(54)【考案の名称】来店促進用顧客カード

(51)【国際特許分類】

B42D 25/29

B42D 25/27

(73)【実用新案権者】株式会社NBSキオスク&サービス

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、店舗の販売を促進するためビンゴゲームを通じて顧客の来店を促す来店促進用顧客カードに関する。

【従来の技術】

【0002】
近年、小売業においては、小売店舗等での商品やサービスの購入代金の額に応じて顧客にポイントを提供し、そのポイントの累計点数に応じて商品価格の割引や商品又は景品などの特典をすることにより顧客の囲い込みを図ることが広く行われている。
【0003】
しかしながら、このような従来のポイントサービスは、多くの店舗において行われるようになってきているために、競業者との間で差別化が図れないという状況が生じている。しかし、特典を得られるポイントの累計点数を低くすれば、小売店の利益も低下する悪循環に陥る。
【0004】
そこで、顧客の自店への積極的な来店意識を高めてもらうための有効な方法として、顧客による買い物の実績に応じてゲームを実施するサービスが知られている。このようなゲームとしては、1回でゲーム結果が出るのではなく、何回か続けることで確実に賞品を提供するビンゴゲームが有効で、顧客の継続した来店が期待できる。
【0005】
このように、小売店が顧客の買い物の実績に応じてビンゴゲームを行う媒体としては、例えば、特許文献1や特許文献2で示される来店促進用顧客カードが知られている。この種の来店促進用顧客カードは、マトリクス状に配置される複数のマス目にそれぞれ異なる営業日の日付を表記しており、店舗は、任意の行又は列若しくは斜めの列で記入されている全ての日付に買い物で店舗を訪問してビンゴを成立させた顧客に特典を提供することで、顧客の来店への動機付けを高めようとするものである。
【0006】

【効果】

【0015】
本考案の来店促進用顧客カードによれば、条件表示部に表示されている条件を満たせば、この条件表示部に対応している行(又は列)の何れかのマス目にマークが印されるため、マス目へのマークは当該マス目に予め定められた特定日に印される従来のものと比べて、顧客が買い物する日に融通性を持たせることができる。よって、継続性の高い買い物のビンゴゲームであるから、顧客の継続的な来店を期待できる。
【図面の簡単な説明】
【0016】
【図1】本考案の第1の実施形態の来店促進用顧客カードの説明図を示す。
【図2】来店促進用顧客カードによるビンゴゲームでのビンゴの達成数に応じた賞品例の説明図を示す。
【図3】図1の来店促進用顧客カードの変形例の説明図を示す。
【図4】本考案の第2の実施形態の来店促進用顧客カードの説明図を示す。
【図5】本考案の第3の実施形態の来店促進用顧客カードの説明図を示す。
【図6】本考案の第4の実施形態の来店促進用顧客カードの説明図を示す。

