(54)【考案の名称】管理用シール

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、管理用シールに関し、特に、図書等の閲覧物に貼り付ける管理用シールに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、図書館等においては、図書の貸出等の管理を行うために、図書の裏表紙にバーコードが記載されたラベルを貼り、貸出時に読み取り機を用いて貸出を管理することが行われている(例えば、特許文献1を参照)。
【0003】

【効果】

【0012】
以上のように、本考案による管理用シールによれば、バーコードのラベルの保護を図るとともに、図書の貸出等の管理を行うためのバーコード以外の情報を貼付する場合であっても、図書への貼付作業の効率化を図ることができる。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】本考案の実施の形態1に係る管理用シールの構成を示す図である。
【図2】実施の形態1に係る管理用シールを図書に貼付する様子を示す図である。
【図3】実施の形態2に係る管理用シールの構成を示す図である。
【図4】実施の形態3に係る管理用シールの構成を示す図である。
【図5】実施の形態4に係る管理用シールの構成を示す図である。

【0014】
本考案の実施の形態を添付図面に基づいて説明する。
<実施の形態1>
図1に、本考案の実施の形態1に係る管理用シール1の構成を示す。
管理用シール1は、図書館の閲覧用に展示された図書に貼り付けるもので、フィルム状のシールから構成されている。この管理用シール1は、矩形状に形成され、一半部に配置された情報表示部2と、他半部に配置されたラベル被覆部3とを有する。
【0015】
情報表示部2は、図書を閲覧する閲覧人に対して情報を表示するもので、管理情報表示部4と、広告表示部5とを有する。
【0016】
管理情報表示部4は、フィルム状のシールの表面に図書を管理する管理人の管理情報を印刷により表示したものである。ここで、管理情報とは、広告表示部5に表示された広告が管理人によって認証されていることを示す情報であり、例えば、図書を管理している市町村の名称などの情報を表示することができる。
【0017】
広告表示部5は、フィルム状のシールの表面に閲覧人に提供する広告を印刷により表示したものである。広告としては、例えば、企業の名称および商品の説明などが挙げられる。
【0018】
ラベル被覆部3は、図書に付けられるラベルを保護するもので、ラベルを覆うような大きさに形成されたフィルム状のシールから構成されている。また、ラベル被覆部3は、ラベルを読み取り可能に透明に形成されている。ラベルとしては、例えば、図書の管理情報を暗号化したバーコードラベルなどが挙げられる。
【0019】
ここで、情報表示部2とラベル被覆部3は、一体に接続するように形成されている。また、情報表示部2とラベル被覆部3は、図書に貼り付けるための接着面を裏面側に有する。
【0020】
次に、管理用シール1を図書に貼り付ける方法について説明する。
まず、図1に示すように、情報表示部2とラベル被覆部3が一体に形成された管理用シール1が用意される。続いて、図2(a)に示すように、図書7の裏表紙にバーコードラベル6を貼付し、その上側から管理用シール1を図書7に貼り付ける。
【0021】
このとき、図2(b)に示すように、管理用シール1は、ラベル被覆部3でバーコードラベル6を完全に覆うように貼り付けられる。これにより、バーコードラベル6の損傷および水分の透過による劣化を確実に抑制することができる。また、ラベル被覆部3は、透明に形成されているため、ラベル被覆部3の上から読み取り機でバーコードラベル6の情報を確実に読み取ることができる。
【0022】
このようにして、バーコードラベル6を管理用シール1で図書7に貼り付けることで、図2(c)に示すように、バーコードラベル6に隣接して情報表示部2が表示される。
ここで、情報表示部2には、広告表示部5が形成されており、図書7を閲覧した閲覧人に広告を提供することができる。このとき、広告表示部5は、図書7の内容に応じた広告を表示することが好ましい。例えば、花に関する図書7の場合には、広告表示部5に花を販売する会社の広告を表示することができる。これにより、図書7を閲覧した閲覧人が花を購入したくなったときには、広告表示部5に表示された花を販売する会社にアクセスして、所望の花を容易に購入することができる。
【0023】
また、情報表示部2には、管理情報表示部4が形成されており、広告表示部5に表示された広告の管理人を閲覧人が認識することができ、広告に対する信頼性を向上して閲覧人の不安を抑制することができる。
【0024】
