(54)【考案の名称】リバーシブル付箋

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、表裏両面使用できる付箋紙に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の付箋は、片面(裏面)にのみ接着部を設け、片面(表面)にのみ項目を記入し使用後は捨てていた。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
従来の付箋は、裏面にのみ接着部を設け、表面にのみ項目を記入し任意の媒体に貼っていた。ゆえに、裏面は未記入で捨てていたので不経済だった。

【効果】

【0005】
付箋の表裏両面を使用できるので、経済的であり、資源を無駄にしないので環境にやさしくエコロジーである。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】リバーシブル付箋斜視図である。
【図2】リバーシブル付箋原紙斜視図である。
【図3】リバーシブル付箋台紙付斜視図である。
【図4】リバーシブル付箋束A斜視図である。
【図5】リバーシブル付箋連結の斜視図である。
【図6】リバーシブル付箋束B斜視図である。
【図7】リバーシブル付箋束C斜視図である。
【図8】a:リバーシブル付箋実使(表面)の平面図である。b:リバーシブル付箋実使(裏面)の平面図である。
【図9】リバーシブル付箋実使(裏面未記入)の平面図である。
【図10】リバーシブル付箋実使開(表裏記入後、折り返し部を360度回転させた)斜視図である。
【図11】リバーシブル付箋束A(最上の一枚の折り返し部を外に開いた)の斜視図である。
【図12】リバーシブル付箋インデックスの斜視図である。
【図13】リバーシブル付箋インデックスの途中図である。
【図14】リバーシブル付箋インデックスの完成図である。
【図15】リバーシブル付箋の正面図である。
【図16】Pリバーシブル付箋原紙平面図である。
【図17】Pリバーシブル付箋原紙開平面図である。
【図18】ペンホルダーの平面図である。
【図19】ペンホルダーの縦横の平面図である。
【図20】ペンホルダーの縦横の実使の平面図である。

