(54)【考案の名称】暗記用シート付きブックカバー

(73)【実用新案権者】株式会社 学研ホールディングス

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、暗記用シート付きブックカバーに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来より、暗記用シートを利用した種々の暗記用学習具が開発されている。このような暗記用学習具は、例えば、教材を赤色シートを通して見える赤色以外の色の行と、赤色シートにより見えない赤色の行を交互に配置されてなる教材と、片方を透明な赤色シートに、もう片方を完全に不透明なシートとした暗記用シートするものや、学習書のサイズに合わせて形成され、学習書の赤色で書かれた部分を半透明赤色プラスチックで構成する暗記用シートなど種々の工夫がなされたものが開発されている。
【0003】

【効果】

【0008】
本考案によれば、学習書とともに使用可能なものにすることで忘れにくく、広汎な学習書に使用することが可能な暗記用シート付きブックカバーを提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】実施形態に係る暗記用シート付きブックカバーBCのブックカバー本体1と、ブックカバー本体1に貼り付けられた赤色の暗記用シート3a、3bとを説明するための図である。
【図2】実施形態に係る暗記用シート付きブックカバーBCを閉じた状態を示す図である。
【図3】実施形態に係る暗記用シート付きブックカバーBCを開いた状態で裏面側を見た上面図である。
【図4】図3の状態のブックカバーBCに学習書nを装着し、学習書nの両頁を暗記用シート3a、3bで覆わない状態を示す図である。
【図5】図3の状態のブックカバーBCに学習書nを装着し、学習書nの両頁を暗記用シート3a、3bでそれぞれ覆った状態を示す図である。
【図6】学習書nをブックカバーBCで覆い、学習書nの左側の頁を暗記用シート3aで覆い、右側の頁については、暗記用シート3bで覆わない場合を示す図である。

