会社篠原紙工

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、スペーサを備えた冊子に関し、詳しくは、写真、ポスター、チケット、レコード、CD等又はその複製物、その他の物件を収容可能なポケット等の保持用頁が紙面と紙面の間に綴じ込まれたスペーサを備えた冊子に関する。

【従来の技術】

【0002】
書物一般を示す冊子は、表紙、背、裏表紙、本文(中身)、表紙と本文の間及び裏表紙と本文の間に配設された見返しを備えて構成されている。そして、例えば、見本帳やアルバムのような冊子の場合には内部に見本となる物件や写真などを保持するための袋状のポケットや所定のサイズの写真が収納可能な大きさのポケットが複数設けられた台紙などの保持用頁が綴じ込まれた状態で製本されている。一方で、例えば、有名芸能人の伝記や活動などを記録したファン向けの本の場合には紙面と紙面の間に袋状のポケットが綴じ込まれ、そのポケットの中にゆかりのある写真、ポスター、チケット、レコード、CD等又はその複製物あるいはその他の物件(被保持物)を収納・保持させた冊子も提供されている。
【0003】
これらの冊子のように、紙面と紙面の間に綴じ込まれたポケット台紙のような被保持物を保持するための保持用頁に種々の被保持物を保持させた場合には本体が膨らんでしまい、表紙が歪んだり、被保持物の重さによって本体が表紙から脱落してしまうおそれがある。そのため、冊子の中に保持用頁を綴じ込んだ冊子の場合には被保持物の厚みを予め考慮して製本することが行われている。そのような冊子としては、例えば、特許文献1,2に示すものがある。特許文献1は見本帳を開示しており、この見本帳は表紙とその中に綴じ込まれる複数の台紙を備え、背表紙側の基端側の台紙と台紙の間に接着剤を所定の厚みに塗布し、この接着剤をスペーサとして利用することにより、台紙に貼付されるタイルなどのサンプルの厚みをカバーできるようにしたものである。
【0004】
また、特許文献2は台紙帳を開示しており、この台紙帳は、特許文献1の見本帳と同様に、接着剤をスペーサとして利用し、台紙を一定間隔に保持し、且つ背表紙と平行に帯状の厚紙を台紙相互間の背表紙の近傍に配設したものである。
【0005】

【効果】

【0014】
本考案に係るスペーサを備えた冊子によれば、冊子の背側に所定の厚みを有するスペーサを配置して紙面と紙面との間又は保持用頁と保持用頁との間にスペーサを介在させると共に、スペーサの両側面の全面が隣接する紙面又は保持用頁に接着されないようにしたので保持用頁に被保持物を収納又は保持してもスペーサによって被保持物の厚みが確保され、表紙が変形することなくしっかりと保持されるという効果がある。その結果、本文が表紙から脱落するおそれがない。また、スペーサの両側面の全面が隣接する紙面又は保持用頁に接着されていないのでページめくりの際にも支障が生じることがなく、しかも、背側の接着が保持されているので冊子としての形状も確実に保つことができる効果がある。
【図面の簡単な説明】
【0015】
【図1】本考案に係るスペーサを備えた冊子の好ましい一実施形態を示す斜視図である。
【図2】スペーサ及びポケットの詳細を示す下部側の斜視図である。
【図3】表紙の内側の構成を示す斜視図である。
【図4】冊子の他の実施形態を示す断面図である。
【図5】ポケットに被保持物を収納した状態を示す上部側の斜視図である。
【図6】ポケットに被保持物を収納した状態を示す平面図である。

