(54)【考案の名称】スマホ充電機能を有するキャリーケース

(73)【実用新案権者】株式会社シフレ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、旅行などの際に使用されるキャスタ付き鞄つまりキャリーケースに関し、詳しくは、スマートフォンの充電機能を有するキャリーケースに関する。

【従来の技術】

【0002】
多彩な機能を有するスマートフォン(以下、単に「スマホ」という。)は、今や日常生活の必需品であり、旅行中にも常に携帯している人が多い。このようなスマホの電池が旅先で切れたときに、運が良ければすぐに充電することができる。例えば、新幹線には電源があるので、乗車中にスマホを充電することができる。また最近は、スマホ充電用の電源を提供しているコーヒー店なども増えている。
【0003】
しかし、スマホ充電用の電源を提供する店が見つからないこともあるし、たとえ見つかったとしても先客に使われていることもあるので、予備のバッテリ・パックを持ち歩くことを考える人も多い。そこで、旅行などに使用されるキャリーケースの上面に充電機能を備えていれば、旅の休憩中などに該キャリーケースの上面にスマホを載せるだけで簡単に充電することができるので、便利であろう。
【0004】
また、キャリーケースを牽引する人の労力の一部を電気エネルギに変換して、この電気エネルギをスマホの充電に利用することができれば更に便利であろう。
【0005】

(57)【要約】

【課題】旅先においてもスマートフォンの電池を充電することができる機能を備えたキャリーケースを提供する。【解決手段】キャリーケース1において、該キャリーケース1が縦置き若しくは横置きされたときに該キャリーケース1の上面となる該キャリーケース1の外面の一部からなるスマホ載置面と、所定の受電コイルを有するチャージャーアダプタが装着されたスマホ11をワイヤレス充電することができるように構成された送電コイルを有する充電器であって、スマホ載置面の位置における該キャリーケース1の内側に設けられた充電器と、を備える、スマホ充電機能を有するキャリーケース1を提供する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):