(54)【考案の名称】手動式マッサージ器

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図8

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、手動式マッサージ器、特に、他人の手を借りずに自分の背中のマッサージをす
ることができる手動式マッサージ器に関する。

【従来の技術】

【0002】
複数の歯車状回転ローラーを台板に取り付けた手動式マッサージ器は既に各種の様式のも
のが市販されている。
本考案者も3つの歯車状回転ローラーを台板に取り付けた手動式マッサージ器を提案した
(登録実用新案第3042865号参照)。
【0003】

【効果】

【0022】
(1)本考案の手動式マッサージ器は、1本のシャフトに数個の歯車状回転ローラーを回
転自在に装架したマッサージ器本体に伸縮しない素材よりなる繋引ロープと伸縮自在な素
材よりなる伸縮ロープとを取り付けるとともに、上記伸縮ロープの自由端を固定するため
の固定具を該伸縮ロープの自由端に設けいているので、固定具を臀部の下に敷いて固定し
、マッサージ器本体を背中に当てて、繋引ロープを体の前で引っ張ると、マッサージ器本
体は、伸縮ロープの張力に抗して上方に移動し、次に引っ張る手の力を緩めると伸縮ロー
プの張力によってマッサージ器本体は下方に移動する。この操作を繰り返すと、マッサー
ジ器本体は上下に移動し、それに伴って、第1歯車状回転ローラー対及び第2歯車状回転
ローラー対は回転して、患部を摩擦しマッサージ効果をもたらす。このように本考案のマ
ッサージ器を使用すれば、他人の手を借りずに自分の背中をマッサージすることができる

なお、繋引ロープは2本使用して両肩越しに両手で引っ張れば、マッサージ器本体に均等
な力が加わり、安定して前後の移動を行わせることができる。
【0023】
(2)本考案の手動式マッサージ器は、2個一組の第1歯車状回転ローラー対及び2個一
組の第2歯車状回転ローラー対が、若干距離をおいてシャフトに回転自在に緩装されてい
るので、人間の脊髄の両側にある筋肉にヒットするようになっている。さらに、歯車状回
転ローラーは2個一組になっているので、若干間隔を置いて配列された2つの歯車状回転
ローラーの歯がこった筋肉をもみほぐすのに効果的にヒットすることができる。
さらに、この4個の歯車状回転ローラーはシャフトに回転自在に緩装すなわち緩く嵌め込
まれているので、マッサージ器を背中に当てて上下にこすった場合、各回転ローラーは左
右に揺れて蛇行状態で回転するため、筋肉のこりをほぐす効果が大きくなる。
【0024】
(3)本考案の手動式マッサージ器は、マッサージ器本体の長さが約14cm、幅が約8
cm、高さが約4cmと小型であるので、女性用のハンドバックに容易に収容できて、携
帯に便利で、しかも、座れる場所があれば、どこでも容易にマッサージを行うことができ
るという効果がある。
【0025】
(4)本考案の手動式マッサージ器は、マッサージ器本体に手で握るためのハンドルが設
けられているので、自分の体の前部分や首筋などをマッサージするためにも使用すること
が可能である。
【図面の簡単な説明】
【0026】
【図1】本考案の手動式マッサージ器の平面図。
【図2】第1図の要部の斜視図。
【図3】第2図の側面図
【図4】第3図A−A線による縦断面図。
【図5】本考案の他の実施例の一部を示す説明図。
【図6】本考案の使用方法を示す説明図。
【図7】本考案の使用方法を示す説明図。
【図8】本考案の他の実施例を示す平面図。
【図9】本考案の他の実施例を示す斜視図。
【図10】本考案の他の使用方法を示す説明図。