このようにして、バーコードラベル6と情報表示部2が図書7の裏表紙に貼り付けられる。このとき、ラベル被覆部3と情報表示部2が別々のシールで形成されている場合には、ラベル被覆部3と情報表示部2を図書7に2回に分けて貼り付けることになる。本考案においては、ラベル被覆部3と情報表示部2が一体に形成されているため、ラベル被覆部3の貼り付けと情報表示部2の貼り付けを一度に行うことができ、図書7への貼り付け作業を効率化することができる。
【0025】
本実施の形態によれば、ラベル被覆部3と情報表示部2を一体に形成するため、バーコードラベル6と広告の図書7への貼り付け作業を効率化することができる。
【0026】
<実施の形態2>
実施の形態1では、情報表示部2は、フィルム状のシールからなる貼付部の表面に広告を表示する広告表示媒体を印刷により一体に形成したが、閲覧人に情報を表示することができればよく、これらを別々に形成することもできる。
実施の形態2では、広告表示媒体と貼付部を別々に形成している一例を説明する。
【0027】
図3に、本考案の実施の形態2に係る管理用シール1の構成を示す。
実施の形態2では、広告表示部51は、広告表示媒体52と、貼付部53とを有する。
【0028】
広告表示媒体52は、フィルム状のシールの表面に閲覧人に提供する広告を印刷により表示したものである。
【0029】
貼付部53は、フィルム状のシールからなり、広告表示媒体52を貼付する貼付領域Rを有する。
【0030】
貼付する順番は、図3(a)に示すように、図書7にバーコードラベル6を貼付し、その上側から管理用シール1を貼付し、さらに、その上側から広告表示媒体52を貼付部53の貼付領域Rに貼り付ける。
【0031】
このとき、図3(b)に示すように、管理用シール1は、実施の形態1と同様な外観となっており、バーコードラベル6と広告表示部51を図書7に貼り付ける作業を効率化することができる。
【0032】
ここで、実施の形態1の構成では、広告表示部5を交換する場合には、管理用シール1そのものを剥がさなければならない。このとき、管理用シール1を剥がすと、下層のバーコードラベル6および図書7の表面を一緒に剥がしてしまうおそれがある。
そこで、広告表示媒体52を貼付部53から分離する形態にすることで、広告表示媒体52を交換したい場合には広告表示媒体52のみを貼付部53から剥がすことができる。このとき、下層のバーコードラベル6および図書7を一緒に剥がすことはない。そして、図3(c)に示すように、新しい広告表示媒体54を貼付部53に貼付することで、広告表示媒体52を新しい広告表示媒体54に容易に交換することができる。このようなことは、例えば、広告の掲載期間終了後に、新しいバージョン(Ver)の広告にするとき、掲載企業自体を変更するとき、広告表示媒体52のみが破損したときなどにおいて有効である。
【0033】
本実施の形態によれば、貼付部53と広告表示媒体52を別々に形成するため、広告表示媒体52の交換作業を容易に実行することができる。
【0034】
<実施の形態3>
実施の形態2では、交換可能な広告表示媒体52を有しており、フィルム状のシールの表面に広告を印刷した広告表示媒体52を貼付部53に貼付することで広告を表示していたが、広告を頒布できるように形成することもできる。
実施の形態3では、管理用シール1から広告表示媒体を頒布できるように形成している一例を説明する。
【0035】
図4に、本考案の実施の形態3に係る管理用シール1の構成を示す。
実施の形態2では、広告表示部55は、広告媒体9と、収納部8とを有する。
【0036】
広告媒体9は、フィルム状のカードの表面に閲覧人に提供する広告を印刷により表示したものである。
【0037】
収納部8は、フィルム状のシールからなる貼付部に広告媒体9より大きなビニール片が装着された構造となっており、その一辺に収納部8に収納された広告媒体9を取り出すことができる取出口10が形成されている。また、収納部8は複数の広告媒体9で形成されている。
【0038】
この構成では、図4に示すように、広告媒体9は収納部8に収納されているので、図書を閲覧する閲覧人Aが、広告媒体9に表示された広告に興味を持った場合に、閲覧人Aが広告媒体9を図書に貼付された収納部8から自ら取り出し、自分のものにすることができる。これにより、例えば、閲覧人Aが図書を返却した後でも、閲覧人Aが所持している広告媒体9を確認することによって、閲覧人Aの都合がよい時間や必要となったときに広告先の企業にアクセスすることができる。
【0039】
また、収納部8は複数の広告媒体9を収納することが可能であるので、閲覧人Bが、図書に貼付された広告に興味を持った場合に、閲覧人Bは図書に貼付された収納部8から複数の広告媒体9を取り出し、自分のものにすることができる。これにより、例えば、閲覧人Bが広告媒体9に表示された広告内容を閲覧人Bの知人に紹介したい場合に、閲覧人Bが所有している複数の広告媒体9の1つを知人に手渡すことができる。
