(54)【考案の名称】レジンキャストキット組立用冶具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、レジンキャストキットの組立てで、使用するクロスリンクスクエアに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来のレジンキャストキットの組立てでは、フリーハンドでシャーペンを使って十字の線を描いて、シンチュウ線補強をする中心点を描いていた。

【効果】

【0006】
よって、本考案のクロスリンクスクエアにより、レジンキャストキットの組立てで、まず腰パーツを十字の線を描き、磁石三角錐クリップで長さを測ってやる(図3)。次に、正方形の枠をリバースして、接着する足パーツに十字の糸と磁石三角錐クリップを合わせると、腰パーツの中心点と同じ位置に線を描けるのだ(図4)。これによって、レジンキャストキットにシンチュウ線補強で位置のズレはなくなる(図5)。また足パーツには、実用新案権出願中のブロックホールに3cm位の長さのシンチュウ線を入れてやって、その台にねり消しを付けてやって、ブロックホールの前後左右をクロスリンクスクエアでドリルの角度がズレていないかを確認することができるのだ(図6)。この従来にはなかった工作方法をやると、失敗せずに組立てられるのである。

(57)【要約】

【課題】レジンキャストキットの組立てにおいて、シンチュウ線補強をする中心点の位置ズレを防止できるクロスリンクスクエアを提供する。【解決手段】レジンキャストキットの組立て用の治具であるクロスリンクスクエアは、正方形の枠1に、十字の糸3があって中心点をミシン糸4で結び、4個の磁石三角錐クリップ40が各十字の糸に通され、正方形の枠を固定する台5が付属しており、横置きと縦置き機能が付いている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):