【0017】
以下、本考案の実施の形態について、図面を参照しながら詳細に説明する。図1は、本考案に係る来店促進用顧客カードの第1実施形態を示している。ビンゴゲームが実施可能な来店促進用顧客カード1Aは、N行N列(Nは3以上の奇数)のマトリクス状に配置される複数のマス目を有するビンゴゲーム欄2を備える。
【0018】
本例でのビンゴゲーム欄2は、3行3列のマトリクス状に配置された9個のマス目で構成される。そして、小売店でのビンゴゲームの実施期間を行列数に合せて3通りの小期間に分割して、各小期間を表示する条件表示部をビンゴゲーム欄2の行(横)又は列(縦)に対応させて設けている。具体的には、例えば5月の1カ月をビンゴゲームの実施期間とし、5月を上旬・中旬・下旬の3つの小期間に分割して、ビンゴゲーム欄2の各行の一連のマス目に連接して条件表示部3を配している。
【0019】
来店促進用顧客カード1Aには、先ず月の上旬のステージ期間内に顧客が所定金額の買い物を行う都度、条件表示部3に近い方のマス目から行(横)方向に沿ったマス目に順次、マークが印されていく。ここでの「マス目にマークを印す」の意味は、マス目の枠内への図示の例のようなスタンプの捺印やシールの貼付、又は文字や記号などの書き込みを行うことである。そして、第1ステージの上旬に所定金額の買い物が行なわれて、ビンゴゲーム欄2の第1ステージに対応する行の各マス目にマークが印されたとき、横一列のビンゴが完成する。同様にして、中旬や下旬においても、任意の3日のそれぞれで所定金額の買い物を行なえば、ビンゴゲーム欄2の中旬及び下旬の各ステージに対応する行の各マス目にマークが印されて、それぞれ横一列のビンゴが完成する。よって、条件表示部3に表示の買い物条件を満たせば、この条件表示部3に対応している3通りのマス目に一つずつマークが印されることになる。
【0020】
このようにビンゴゲームのマークを獲得できる買い物日の指定がないため、顧客は3通りの各ステージでビンゴゲームを進めていくことができる。よって、顧客にとっては、上旬・中旬・下旬の各小期間内での買い物日を自己の都合で任意に定めることができるために、横一列のビンゴが達成しやすくなる。また、小売店にとっても、ひと月における上旬・中旬・下旬の各ステージで万遍なく来店して貰えることで売上向上につながる。
【0021】
本例で示されている3行3列のビンゴゲームの場合、達成されるビンゴ数は縦列で3通り、横列で3通り、斜め列で2通りの8つがあるが、何れの列のビンゴの完成で何の賞品を顧客に提供するかは、この来店促進用顧客カード1Aを利用してビンゴゲームを実施する小売店が決定する。例えば、貯めた累計点数に応じて商品価格の割引や景品等の特典を獲得できるサービスポイントを賞品にして、図2に示すように、1列達成する毎に30ポイントが加算されて6列達成で180ポイントとなり、そして、マス目の全てにマークが印されるパーフェクトでは250ポイントを提供する。この場合は、縦・横・斜めの全ての列でのビンゴの達成に対して賞品を提供するが、横一列でのビンゴの達成のみ、すなわち小期間でのビンゴの達成したときのみ賞品を提供するものであってもよい。
【0022】
本考案に係る来店促進用顧客カード1Aによれば、通常のビンゴの成立数に応じた賞品に加えて更に別の賞品を設定することができる。すなわち、この来店促進用顧客カード1においては、小期間の各ステージで行(横)方向に向けてビンゴゲームが進行し、横一列のステージビンゴが達成されたときには、さらに特典を獲得できるようにするとよい。よって、本例の来店促進用顧客カード1Aは、各条件表示部3に対応させてステージビンゴの特典表示部4を設けている。この場合の特典は、ビンゴゲームによる賞品とは別の賞品であり、例えば、行でのビンゴ達成により顧客が獲得できるサービスポイントに加えて更にボーナスポイントを提供する。よって、特典表示部4にはボーナスポイントとしての10ポイント加算が表示されている。
【0023】
これにより、上旬・中旬・下旬の各ステージにおいて、横一列のマス目の全てにマークが印されたとき、顧客は横一列の通常のビンゴ達成のサービスポイントに加えて、ボーナスポイントの10ポイントのステージビンゴ達成の特典を獲得できる。このように期間による条件の達成による更なる特典を設定することで、各期間での顧客の店で買い物意欲が高まり、小売店としてはより多くの顧客の来店が期待できる。
【0024】
以上は行(横)の一列をビンゴゲームの実施期間を3分割した各ステージに対応させているが、図3は列(縦)の一列を各ステージに対応させた来店促進用顧客カード1Aの変形例を示している。この変形例では、ビンゴゲーム欄2の各列の一連のマス目に連接して条件表示部4を配している。
【0025】
図4は、本考案に係る来店促進用顧客カードの第2実施形態を示している。同図におけるビンゴゲームが実施可能な来店促進用顧客カード1Bは、第1実施形態の来店促進用顧客カード1Aと同様に、3行3列のマトリクス状に配置される複数のマス目を有するビンゴゲーム欄2と、ビンゴゲーム欄2の行(横)又は列(縦)に対応させた条件表示部3と、ステージ毎の特典表示部4とを備えている。したがって、来店促進用顧客カード1Bにおいても、上旬・中旬・下旬の各ステージで顧客が所定金額の買い物を行う都度、順次、条件表示部3に近い方のマス目からマークが印されていき、各ステージで横一列のマス目に全てマークが印されると、顧客がビンゴ達成のサービスポイントと共にボーナスポイントの10ポイントのステージ特典を獲得できる。
【0026】
しかし、来店促進用顧客カード1Aと異なるのは、来店促進用顧客カード1Bのビンゴゲーム欄2は、各行の少なくとも1つのマス目に時間帯表示部6を備える点にある。時間帯表示部6を備えるマス目は、図で示されているように、特定の列(図の例は左から3列目)に縦に並べて配置しているが、特に並べる必要はなく任意に配置してよい。
【0027】