【0010】
以下、図面を参照して、本考案の実施形態に係る暗記用シート付きブックカバーBCについて説明する。なお、各図において、同一の部分には同一符号を付して説明する。
【0011】
図1は、実施形態に係る暗記用シート付きブックカバーBCのブックカバー本体1と、ブックカバー本体1に貼り付けられた赤色の暗記用シート3a、3bとを説明するための図である。図2は、実施形態に係る暗記用シート付きブックカバーBCを閉じた状態を示す図である。図3は、実施形態に係る暗記用シート付きブックカバーBCを開いた状態で裏面側を見た上面図である。
【0012】
図1乃至図3において、ブックカバーBCの本体1は領域1a、領域1b及び領域1cを有する。領域1aは、ブックカバーBCで覆われる本(例えば、学習書、ノートなど)の表表紙を保護するための領域であり、領域1bは本の背表紙を保護するための領域であり、領域1cは本の裏表紙を保護するための領域である。なお、本考案においてブックカバーBCの本体1は、プラスチック製としているが、これに限るものではない。
【0013】
ブックカバーBCの本体1の裏面の領域1aの外周の一部の外側領域11aには、本の表表紙を保持するためのブックホルダー2aが貼り付けられており、ブックカバーBCの本体1の裏面の領域1cの外周の一部の外側領域11bには、本の背表紙を保持するためのブックホルダー2bが貼り付けられている。ブックカバーBCの本体1及びブックホルダー2a、2bは、透明又は半透明である。
【0014】
そして、これらブックホルダー2a、2bの下側領域には、ブックホルダー2a、2bの下側領域に、プラスチック製の赤色の半透明の暗記用シート3a、3bの下側領域12a、12bが、それぞれ貼り付けられている。
【0015】
図3に示すように、暗記用シート3a、3bは、ブックカバーBCの縦方向のサイズに合わせた長方形の形状である。このようなサイズの暗記用シート3a、3bをブックカバーBCのブックホルダー2a、2bの下側領域に貼り付けることにより、ブックカバーBCで本を覆う際に、開かれた状態の本全体の学習を効率的に行なうことができる。
【0016】
図4は、図3の状態のブックカバーBCに学習書nを装着し、学習書nの両頁を暗記用シート3a、3bで覆わない状態を示す図である。図5は、図3の状態のブックカバーBCに学習書nを装着し、学習書nの両頁を暗記用シート3a、3bでそれぞれ覆った状態を示す図である。
【0017】
ここで、学習書nは英単語を学習するためのものであり、赤色以外の色(例えば、黒色)で単語の意味が書かれており、赤色で単語が書かれているものとすると、黒色の文字については、暗記用シート3a、3bで、該当ページを覆っても視認することができるが、赤色の文字については視認することができない。
【0018】
例として、学習書nの左側の頁に黒色の文字で「走る」、「地球」、「火山」が書かれ、その横に赤色の文字で「run」、「earth」、「volcano」が書かれており、右側の頁に黒色の文字で「歩く」、「宇宙」、「回転する」が書かれ、その横に赤色の文字で「walk」、「universe]、「rotate]が書かれているとすると、図5に示すように、左側の頁は、「走る」、「地球」、「火山」の文字のみが視認され、右側の頁は、「歩く」、「宇宙」、「回転する」の文字のみが視認される。
【0019】
図6は、学習書nをブックカバーBCで覆い、学習書nの左側の頁を暗記用シート3aで覆い、右側の頁については、暗記用シート3bで覆わない場合を示す図である。このように、ブックカバーBCの左右に暗記用シート3a、3bが貼り付けらていることにより、例えば、左側の頁に黒色の文字の問題及び赤色の文字の回答が掲載され、右側の頁に黒色の文字の解説が掲載されているような学習書nの学習にも対応することができる。
【0020】
従って、本考案の実施形態によれば、ブックカバーBCに暗記用シート3a、3bを設けることにより、学習書とともに使用することができ、暗記用シート3a、3bを忘れにくい。また、ブックカバーBCは、学習書の差し替えが可能であるので、種々の学習書に対して使用することができる。
【0021】
さらに、実施形態によれば、ブックカバーBCの両頁側に2つの暗記用シート3a、3bを設けることにより、学習書の種類に応じて多様な使用の仕方をできる。
<変形例>
なお、上述の実施形態のブックカバーBCは、以下のように構成しても良い。
【0022】
1. 実施形態では、暗記用シート3a、3bをブックカバーBCのブックホルダー2a、2bの下側領域に貼り付ける場合について説明したが、暗記用シート3a、3bを貼り付ける位置についてはこれに限られるものではない。例えば、ブックカバーBCの本体1の領域1a、1bの上側領域に貼り付けても良いし、ブックホルダー2a、2bの横側の領域に貼り付けても良いし、ブックホルダー2a、2bを暗記用シートとしても良い。
【0023】
2. 実施形態では、暗記用シート3a、3bを、ブックカバーBCの本体1の領域1a、1bに設ける場合について説明したが、いずれか一方のみに暗記用シートを設けても良い。
【0024】
3. 実施形態では、暗記用シート3a、3bの形状を長方形としたが、暗記用シート3a、3bの形状はどのような形状であっても良い。例えば、ユーザの使用する学習書に記載される暗記用の項目が特定のパターンで記載されている場合、そのようなパターンに沿った形状であっても良い。
【0025】
4. 実施形態では、赤色の暗記用シート3a、3bについて説明したが、他の色であっても良い。すなわち、学習書などに記載される暗記用の項目に対応する色の暗記用シートであれば良い。例えば、暗記用の項目が緑色で記載されている場合、暗記用シート3a、3bは緑色であっても良い。
【0026】
また、暗記用シート3aと暗記用シート3bとを互いに異なる色としても良い。例えば、暗記用シート3aを赤色として、暗記用シート3bを緑色としても良い。このように、暗記用シート3aと暗記用シート3bとを互いに異なる色とすることにより、暗記用項目が赤色や緑色で記載された種々の学習書などに対応することができる。
【0027】
さらに、1枚の暗記用シート3aを複数の領域に分け、複数の領域で色が異なるようにしても良い。暗記用シート3bについても同様である。このように、各暗記用シート3a、3bを互いに異なる色を有する領域に分けることにより、種々の色に対応することができるので、さらに、種々の学習書などに対応することができる。例えば、生徒が使用するノートには、様々な色が使用されて記載されている場合が多い。このような場合であっても、様々な色を使用した暗記用シート3a、3bを使用することにより、学習を容易に行なうことができる。
【0028】
5. 実施形態では、暗記用シート3a、3bをブックカバーBCのブックホルダー2a、2b又は本体1に貼り付ける場合について説明したが、貼り付ける場合に限らずに、ブックカバーBCの本体1に暗記用シート3a、3bを挿入するための挿入溝を設け、当該挿入溝に暗記用シート3a、3bを挿入するようにしても良い。
【0029】
6.本考案では暗記用シート3a、3bをプラスチック製にしているが、ビニールの様な柔軟な素材としても良い。この様に柔軟な素材とすることで、学習書に覆った暗記用シートを少しずつずらしながら回答を確認できるような使用方法も可能である。
【0030】
本考案のいくつかの実施形態を説明したが、これらの実施形態は、例として提示したものであり、考案の範囲を限定することは意図していない。これら新規な実施形態は、その他の様々な形態で実施されることが可能であり、考案の要旨を逸脱しない範囲で、種々の省略、置き換え、変更を行うことができる。これら実施形態やその変形は、考案の範囲や要旨に含まれるとともに、実用新案登録請求の範囲に記載された考案とその均等の範囲に含まれる。
【0031】
BC…ブックカバー、1…本体、2a、2b…ブックホルダー、3a、3b…暗記用シート、n…学習書。

(57)【要約】

【課題】学習書とともに使用可能なものにすることで忘れにくく、広汎な学習書に使用することが可能な暗記用シート付きブックカバーを提供する。【解決手段】暗記用シート付きブックカバーBCは、領域1a〜1cを有するブックカバー本体と、ブックカバー本体に設けられ、本を保持するためのブックホルダー2a、2bと、ブックカバー本体又はブックホルダーに設けられ、色の付けられた暗記用シート3a、3bとを具備する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):