(54)【考案の名称】光視認グッズ

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図5

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、再帰性反射布帛等を用いて立体的に構成された、光視認グッズに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、特許文献1に記載されているような光反射ワッペンが知られている。この光反射ワッペンは、反射面が再帰性反射材の光反射フィルムによって形成されると共に、前記反射面に図形等が印刷により表示され、前記光反射フィルムがその裏面を被覆するバッキングフィルムと、その表面を被覆する透明フィルムとに挟まれ、光反射フィルム,バッキングフィルム及び透明フィルムの周縁部が一体に溶着されてプレート状に形成されている。この光反射ワッペンを身に付けた歩行者等は、夜間又は暗所において、自動車等のライトが光反射ワッペンに当たった際に明るく輝くため、運転手から容易に識別され易くなる。
【0003】

(57)【要約】

【課題】あらゆる角度からの光を反射し、且つ、再帰性反射性能が低下し難い光視認グッズ(反射グッズ)を提供する。【解決手段】再帰性反射材からなる外皮部材1と、当該外皮部材に内包され、且つ、当該外皮部材を立体的に保持する中身部材2と、当該外皮部材の周縁内部に設けられる形状維持部材3と、を備えると共に、前記再帰性反射材は、布の基材からなる基材層と、当該基材層の表面に形成されると共に多数のガラスビーズを表面が露出するように保持するガラスビーズ保持層と、当該ガラスビーズ及びガラスビーズ保持層の表面に形成され、且つ、撥水剤に対して浸透剤を含ませた撥水層と、を有する再帰性反射布帛である反射グッズ100を歩行者等が装着することによって、あらゆる角度からの自動車等のライトを反射し、夜間又は暗所等での安全性が確保される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):