【0027】
本考案の最良の実施形態を次の実施例によって説明する。
【0028】
図1〜図4に示されるように、本考案の手動式マッサージ器1のマッサージ器本体2は左
右両端に第1繋止具21及び第2繋止具22をそれぞれ有するシャフト23、シャフト2
3に回転自在に緩装された2個一組の第1歯車状回転ローラー対31、第1歯車状回転ロ
ーラー対31と若干距離をおいてシャフト23に回転自在に緩装された2個一組の第2歯
車状回転ローラー対32、第1繋止具21の一端に固着された伸縮しない素材よりなる第
1繋引ロープ41、第1繋止具21の他端に固着された伸縮自在な素材よりなる第1伸縮
ロープ51、第2繋止具22の一端に固着された伸縮しない素材よりなる第2繋引ロープ
42、第2繋止具22の他端に固着された伸縮自在な素材よりなる第2伸縮ロープ52、
及び第1伸縮ロープ51及び第2伸縮ロープ52の自由端に固着された固定具6とよりな
る。
【0029】
第1歯車状回転ローラー対31は歯車状回転ローラ311が2個一組として、シャフト2
3に回転自在に緩装されている。第2歯車状回転ローラー対32も同様に歯車状回転ロー
ラ321が2個一組として、シャフト23に回転自在に緩装されている。なお、図2中の
28は、棒状の保持部を取り付けるためのねじ孔である。
【0030】
図4に示されるように、歯車状回転ローラ311及び歯車状回転ローラ321はいずれも
その回転孔の内面に摩耗防止用のプラスチック製のチューブ状のカラー33,34がそれ
ぞれ嵌め込まれている。
【0031】
シャフト23には2個一組として第1歯車状回転ローラー対31及び第2歯車状回転ロー
ラー対32が回転自在に緩装されているが、第1歯車状回転ローラー対31及び第2歯車
状回転ローラー対32がシャフト23の一定の位置を維持するために、位置決め部材とし
て、第1繋止具21と第1歯車状回転ローラー対31の間にはチューブ状のスペーサー2
4が、第1歯車状回転ローラー対31と第2歯車状回転ローラー対32の間にはやや長め
のチューブ状のスペーサー25が、第2歯車状回転ローラー対32と第2繋止具22との
間にはチューブ状のスペーサー26がそれぞれ緩装されて、第1歯車状回転ローラー対3
1と第2歯車状回転ローラー対32の位置が動かないようにしている。
【0032】
第1歯車状回転ローラー対31の回転ローラー311及び第2歯車状回転ローラー対32
の回転ローラー321は、硬質ゴム、硬質プラスチックス又は木材から造られている。図
2および図3に示されるように、回転ローラー311及び321はその周面に先端が丸く
加工された歯38が12個設けられている。
【0033】
図1及び図4に示される伸縮しない素材よりなる第1繋引ロープ41はその一端を第1繋
止具21の一端に設けられた通孔211に通し折り返してアルミ製の針金411等で結束
して固定されている。第1繋引ロープ41の他端には革製又は桐材製等の把持具43が固
着されている。第2繋引ロープ42も同様にその一端を第2繋止具22の一端に設けられ
た通孔221に通し折り返してアルミ製の針金421等で結束して固定されている。第2
繋引ロープ42の他端には革製又は桐材製等の把持具44が固着されている。
【0034】
この実施例では第1伸縮ロープ51と第2伸縮ロープ52は1本の連続した織ゴムよりな
る伸縮ロープより構成されている。第1伸縮ロープ51の一端は第1繋止具21の他端に
設けられた通孔212に通し折り返してアルミ製の針金511等で結束して固定されてい
る。第2伸縮ロープ52も同様にその一端を第2繋止具22の他端に設けられた通孔22
2に通し折り返してアルミ製の針金521等で結束して固定されている。第1伸縮ロープ
51と第2伸縮ロープ52との接続点には短い棒状の固定具6がアルミ製の針金61を捲
回して取り付けられている。このように短い固定具6を使用することにより、女性用ハン
ドバッグにも容易に納めることができる。
【0035】
図5は他の実施例を示すもので、マッサージ器本体2及び繋引ロープ41,42は実施例
1と同じ構造を有する。第1伸縮ロープ51と第2伸縮ロープ52は1本の連続した織ゴ
ムよりなる伸縮ロープより構成されている。7は固定具で18cm程度の長い中空のパイ
プより構成されていて、その中空のパイプの中に伸縮ロープを通して固定する。その結果
、第1伸縮ロープ51、固定具7,第2伸縮ロープ52でU字状が形成される。このよう
に長い固定具7を使用することにより、臀部の下に敷いて固定する際外れにくくなる。
【0036】
本考案の手動式マッサージ器の使用法を述べる。
図6及び図7に示すように、固定具6を臀部の下に敷き、背中にマッサージ器本体2を当
て、左右の手で第1繋引ロープ41の把持具43及び第2繋引ロープ42の把持具44を
握り、強く前に牽けば、第1伸縮ロープ51及び第2伸縮ロープ52は伸張し、第1歯車
状回転ローラー対31及び第2歯車状回転ローラー対32は回転してその歯38の先端で
背中に刺激を与える。両手の力を緩めると、マッサージ器本体2は第1伸縮ロープ51及
び第2伸縮ロープ52によって下方に引っ張られ、第1歯車状回転ローラー対31及び第