【0007】
図1が示すように、(1)付箋紙本体の最端に(2)つまみ部を設け境界に(7)ミシン目aを引き、その内側の表面に(3)折り返し部表面、裏側に(4)折り返し部裏面を設け境界に(8)ミシン目bを引く。さらに、その内側の表面に(5)接着部表面、裏面に(6)接着部裏面を設け、その内側の表面に(9)記入欄表面、裏面に(10)記入欄裏面を設ける。本考案は、以上の構成より成っている。
【0008】
図1、図2に示される実施の形態:図1が示すように、(2)つまみ部を指で持ち(3)折り返し部表面を(8)ミシン目bから180度折り曲げ(5)接着部表面と貼り合わせ、図2が示すように、(12)リバーシブル付箋原紙になる。
【0009】
以下にリバーシブル付箋の束ねる方法について説明する。
「方法1」
図2、図3、図4に示される実施の形態:図2の(12)リバーシブル付箋原紙の(6)接着部裏面と図3が示すように、(13)台紙を貼ったものが(14)リバーシブル付箋台紙付になる。次に、図2の(12)リバーシブル付箋原紙の(6)接着部裏面を図3の(14)リバーシブル付箋台紙付の(4)折り返し部裏面の上に貼る。この一連の動作を複数回繰り返すと図4が示すように、(15)リバーシブル付箋束Aになる。
「方法2」
図2、図3、図5、図6に示される実施の形態:図2が示すように、(12)リバーシブル付箋原紙の(6)接着部裏面を図3の(14)リバーシブル付箋台紙付の(17)後端面に貼ると図5の(16)リバーシブル付箋連結になる。この一連の動作を繰り返すと図6の(18)リバーシブル付箋束Bになる。
「方法3」
図2、図7に示される実施の形態:図2が示すように、(12)リバーシブル付箋原紙の(6)接着部裏面を図7の(19)台紙大に貼り付ける。一連の動作を複数回繰り返したものが(20)リバーシブル付箋束Cになる。
【0010】
以下使用例について図4の(15)リバーシブル付箋束Aを使って説明する。
「使用例1」
図4、図8a、図8b、図9、図10に示される実施の形態:図4が示すように、(15)リバーシブル付箋束Aの最上の(12)リバーシブル付箋原紙の(9)記入欄表面に項目を記入し、はがして図8aが示すように、(21)任意の媒体に貼った状態が(22)リバーシブル付箋実使である。使用後は、(22)リバーシブル付箋実使を(21)任意の媒体からはがし、ひっくり返して図9が示すように、(21)任意の媒体の上に置く。(10)記入欄裏面に項目を記入し、図10が示すように、(2)つまみ部を指で持ち(3)折り返し部表面と(5)接着部表面をはがして(8)ミシン目bから360度折り返して(4)折り返し部裏面を(6)接着部裏面と貼り合わせ、(5)接着部表面を図8bが示すように、(21)任意の媒体に貼る。以上が、表裏両面使用できるリバーシブル付箋の使用例である。
「使用例2」
図4、図11、図12、図13に示される実施の形態:図4が示すように、(15)リバーシブル付箋束Aの最上の(12)リバーシブル付箋原紙の(2)つまみ部を持ち(3)折り返し部表面と(5)接着部表面をはがし、図11が示すように、外側に開く。次に、(11)先端部と(8)ミシン目bとの中間である(23)折り目部から外側に折り曲げ(11)先端部と(5)接着部表面を貼り合わせたものが、図12が示すように、(24)リバーシブル付箋インデックスになる。(25)見出し部に項目を記入し、はがして、図13が示すように、(21)任意の媒体に貼り、(8)ミシン目bから切り取ったものが、図14が示すように(26)リバーシブル付箋見出しになる。
「使用例3」
図16、図17、図18、図19、図20に示される実施の形態:図16が示すように、縦長の(27)Pリバーシブル付箋原紙を用い(28)Pつまみ部を持ち(29)P折り返し部を外側に開いたものが図17が示すように、(30)リバーシブル付箋開になる。次に、(34)P先端部を折り曲げ(32)Pミシン目bに合わせ、(33)P接着部表面に貼り、図18が示すように、(35)ペンホルダーになる。次に、(36)接着部裏面を図19が示すように、(37)P任意の媒体に貼ったものが(38)ペンホルダー縦(39)ペンホルダー横になる。次に、図20が示すように、ペンを差したものが(40)ペンホルダー実使縦(41)ペンホルダー実使横になり、何ページまで読んだか分かるしおりとしても使用できる。
【0011】
(1) 付箋紙本体
(2) つまみ部
(3) 折り返し部表面
(4) 折り返し部裏面
(5) 接着部表面
(6) 接着部裏面
(7) ミシン目a
(8) ミシン目b
(9) 記入欄表面
(10) 記入欄裏面
(11) 先端部
(12) リバーシブル付箋原紙
(13) 台紙
(14) リバーシブル付箋台紙付
(15) リバーシブル付箋束A
(16) リバーシブル付箋連結
(17) 後端部
(18) リバーシブル付箋束B
(19) 台紙大
(20) リバーシブル付箋束C
(21) 任意の媒体
(22) リバーシブル付箋実使
(23) 折り目部
(24) リバーシブル付箋インデックス
(25) 見出し部
(26) リバーシブル付箋見出し
(27) Pリバーシブル付箋原紙
(28) Pつまみ部
(29) P折り返し部
(30) Pリバーシブル付箋原紙開
(31) Pミシン目a
(32) Pミシン目b
(33) P接着部表面
(34) P先端部
(35) ペンホルダー
(36) P接着部裏面
(37) P任意の媒体
(38) ペンホルダー縦
(39) ペンホルダー横
(40) ペンホルダー実使縦
(41) ペンホルダー実使

(57)【要約】

【課題】表裏両面使用できる経済的なリバーシブル付箋を提供する。【解決手段】付箋紙本体1の最端につまみ部2を設け境界にミシン目7を引き、その内側の表面に折り返し部表面3、裏面に折り返し部裏面4を設け境界にミシン目8を引く。さらに、その内側の表面に接着部表面5、裏面に接着部裏面6を設け、その内側の表面に記入欄表面9、裏面に記入欄裏面10を設ける。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):