【0016】
[上製本の構成]
以下、本考案に係るスペーサを備えた冊子について、好ましい一実施形態に基づいて詳細に説明する。図1は、本考案に係るスペーサを備えた冊子の実施の形態を示す断面図、図2はスペーサ及びポケットの詳細を示す下部側の斜視図である。図示されたスペーサ付き冊子(以下、単に「冊子」という。)1は、概略として、複数の紙面2bからなる丁合2aと、それぞれの丁合2aと丁合2aの間に配置された複数のスペーサ6と、スペーサ6の間に挟持されるようにして綴じ込まれた保持用頁であるポケット7と、複数の丁合2aとポケット7によって構成される本文2と、本文2の一方側の面を覆う表紙3と、本文2の反対側の面を覆う裏表紙4と、本文2の背面を覆うように表紙3及び裏表紙4に連結させて設けられた背5を備えて構成されており、その製本様式は無線綴じ又は網代(あじろ)綴じによる上製本とされている。
【0017】
本文2は、N枚(例えば7枚)の紙面2bからなる丁合2aが1つのブロックとされ、この丁合2aが全体でM個(例えば、9個)からなり、その丁合2a毎に1つのポケット7が介挿されている。そして、各紙面2bには文章、イラスト、写真等が印刷されている。尚、紙面2bの全てを印刷物とすることなく、一部又は全部を白紙とすることにより、ユーザが自由に詩歌、感想文、メモ等を記入できるように構成することも可能である。各紙面2bの紙質、紙厚等は耐久性、用途等を考慮して適宜に決定される。また、表紙3及び裏表紙4は同一体裁とされた厚紙等により形成され、その内側には見返し紙8が取り付けられている。そして、見返し紙8は、図3に示すように、本文2に綴じ込まれた見返し紙8の背5側部分が表紙3(裏表紙4)の裏側に貼り付けられ、高級な仕上がり感が得られる上製本とされている。さらに、表紙3、裏表紙4及び背5には、表面に布を貼り付けたり、カバーを付属させたり、さらには、帯びと称する本を宣伝するための帯状の紙片を表紙3から裏表紙4にかけて取り付けることもできる。さらに、栞が付けられることもある。また、表紙3及び裏表紙3の背5側には縦方向に溝8a,8aがそれぞれ設けられており(図6参照)、ページめくりが容易となるようにされている。
【0018】
背5は、図2に示すように、冊子1の開閉が容易に行なえるように腔背(ホローバック)9とされている。尚、本実施形態ではホローバックを角背(かくぜ)タイプとしているが丸背(まるぜ)タイプであってもよく、また、本文2の紙面2bの紙質、厚み等によってはホローバックに代えてタイトバック、フレキシブルバック等とすることもできる。本実施形態の場合にはページを開いたときの開き易さや背の接着部にかかる負荷などの点からホローバックしている。背5の幅サイズは本文2のスペーサが配置された背5側の厚みとほぼ同しサイズとされている。
【0019】
スペーサ6は、紙面2bの印刷範囲にあまり影響を与えない程度の幅サイズ(紙面2bが210mm×297mmのA4サイズの場合には、例えば、7mm程度)で、背5の長さ(297mm)と等しい長さと、所定の厚み(例えば、2mm)を有する厚紙が用いられ、各丁合2aとの間に共に綴じ込まれている。スペーサ6が存在することによって所定の被保持物をポケット7内に収納しても被保持物の厚みが確保されるので冊子が分厚い状態(特に、小口側が開く状態)となり、表紙3や裏表紙4が変形することが防止される。また、背5側の接着部分に負荷がかからないので本文2と背5とがしっかりと保持され、本文2が脱落する懸念が解消されている。尚、スペーサ6及びポケット7が設けられていることにより、ポケット7に被保持物が収納・保持されていない場合には各丁合2a間の背5側にはスペーサ6の厚みとポケット7の厚み分の隙間が生じている。本実施形態では、スペーサ6は縦方向に切り込みが形成されており、その切り込みの間にポケット7が挟持されている。
【0020】
また、スペーサ6は、図4に示すように、縦方向に2分されたものではなく、1つの厚紙として配置することもできる。この場合、ポケット7はスペーサ6(図4参照)の一方側の側面に沿って取り付けられる。尚、本実施形態におけるポケット7の仕様、形状等は二分されたスペーサ6を用いる場合と同様であり、配置する数も同じとすることができる。尚、ポケット7はスペーサ6の両側面のうちのいずれか一方側に取り付けることができる。また、スペーサ6の両側面の全面は隣接して配置された他のポケット7又は紙面2bに接着されないようにされており、これによりページめくりの際に、スペーサ6部分に負荷がかからないようになっている。この場合、スペーサ6の両側面の全面の全てが隣接して配置された他のポケット7又は紙面2bに接着されないことを意味するのではなく、スペーサ6の側面の背5側の一部が隣接して配置された他のポケット7又は紙面2bに接着されてもよいことを意味する。
【0021】