2歯車状回転ローラー対32は逆方向に回転して、その歯38で背中に刺激を与える。こ
の方法を繰り返すことにより、マッサージ器本体2の第1歯車状回転ローラー対31及び
第2歯車状回転ローラー対32によって背中にマッサージ効果を与えることができる。
【0037】
図8はさらに他の実施例を示すもので、マッサージ器本体2のシャフト23には2個一組
として第1歯車状回転ローラー対31及び第2歯車状回転ローラー対32が回転自在に緩
装されている。第1歯車状回転ローラー対31及び第2歯車状回転ローラー対32がシャ
フト23の一定の位置を維持するために、位置決め部材として、第1歯車状回転ローラー
対31及び第2歯車状回転ローラー対32の間にはチューブ状のスペーサ25がシャフト
23にかぶせられている。シャフト23の両端には位置決め部材として棒状突起291,
292及び環状突起281、282がそれぞれ固着されている。
【0038】
この外側の環状突起281をくぐらせて、繋引ロープ41の端部のループ412をシャフ
ト23にはめ込めば簡単に取り付けることができる。内側の棒状突起291は歯車状回転
ローラー対31の外側の位置決め部材として働く。繋引ロープ42についても同様に外側
の環状突起282をくぐらせて、繋引ロープ42の端部のループ422をシャフト23に
はめ込めば簡単に取り付けることができる。環状突起281,282は図9に示すように
平面から見て卵型にすることによって、繋引ロープ41、42のループ412,422を
シャフト23に嵌め込む操作や取り外す操作を容易にする。
【0039】
43及び44は繋引ロープ41および繋引ロープ42の自由端に取り付けた手で握るため
の革製又は桐製の把持具である。この把持具は繋引ロープ41及び繋引ロープ42の自由
端のループ413,423のサイズを指が通る程度に大きくすれば、革製又は桐製の把持
具43,44を取り付けずに、その代用の把持具として使用する事ができる。
【0040】
細長いハンドル8の一端に設けた貫通孔81に、シャフト23の中央にかぶせたスペーサ
ー25を貫通させて、ハンドル8を回動自在に取り付ける。ハンドル8の他端に設けた貫
通孔82にはリング83を挿通し、さらにこのリング83にはフック84を着脱自在に結
合する。フック84の他端に設けた小リング85に伸縮ロープ53の一端に設けたループ
54を通して固定する。伸縮ロープ53の他端に設けたループ55は方形の板状の固定具
86の一端に設けた挿通孔87に通して固定する。
【0041】
この実施例の手動式マッサージ器は、図10に示すように、固定具86をお尻の下に敷
き、マッサージ器本体2を背中に当て、2本の繋引ロープ41、42を両手で持って伸縮
ロープ53の張力に抗して前に引っ張れば、マッサージ器本体2の第1歯車状回転ローラ
ー対31及び第2歯車状回転ローラー対32の4個の歯車状回転ローラーは背中の上を回
転しながら前進し、背中にマッサージ効果を与える。繋引ロープ41、42を引く手を緩
めれば、マッサージ器本体2は伸縮ロープ53の張力によって下に引っ張られ、第1歯車
状回転ローラー対31及び第2歯車状回転ローラー対32の4個の歯車状回転ローラーは
逆転しながら後退して背中にマッサージ効果を与える。
【0042】
体の前や首筋をマッサージする場合は、繋引ロープ41、42をシャフト23から取り外
し、伸縮ロープ53もフック84を開いてリング83から取り外す。マッサージ器本体2
のハンドル8を片手でもって体の前や首筋をこすれば、歯車状回転ローラー311,32
1によってマッサージ効果を与えることができる。
【0043】
1 マッサージ器
2 マッサージ器本体
21 第1繋止具
22 第2繋止具
23 シャフト
281 環状突起
282 環状突起
291 棒状突起
292 棒状突起
31 第1歯車状回転ローラー対
32 第2歯車状回転ローラー対
41 第1繋引ロープ
42 第2繋引ロープ
412 ループ
422 ループ
51 第1伸縮ロープ
52 第2伸縮ロープ
6 固定具
8 ハンドル
81 挿通孔
82 挿通孔
83 リング
84 フック
85 小リング
86 板状固定具
87 挿通孔

(57)【要約】

【課題】他人の手を借りずに自分の背中のマッサージをすることができる手動式マッサージ器を提供する。【解決手段】マッサージ器本体2は、シャフト23に歯車状回転ローラー対31、32を回転自在に緩装し、シャフトの両端にそれぞれ伸縮しない素材よりなる繋引ロープ41、42の一端を着脱自在に取り付ける。シャフトの中央に板状ハンドル8の先端を回動自在に嵌め込み、その他端には、伸縮ロープ53を取り付け、その先に板状の固定具86を取り付ける。固定具を臀部に敷いてマッサージ器本体を背中に当てて繋引ロープを両手で引いたり緩めたりすると歯車状回転ローラー対31、32は背中上で回転してマッサージ効果を与える。繋引ロープ、伸縮ロープを取り外せば、ハンドルを片手で握って、マッサージ器本体で体の全面や首筋などをマッサージすることができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):