(54)【考案の名称】栞

(51)【国際特許分類】

B42D 9/02 ・自動しおり

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、単行本や文庫本等の書籍に挟む栞、特に頁を捲った際に次頁に自動的に栞の一部が移動し、書籍を閉じるとそれまでに開いていた位置に当該栞の一部が保持されるよう構成した使い勝手の良い栞に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来より、書籍の頁を捲った際に自動的に次頁に栞の一部が移動するよう構成された栞、所謂自動栞と称されるものが提案されている。
【0003】
下記特許文献1には、書籍に取付けられて、読書中の頁に栞部が自動的に挿入される自動栞が開示されている。この特許文献1に開示されたものは、書籍に取付けられる固定部、読書中の頁間に挿入される栞部を有する自動栞に於いて、栞部の基端側に一端が固定部に連結する連結部を有し、固定部、連結部及び栞部は一枚のシート状物から形成され、連結部及び栞部は、折り目の両端を夫々始点とする切り目によって帯状に形成されているものである。従って、挟む頁の厚さが厚くなっても、また紙質が硬くてサイズの大きい書籍であっても、頁を捲る毎に確実に自動的に読む頁に栞部が挿入されるよう構成したものである。
【0004】
下記特許文献2には、弾性を有する合成樹脂板によって、本体及び本体より突出した延出部を一体的に構成し、且つ本体に略U字状の切込みを形成し延出部を略L字状に構成して、本体を造形体とし、切込みを造形体の輪郭の一部とし、延出部の先端に先端部を設け、先端部を造形体とし、切込みの端部を延出部の内側辺の略延長上に配置した自動栞が開示されている。さらに、このものにあっては、弾性を有する合成樹脂板の左右一側に略U字状の切込みを設け、他側に略L字状の切込みを設けて、略L字状の切込みの縦側の端部を開放し、略U字状の切込みの端部を略L字状の切込みの横側の直線部の略延長上に配置するよう構成したものである。
【0005】
下記特許文献3には、書籍に挟みページを捲った際に次頁に栞の先端部が移動し、書籍を閉じると開いていた位置に栞の先端部が保持される自動栞、即ち、自動栞の栞部は弾性撓み部と連結されており、弾性撓み部のもう一方の端部は保持部の上部と連結され、挟み幅Dを0.05mm乃至最大40mmとし、弾性撓み部の寸法の長さLは20mm乃至70mm、高さHは1mm乃至5mm、厚さTは0.2mm乃至1.0mmとしたことを特徴とする自動栞が開示されている。
【0006】

【効果】

【0022】
本考案によれば、簡単な構造で書籍に着脱自在にしっかり取付けることが可能で、取扱い性に優れるとともに、使い勝手の良い栞を提供することができるという効果を奏する。
また、本考案によれば、安価で生産性に優れる栞を提供することができるという実用的効果を奏する。

(57)【要約】

【課題】簡単な構造で書籍に着脱自在にしっかり取付けることが可能で、取扱い性に優れるとともに使い勝手が良く、且つ安価で生産性に優れる栞を提供すること。【解決手段】長辺部100aを着脱自在に書籍に挟み込ませ1枚の反発性を有する素材から成る長方形状の本体100、及び本体100に一体となるよう設けられ書籍の頁を捲ると次頁に移動し書籍を閉じるとそれまで開いていた頁に保持される弾性を有する栞機能部120を具備するものであって、栞機能部120は、本体100の上部側の短辺部100bから下方へ指向するよう形成され頁に接触する接触片部122と、接触片部122の上部が一端部に設けられて短辺部100bの上方側に位置するよう設けられた撓み部124と、撓み部124の他端部に設けられると共に本体100に一体的に設けられる取付け部126とから構成されることを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):