【0040】
本実施の形態によれば、広告媒体9を収納可能な収納部8を有するため、広告媒体9を手にした利用者の広告利用率を向上させることができる。
【0041】
なお、実施の形態3における収納部8は複数の広告媒体9を収納可能としたが、1つの広告媒体9のみを収納可能に構成してもよい。
【0042】
<実施の形態4>
実施の形態1〜3では、管理用シール1の接着面の接着力は部分によって差はなく一定の接着力を有していたが、管理用シール1の接着面の接着力を部分によって変更することもできる。
例えば、図5(a)に示すように、管理用シール1の接着面Sにおいて、ラベル被覆部3の接着面Sの接着力を、情報表示部2の接着面Sよりも強くすることができる。
【0043】
そうすることで、ラベル被覆部3の接着面Sの接着力が他の部分よりも強くなっているため、ラベル被覆部3で覆われているラベルは他の部分よりも強く接着することになる。このようにすると、管理用シール1を貼付後に、管理用シール1を図書7から剥がすとき、接着力が強いラベル被覆部3の接着面Sで覆われていたラベルは管理用シール1と一緒に剥がすことができる。若しくは、ラベルを剥がすことまで至らなかった場合には、ラベルを敢えて傷つけることもできる。そうすることで、例えば、図書を廃棄するときに、管理用シール1を剥がすときに一緒にラベルを剥がしたり、傷つけたりできるので、廃棄後のラベルを用いた図書の悪用を防止することができる。
【0044】
また、ラベル被覆部3の接着面Sの接着力を他の部分よりも強くする他に、図5(b)に示すように、ラベル被覆部3の接着面Sが接着力を有していない構成にすることもできる。
【0045】
そうすることで、ラベル被覆部3の接着面Sはラベルと接着することはなく、単純にラベルを覆うだけになるため、図書に貼付した管理用シール1を剥がす場合に、下層のラベルまで一緒に剥がしてしまうことや、ラベルに傷をつけることを抑制することができる。従って、例えば、広告表示部5の広告内容を変更することが頻繁に発生した場合に、管理用シール1の下層のラベルが傷つくことを防ぐことができる。
このことは、既にラベルが傷んでいる場合において特に有効である。
【0046】
本実施の形態によれば、管理用シール1のラベル被覆部3の接着面Sの接着力を強くすることでラベルの悪用を防止することができ、また、ラベル被覆部3の接着面Sの接着力をなくすことでラベルを何度張り替えてもラベルに影響を与えず、ラベルの摩耗による劣化を防ぐことができる。
【0047】
なお、上記の実施の形態1〜4では、管理用シール1の情報表示部2は管理情報表示部4と広告表示部5を離して配置しているが、これに限らず、管理情報表示部4と広告表示部5を同じ領域内に形成してもよい。
【0048】
さらには、上記の実施の形態1〜4では、情報表示部2は、管理情報表示部4と広告表示部5とを有するように構成しているが、情報表示部2は、管理情報表示部4のみであってもよいし、広告表示部5のみであってもよい。
【0049】
また、上記の実施の形態1〜4では、図書7の裏表紙のラベル上から管理用シール1を貼付しているが、これに限らず、図書7の表紙や背表紙や内部にラベルの上から管理用シール1を貼付してもよい。
【0050】
また、上記の実施の形態1〜4では、管理用シールは図書に貼付されている構成としたが、閲覧人に閲覧される閲覧物であればよく、図書に限られるものではない。例えば、DVD等の閲覧物に管理用シールを貼付することもできる。
【0051】
また、上記の実施の形態3では、収納部8はビニール片から構成されたが、これに限らず、ビニール以外の素材でもよい。
【0052】
また、上記の実施の形態4では、管理用シール1のラベル被覆部3の接着面Sのみに接着力がないことを示したが、これに限らず、管理用シール1のラベル被覆部3の接着面Sの接着力が、管理情報表示部4の接着面Sより弱くてもよい。
また、情報表示部2の接着面Sの接着力は、管理情報表示部4の接着面Sと広告表示部5の接着面Sとで異なる接着力としてもよい。
【0053】
1 管理用シール
2 情報表示部
3 ラベル被覆部
4 管理情報表示部
5,51,55 広告表示部
6 バーコードラベル
7 図書
8 収納部
9 広告媒体
10 取出口
52,54 広告表示媒体
53 貼付部
A,B 閲覧人

(57)【要約】

【課題】ラベルの保護を図るとともに、他の情報を貼付する場合であっても、図書への貼付作業の効率化を図ることができる管理用シールを提供する。【解決手段】管理用シール1は、閲覧物に付けるラベルを覆う透明なラベル被覆部3と、閲覧人に情報を表示する情報表示部2とを備え、ラベル被覆部3と情報表示部2を一体に形成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):