(54)【考案の名称】一次元(1D)と二次元(2D)バーコードの走査可能なスキャナー

(73)【実用新案権者】茂森科技股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、一次元(1D)と二次元(2D)バーコードの走査可能なスキャナーに係わり、特にリニアレーザー指示光線を走査指標とすることができ、またレーザー光からの干渉が無い一次元(1D)と二次元(2D)バーコードの走査可能なスキャナーに関する。

【従来の技術】

【0002】
現在のところ、1Dと2Dバーコードを読み取ることができ、更に点、ボックス、あるいは十字線のようなカーソルマークでバーコードと位置合わせをする必要がある1Dと2D走査可能なスキャナーが、既に多くの品種で市場に販売されている。例えば、カーソルマークがリニアレーザー光の場合、使用者が1Dバーコードを読み取る時に、ただバーコードの一部の反射光をキャプチャーすることで復号化することができる。しかしながら、レーザー光スポットの明るさが不均一な分布の場合もあるので、屈折レンズで生成したリニアレーザー光を読み取るバーコードの走査指標とした場合、レーザー光スポットの明るさの不均一な分布によるノイズが生成しやすくなる。これにより、スキャナーがうまく復号化することができない。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
故に、リニアレーザー指示光線で走査指標をすることができ、またレーザー光からの干渉が無いことで悪い読取効率の影響を与えず、一次元(1D)と二次元(2D)バーコードの走査可能なスキャナーを如何に提供することは、解決すべき課題である。

(57)【要約】

【課題】リニアレーザー光線を指示光として、レーザー光からの干渉が無い一次元(1D)と二次元(2D)バーコードの走査可能なスキャナーを提供すること。【解決手段】本考案は、一次元(1D)と二次元(2D)バーコードの走査可能なスキャナーであって、一方の側にスタートキーを設けてあるケーシングと、ケーシングの内部に設置してある走査装置とを含んである。走査装置は回路基板を具備し、その回路基板の上に、マイクロ制御処理モジュールと、画像キャプチャーモジュールと、レーザー光モジュールとを設置してある。レーザー光モジュールはリニアレーザー光線を出光してバーコードに入射し、またこのリニアレーザー光線が指示光線として使用されている。本考案のキーポイントとして、走査装置がバーコードの読み取りを開始する瞬間に、すぐリニアレーザー光線をオフにすることで、走査装置の読み取りに対してレーザー光からの干渉が無い。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):