そして、上旬・中旬・下旬の各ステージにおいて、顧客が所定金額の買い物を行う都度、順次、マス目にマークが印されるが、時間帯表示部6を備えるマス目のときには、そのときの時間帯表示部6に表示されている時間帯に所定金額の買い物を行うことを条件にしてマークが印される。
【0028】
時間帯表示部6に表示される時間帯は小売店により決められるが、小売店にとって顧客を呼び込みたい時間帯、図示の例では4時以降の時間帯に設定されている。よって、時間帯表示部6を備えるマス目の全てにマークが印されると、さらに特典を獲得できるようにするとよい。そのため、来店促進用顧客カード1Bは、時間帯表示部6を備える全てのマス目にマークが印されると、顧客に提供する賞品を表示する来店時間達成特典表示部7を設けている。ここでの賞品は、図示の例では100ポイントであり、顧客はビンゴゲームのビンゴ達成のサービスポイントと、期間での条件達成による特典表示部4に表示のボーナスポイントと、さらに各行の時間帯表示部6を備える全てのマス目にマークが印されたときの来店時間達成特典表示部7に表示のボーナスポイントとを同時に獲得することができる。
【0029】
条件表示部3に表示される買い物条件の内容は期間に限らず曜日であってもよい。図5に示す第3実施形態の来店促進用顧客カード1Cは、条件表示部3に曜日が表示されている。図示の例は、各行の条件表示部3それぞれには、月曜・木曜,火曜・金曜,水曜・土曜が表示されている。このような来店促進用顧客カード1Cにおいては、顧客が所定金額の買い物を行った曜日に該当するマス目にマークが印される。そして、各行で指定の曜日での所定金額の買い物が3回行われたとき、行でのビンゴが達成されて、横一列のビンゴ達成のサービスポイントに加えてボーナスポイントの10ポイントの条件達成による特典を獲得できる。よって、顧客が全ての行のビンゴを達成しようとすれば、曜日を違えて頻繁に来店することが期待できる。また、来店促進用顧客カード1Cでも、来店促進用顧客カード1Bと同様に各行に時間帯表示部6を備えるマス目が配列されていて、時間帯表示部6を備える全てのマス目にマークが印されたとき、顧客は来店時間達成特典表示部7に表示のボーナスポイントも獲得できる。
【0030】
このような来店促進用顧客カード1Cは、図1の来店促進用顧客カード1Aと異なり、マス目は期間でステージ分けされておらず、その曜日であれば実施間中の何れの日でもマークが印される。また、図示の例では、上記した時間帯表示部6や来店時間達成特典表示部7を備えているが、これら表示部を備えなくてもよい。この場合は、来店促進用顧客カード1Aと同様に、マークを印す時間帯による制約がなく、よってこの制約を全てクリアした場合の特典もないビンゴゲームとなる。尚、図の例では、日曜日は条件に指定していないが、日曜日をワイルドカードの日として、日曜日に所定金額の買い物を行うと、顧客が指定する任意のマス目にマークを印すようにすることもできる。このようなワイルドカードの日を設定すれば、ビンゴゲームを継続する意欲の向上に繋がる。
【0031】
図6に示す第4実施形態の来店促進用顧客カード1Dは、条件表示部3には買い物条件としての商品種類が表示されている。図示の例は、各行の条件表示部3それぞれには、精肉・鮮魚,乳製品・野菜,加工食品が表示されている。このような来店促進用顧客カード1Dにおいては、顧客が条件の商品の買い物を行うと該当するマス目にマークが印される。そして、各行で指定の曜日での所定金額の買い物が3回行われたとき、行でのビンゴが達成されて、横一列のビンゴ達成のサービスポイントに加えてボーナスポイントの10ポイントの条件達成による特典を獲得できる。
【0032】
したがって、小売店は売り上げを伸ばしたい分野の商品を条件表示部3に表示することで、その商品の購入をアピールすることができる。この来店促進用顧客カード1Dにおいても、時間帯表示部6や来店時間達成特典表示部7を備えずに、マークを印す時間帯の制限とこれをクリアした場合の特典がないビンゴゲームとしてもよい。
【0033】
また、上記各実施形態の来店促進用顧客カード1A乃至1Dにおいて、ビンゴゲーム欄2のマス目のうち少なくとも1つは、例えば上記特許文献1で示されているような、顧客の希望により制約を受けることなく自由にマークが印されるマス目としてもよい。すなわち、各条件表示部3で表示の何れの条件及び時間帯表示部6で示されるような時間帯の制約を受けることなく、マークが印されるマス目を設定するものである。これにより、顧客にはより多くのビンゴ達成のチャンスを提供できるため、ビンゴ達成への意欲を高めて顧客による来店意欲の向上に繋げることができる。好ましくは、中央のマス目このようなマス目に設定するとよい。
【0034】
以上、本考案の実施形態について説明したが、本考案は上記実施形態に限定されるものではなく、本考案の趣旨に基づき種々の変形が可能であり、これらを本考案の範囲から排除するものではない。
【0035】
1A,1B,1C,1D 来店促進用顧客カード
2 ビンゴゲーム欄
3 条件表示部
4 特典表示部
6 時間帯表示部
7 来店時間達成特典表示部

(57)【要約】

【課題】顧客の来店に融通性を持たせたビンゴゲームを実施可能な来店促進用顧客カードを提供する。【解決手段】小売店で使用されて顧客による買い物の実績に応じてビンゴゲームを進行させていくための来店促進用顧客カード1Aは、N行N列(Nは3以上の奇数)のマトリクス状に配置される複数のマス目を有するビンゴゲーム欄2と、N行(又は前記N列)に対応してそれぞれ異なる内容の条件を表示する条件表示部3と、を備える。そして、マス目には、当該マス目が属する行(又は列)に対応している条件表示部3に表示の条件を満たすときにマークが印される。よって、条件表示部3に表示の条件を満たせば、この条件表示部3に対応しているN通りのマス目の一つにマークが印されることになる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):