(54)【考案の名称】スマートフォン用の縦横兼用アコースティックウェーブ・スピーカー

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、スマートフォンを音源として音を増幅させるために、バックロードホーン方式とバッフル方式を併用した、電気的音声増幅機器を内蔵しない卓上型のスマートフォン用アコースティックウェーブ・スピーカーに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来のスマートフォン用アコースティックウェーブ・スピーカーは、スマートフォンの音源を増幅させるために、箱型やホーン型のエンクロージャーにスマートフォンを縦に設置する構造で構成されている。
【0003】
しかしながら、従来のアコースティックウェーブ・スピーカーでは、音源を増幅させる効果はあっても、高音質で増幅させる性能に欠けており、音質を追及すると、エンクロージャーの形状や大きさを優先せざるを得ないため、デザイン性やコンパクトさに欠ける形状・構造になってしまう。また、縦に設置する構造では音楽と映像が同時に楽しめないという欠点があった。
【0004】

【効果】

【0008】
以上の説明から明らかなように、本考案にあっては次に列挙する効果が得られる。
(1) バックロードホーン構造とバッフル構造を併用した独自のラウンドバックロードホーンで構成されているので、コンパクトなエンクロージャーで高音質な音の増幅が可能となり、スマートフォンの縦置き、横置きの両方で効果を得ることができる。
【0009】
(2)前記(1)によってスマートフォンでの映像と音声・音楽を同時に、高音質で楽しめることができる。
【0010】
(3)請求項2、も前記(1)〜(2)と同様な効果が得られる。
【図面の簡単な説明】
【0011】
【図1】 本考案を実施するための第1の形態の斜視図と平面図である。
【図2】 本考案を実施するための第2の形態の後面内部構造断面図である。
【図3】 本考案を実施するための第3の形態の縦型に設置した場合の側面の平面図である。
【図4】 本考案を実施するための第4の形態の横型に設置した場合の側面の平面図である。

【0012】
以下、本考案の実施の形態を図に基づいて説明する。
【0013】
図1は、本考案装置の実施例1の斜視図と平面図であって、横型にスマートフォンを設置した場合の音の流れを説明した図である。
【0014】
図2は、本考案装置の実施例2の後面内部構造断面図であって、ラウンドバックロードホーンによる音の流れを説明した図である。
【0015】
図3は、本考案装置の実施例3の側面の平面図であって、縦型にスマートフォンを設置した場合の音の流れを説明した図である。
【0016】
図4は、本考案装置の実施例4の側面の平面図であって、横型にスマートフォンを設置した場合の音の流れを説明した図である。
【産業上の利用可能性】
【0017】
本考案は、スマートフォン用の縦横兼用アコースティックウェーブ・スピーカーを製造する産業で利用される。
【0018】
A−1 スマートフォン本体
A−2 スマートフォン本体下部の音源部
A−3 スマートフォン本体上部の音源部
B−1 スマートフォン本体下部の音源の導音部
B−2 スマートフォン本体上部の音源の導音部
B−3 スマートフォン本体電源接続用の開口
B−4 アコースティックウェーブスピーカー本体に内蔵されている円形の反響板
C 反響した音の流れ

(57)【要約】

【課題】コンパクトな設計で高音質を実現し、縦置き、横置きいずれにも対応することが出来る、電気的音声増幅機器を内蔵しないスマートフォン用の縦横兼用アコースティックウェーブ・スピーカーを提供する。【解決手段】スマートフォン本体下部の音源部(A−2)及び、 スマートフォン本体上部の音源部(A−3)から発する音を、スマートフォン本体下部の音源の導音部(B−1)及び、スマートフォン本体上部の音源の導音部(B−2)からアコースティックウェーブスピーカー本体に内蔵されている円形の反響板をとおして発生させるバックロードホーン構造と、スマートフォン本体下部の音源部(A−2)及び、スマートフォン本体上部の音源部(A−3)から発する音を スマートフォン本体(A−1)の裏側から反響して前面に発生させるバッフル構造を併用した独自のラウンド・バックロードホーン構造により、コンパクトで高音質を特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):