ポケット7は、内部に収納物を収納可能な袋状に形成され、上部側に開口部が位置するようにして丁合2aと丁合2aの間の数カ所(例えば7箇所)に配置されている。また、ポケット7は、図1に示すように、その背5側の長さが紙面2bの長さ(A4サイズであれば縦方向の長さである297mm)よりもやや短いサイズとされ、紙、セロファン紙、ポリ塩化ビニール、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリエステル、ナイロン等を素材にして上方が開口した袋状に形成されている。ポケット7は、内部に何も収納していない状態で、且つ、上冊子1を起立させて本文2を開いた状態としても自重で型崩れが生じないような素材とするのが望ましいが、ポケット7を構成する素材は収納物の厚みや大きさ、重さ等に応じて適宜選択することができる。また、ポケット7に収納された収納物を視認できるようにしたい場合には、ポケット7を半透明や透明な素材によって形成する。さらに、ポケット7は、異なる複数の着色とし、色ごとに収納品を仕分けできるようにすることもできる。本実施形態の場合には保持用頁として袋状のポケット7としたが、保持用頁はポケット7に限らず、例えば、写真を収納可能な収納部を複数備えた台紙や、台紙の表面に貼剥可能なフィルムが設けられたアルバム用台紙など、被保持物を保持可能な機能を有する頁を保持用頁として綴じ込むことができる。また、丁合2aを綴じ込まずに全てを保持用頁であるポケット7とスペーサ6によって製本することもできる。
【0022】
上述した冊子1は、例えば、一世を風靡したアイドル、歌手、俳優等の活動を記録した出版物として発行される。この場合、各紙面2bには伝記やエピソード、実績などが記載されると共に、ポケット7にはゆかりのある写真、ポスター、チケット、レコード、CD等又はその複製物あるいはその他の物件が被保持物として収納又は保持されて発行される。図5,6にポケット7の内部に被保持物10を収納した状態を示す。
【0023】
[実施形態の効果]
本実施形態に係るスペーサを備えた上製本によれば、図1及び図2に示すように、ポケット7が綴じ込まれる背5側に所定の厚みを有するスペーサ6,6を配置し、保持用頁としてのポケット7をスペーサ6,6で挟持又はその一方側の側面に保持させたので、ポケット7に収納物を納めてもその厚みを確保できるので冊子1の形状が保持されるという効果がある。また、スペーサ6の両側面の全面が隣接して配置された他のポケット7又は紙面2bに接着されないようにしたのでページがめくり易く紙面2bの開閉が容易に行なえるという効果がある。
【0024】
また、本実施形態に係るスペーサを備えた上製本によれば、本文2を構成する所定枚数の紙面2bとスペーサ6とが交互に綴じ込まれていることにより、分厚い収納物や多数の収納物がポケット7内に収納された場合でも、本全体が分厚くなったり、小口側が背5側より開いた状態になるのを防止できるという効果がある。
【0025】
また、本実施形態に係るスペーサを備えた上製本によれば、本文2に貼り込まれた見返し紙8の背5側部分を表紙3及び裏表紙4の裏側に貼り合わせて表紙3及び裏表紙4と本文2を接合したので、並製本に対して仕上がりの高級化や美観を高めることができるという効果がある。
【0026】
また、本実施形態に係るスペーサを備えた上製本によれば、背5の様式をホローバック9としたことにより、背5側の接着部分に負荷がかからず本文2が抜け落ちることが防止されるという効果がある。
【0027】
また、本実施形態に係るスペーサを備えた上製本によれば、背5の幅サイズはスペーサ7が配置された背5側の厚みとほぼ同じサイズとされているので、被保持物を保持させても保持させなくても通常の書籍(本)と何ら変わらない装幀とすることができるという効果がある。
【0028】
[他の実施の形態]
なお、本考案は、上記実施例に限定されず、本考案の技術思想を逸脱あるいは変更しない範囲内で種々な変形が可能である。
【産業上の利用可能性】
【0029】
以上のように、好ましい各実施形態について説明したが、本考案に係るスペーサを備えた上製本は、アルバム、見本帳等に採用可能である。
【0030】
1 冊子
2 本文
2a 丁合
2b 紙面
3 表紙
4 裏表紙
5 背
6 スペーサ
7 ポケット
8 見返し紙
9 腔背(ホローバック)
10 被保持物

(57)【要約】

【課題】写真、ポスター、チケット、レコード、CD等又はその複製物あるいはその他の物件(被保持物)を収納・保持してもその厚みによって型崩れすることがないスペーサを備えた冊子を提供する。【解決手段】所定の厚みを有するスペーサ6を冊子1の背5側に配置し、保持用頁7の背5側をスペーサ6に挟持又は保持させると共に、スペーサ6の両側面の全面が隣接して配置された他の保持用頁7又は紙面2bに接着されないようにしたことを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):